F#m9コードの押さえ方

F#m9のギターコードフォーム 3種類

F#m9の主なコードフォームは上図3種類。

メインはバレーコードを使ったパターン①ですね。

F#m9のギターコードフォームを押さえている写真

トップの音が9thなので、テンションの響きがかなり強く出ます。

そのため、ジャカジャカ弾くよりはワンポイントでテンションを入れるといった使い方が多いですね。

他のコードフォームも響きが異なるため、バリエーションとして使えます。

F#m9のギターコードフォーム 3種類

筆者はエレキギターだとパターン③がメインです。

ギターコード表に戻る

この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、nana公認クリエイター、IPC VOICE STUDIO公認ボイストレーナーです。
プロフィール詳細お問い合わせ

F#m9の構成音

F#m9のギターコードフォームと構成音

F#m9はF#m7に9thであるソ#を加えたテンションコードです。

そのため、市販の譜面ではF#m7(9)と記載されることが多いです。

アコギ弾き語りでもF#m7は頻出コードなので、F#m9を使える場面も比較的多いですね。

とはいえ、響き的にも使いどころは限られます。

色々と試してみて、使えるシチュエーションを把握しておくことが重要です。

良く使うテンションコード 7選テンションコードとは。ギター弾き語りでの使い方を実例付きで具体的に解説
m9コード解説記事一覧
Cm9 C#m9 Dm9 D#m9
Em9 Fm9 F#m9 Gm9
G#m9 Am9 B♭m9 Bm9
F#(G♭)ルートのコード解説記事一覧
G♭ F#6 F#7 G♭maj7
F#m F#m6 F#m7 F#mM7
F#m7-5 F#dim G♭sus4 F#7sus4
G♭add9 G♭aug F#9 F#m9

ギターコード表に戻る