F#m(Fシャープマイナー)コードの押さえ方。キレイに鳴らすコツと簡単な押さえ方を解説

F#mの主なギターコードフォーム 2種類

ぎたすけ

ギターコードの解説か。F#mって良く出てくるのに押さえるの苦手なんだよなぁ

たけしゃん

確かにアコギだとF#mはよく出てくるね。押さえるコツと簡単なフォームをセットで解説するよ

ギターコード 一覧表に戻る

F#mコードの押さえ方

F#mの構成音とギターコードフォーム

アコギでは出番の多いバレーコード F#m。

Fを攻略した初心者の次のハードルとして、Bmと並んで登場するコードです。

人差し指でセーハしながら、他の指で2箇所を押さえるフォームです。

ギターでF#mを押さえているところ

4弦、5弦を押さえる指は薬指・小指にできると余った中指を人差し指の上に添えて押弦を安定させられるのでおすすめです。

中指を人差し指の上に添える際は力を入れすぎると指が痛くなるので、ほどほどの力で押さえるようにします。

また、人差し指は正面で押さえるのではなく、少しだけ横に傾けて押さえましょう。

正面だと、指の関節部分の溝が邪魔になってキレイに鳴らない弦ができてしまいます。

人差し指の溝が押弦の邪魔にならないようにしよう

傾けすぎると、指に力が入らなくなるので、少しだけ横にするのがポイントです。

ちょうどいい指の角度を探しながら練習をすると、早く弾けるようになりますよ。

F#mの簡単なコードフォーム

F#m7の簡単なコードフォーム

F#mが押さえられない場合は代用としてF#m7の省略フォームを使いましょう。

構成音は微妙に違いますが、代用して問題ありません。

また、F#m7の省略フォームはギターが上手くなっても多用する便利フォームなので覚えておきましょう。

F#mが弾けるまで待つよりは省略フォームで解決して、曲のレパートリーを増やすことを優先しましょう。

たけしゃん

曲のレパートリーが増えればモチベーションが上がって練習する時間が増えるので、結局はF#mも弾けるようになるんですよね

省略コードを利用して、曲の練習は進めつつもバレーコードのF#mも少しずつ練習を進めるのがベストです。

F#mとBm7をクリアすると一気に演奏できる曲が増えます。

ちなみにBm7にも省略フォームがあります。

Bm7の簡単コードフォーム

バレーコードが弾けるようになるまでは省略フォームを活用して、課題曲の範囲を広げていきましょう。

たけしゃん

バレーコードが弾けるようになったら、F#mとF#m7の音の違いにも気を配りましょう。他の楽器とセッションするときは割と大事なことです

関連記事

バレーコードにチャレンジしよう。押さえ方のコツや挫折しない方法を解説

F#mを押さえている写真。人差し指の上に中指を載せて押弦を強めているバレーコードにチャレンジしよう。押さえ方のコツや挫折しない方法を解説

関連記事

【2021年】ギター初心者におすすめの練習曲 20選。弾き語りを上達させる演奏解説付き

アコギでベースラインを弾いて録っている【2021年】ギター初心者におすすめの練習曲 22選。弾き語りを上達させる演奏解説付き  

F#mのフォームバリエーション

F#mの主なギターコードフォーム 2種類

パターン①

パターン②

F#mの主なコードフォームは上記2種類。

基本的にはパターン①ですが、ハイポジション中心に演奏しているときはパターン②を使うこともありますね。

ちなみに最近のポップスを演奏しているとF#mはF#m7と比べると、やや影が薄いです。

やっぱり、F#m7を使用することが多いんですよね。

F#mとF#m7のギターコードフォーム

そのため、アコギ弾き語りの人はとりあえず全部F#m7で弾いてしまいがちです。

初心者のうちはあまり難しく考えず、弾きやすい方を選んでもいいですが、中級者になったらmコードとm7コードの響きの違いは意識しましょう。

F#m

F#m7

前後のコードとの繋がり、歌っていて歌いやすいのはどっちのコードか?など考えて使い分けると音の響きに敏感になれます。

歌モノのアコギ伴奏はコード選択のセンスがかなり重要なので、こういった細かいところも考えていくとグッと演奏に説得力を出せるようになりますよ。

たけしゃん

そうやってコードを選んでみると、結局はF#m7を選ぶことが多いんですけどね…(笑)
 

F#mコード まとめ

P820 TUBEでRECしているところ
  • F#mはファ#・ラ・ド#で構成されたコード
  • バレーコードのフォームは人差し指を少し横にして押さえるのがコツ
  • バレーコードがマスターできるまでは省略コードフォームを利用しよう

ぎたすけ

省略フォームは便利だけど、多用してるといつまで経ってもバレーコード弾けないんじゃないか?

たけしゃん

そうでもないんだよ。ギターをたくさん弾いてれば指の柔軟性や力が自然と鍛えられるから、いつの間にかできるようになってたりするんだよね

F#mコードの解説でした!

Fが攻略できた後に初心者の壁となるコードですが、Fが攻略できれば割と早く弾けるようになるはずです。

省略コードフォームも利用しつつ、焦らずにじっくり練習するのがコツですよ!

F#(G♭)ルートのコード解説記事一覧
G♭ F#7 G♭maj7 F#m
F#m7 F#mM7 F#m7-5 F#dim
G♭sus4 G♭add9 G♭aug  
mコード解説記事一覧
Cm C#m Dm D#m
Em Fm F#m Gm
G#m Am B♭m Bm