C#mM7(Cシャープマイナーメジャーセブンス)の押さえ方

C#mM7の主なギターコードフォーム

パターン①

パターン②

C#mM7で主に使うコードフォームは上記2種類。

メインで使うのはパターン①ですね。

また、僕はパターン①の省略フォームとして下記のフォームをよく使ってます。

C#mM7の簡単なコードフォーム

人差し指はセーハで押さえて、4弦部分だけ軽く浮かせてミュートします。

このフォームだと小指も不要なので、パッとコードチェンジ可能でミストーンも出にくいです。

代わりに4弦をちゃんとミュートしないとコードが濁るので、とっさに押さえてもミュートできるよう練習しましょう。

C#mM7は登場頻度はあまり高くないですが、たまーにEメジャーキーのクリシェで登場しますね。

その場合は「C#m→C#mM7→C#m7」というコード進行で登場します。

C#mM7を使ったクリシェのコード進行とギターコードフォーム

上記のフォームによるクリシェパターンはフレット位置を移動させて、他の演奏キーでもよく使います。

前述の省略コードフォームなども利用して、スムーズかつキレイに鳴らせるように練習しておきましょう。

C#mM7の構成音

C#mM7の構成音とギターコードフォーム

C#mM7はド#・ミ・ソ#・シで構成される4和音コードです。

複雑な音の積み上げ方をしており、かなり不気味な響きがします。

C#mM7は異名同音でD♭mM7でもあります。

譜面上の記載は楽曲のキーによって変わりますが、アコギの場合はC#mM7と記載されるほうが多いですね。

まずはC#mM7でパッとコードフォームが思い浮かぶようになりましょう。

C#(D♭)ルートのコード解説記事一覧
D♭ C#7 D♭maj7 C#m
C#m7 C#mM7 C#m7-5 D♭dim
D♭sus4 D♭add9 C#aug  

 

mM7コードの解説記事一覧
CmM7 C#mM7 DmM7 E♭mM7
EmM7 FmM7 F#mM7 GmM7
G#mM7 AmM7 B♭mM7 BmM7