F#mM7(G♭mM7)コードの押さえ方

F#mM7のギターコードフォーム 3種類

パターン①

パターン②

パターン③

F#mM7で主に使うコードフォームは上記3種類です。

といっても、アコギで使うのはほぼパターン①。

ギターでF#mM7コードを押さえているところ

登場頻度自体も低いので、他のパターンを使うことはほぼない印象ですね。

F#mM7を使うパターンは「F#m→F#mM7→F#m7」という、いわゆるクリシェのコード進行です。

ただ、アコギの場合はカポタストを2Fにつけて演奏キーを簡単にしてしまうことが大半ですね。

F#mM7はアコギだと登場頻度が低いこともあり、丸暗記するのは効率が良くないです。

そのため、下記の手順でmM7共通フォームをフレットの音程を把握して、他のmM7コードと一緒に覚えましょう。

mM7コード共通のフォームを覚える
mM7の共通コードフォーム
5・6弦のフレット毎の音程を覚える
5弦と6弦のフレット毎の音程
共通コードフォームを任意のフレットで使う

共通のコードフォームを任意のフレットで弾くことで同じフォームから色んなmM7コードが作れる。

F#mM7の場合は主に6弦ルートを使うため、6弦のフレットごとの音程を見ます。

すると、2Fで押さえるとF#mM7になると分かりますね。

最初は慣れないですが、次第にフレットの音程をパッと言えるようになります。

フレットの音程を覚えると、色んなコードがパッと出てくるようになるので、少しずつ慣れるようにしましょう。

ギターコード 一覧表に戻る

F#mM7の構成音

F#mM7の構成音とギターコードフォーム

F#mM7はファ#・ラ・ド#・ファで構成されるコードです。

F#mM7かG♭mM7のどちらで表記するか悩みますが、状況によってどっちもあります。

五線譜で考えると、基本的にはG♭mM7と表記されると思います。

ただ、アコギのギタースコアだとF#mM7として出てくることが多い気はするので、本記事ではF#mM7と記載しています。

補足

アコギだとG♭mM7と記載される演奏キーはバレーコードだらけになるので、カポタストで回避することが多い

まあ、どっちで書かれていてもパッとコードが出てくるように覚えましょう(笑)。

F#(G♭)ルートのコード解説記事一覧
G♭ F#7 G♭maj7 F#m
F#m7 F#mM7 F#m7-5 F#dim
G♭sus4 G♭add9 G♭aug  
mM7コードの解説記事一覧
CmM7 C#mM7 DmM7 E♭mM7
EmM7 FmM7 F#mM7 GmM7
G#mM7 AmM7 B♭mM7 BmM7