AmM7コードの押さえ方。押さえ方のコツとよく使うコード進行を解説

AmM7コードの押さえ方 3種類

ぎたすけ

コードの解説か。AmM7って使ったことないなぁ

たけしゃん

クリシェのコード進行で使うから、多くはないけど印象的なフレーズで登場するよね

AmM7コードの押さえ方

AmM7コードのコードフォームと和音の構成

名前からして複雑そうなコード AmM7。

構成はコードネームそのままでAmにM7の音を加えたコードです。

ポップスで登場頻度は多くはないですが、後述するクリシェと呼ばれるコード進行で活用されます。

押さえ方は指3本でそれぞれの場所を押さえるだけです。

AmM7コードを押さえている写真

ただ、最初は指が窮屈で薬指が伸びずに苦戦する人が多いです。

このフォームは慣れが重要なので、繰り返し押さえて指の形を慣れさせましょう。

やっていくうちに薬指の動きもよくなり、押さえやすくなるはずです。

また、AmM7では6弦は鳴らさないので5弦以下を弾くように意識しましょう。

6弦を鳴らさないコードは多いので、5弦以下を狙う練習は地味に重要です。

AmM7が単独で押さえられるようになったら、次のクリシェの進行でコードチェンジ含めて練習しましょう。

AmM7を用いたクリシェ

AmM7を使ったクリシェ進行

AmM7を使った定番のクリシェ進行です。

クリシェとはコード内の1つの音だけを変化させていくコード進行のことで、上記のパターンだとA→G#→Gと音が変化していきます。

なお、Am7のあとはD7もしくはF#m7-5のどちらかにいくのが王道です。サンプル音源はD7で〆てます。

ピアノと異なり、ギターだとクリシェしやすいコード進行は限られています。

AmM7を絡めたクリシェ進行は非常に使いやすいため、アコギ弾き語りのマイナー系のクリシェといえばAmM7かEmM7が代表的なパターンですね。

 

AmM7の色んなコードフォーム

AmM7コードの押さえ方 3種類

パターン①

パターン②

パターン③

AmM7でよく使われるコードフォームは上記3種類。

メインはパターン①ですが、パターン②も割とよく使います。

秦基博さんは単発でAmM7を使う楽曲が比較的多いのですが、ほぼパターン②で対応されています。

パターン②はクリシェもコードチェンジが楽なので、バレーコードに慣れてしまうとパターン②がメインになる人も多いです。

また、mM7というコードは登場頻度は高くないため、単独で覚えるよりは6弦ルートと5弦ルートの基本フォームを覚えてフレットを平行移動させましょう。

mM7コードの5弦ルート、6弦ルートの基本フォーム

上記の基本フォームを基にフレット位置を変えると色んなコードに変わります。

5弦、6弦のフレット毎の音を一覧にした表がこちら。

5弦と6弦のフレット毎の音程

先ほどのmM7の基本コードフォームと組み合わせてみると

  • 5弦ルートのフォームを5Fで押さえるとDmM7
  • 6弦ルートのフォームを5Fで押さえるとAmM7

という感じになりますね。

ちなみに開放弦は0Fという扱いなので、5弦ルートを0Fで押さえるとAmM7になります。

このように基本フォームと5弦、6弦のフレット毎の音を覚えるとmM7は一通り全部覚えられます。

使用頻度の低いコードを単独で丸暗記するのは辛いので、上記のように基本フォームとフレット位置の方程式を利用して一気に覚えてしまいましょう。

 

AmM7コード まとめ

AmM7コードを押さえている写真
  • AmM7はラ・ド・ミ・ソ#を重ねたコード
  • 主にはクリシェのコード進行で活用する
  • 使用頻度は高くないので、他のmM7と合わせて覚えよう

ぎたすけ

なるほど。確かにクリシェのコード進行は聞いたことがあるな

たけしゃん

結構、色んな曲で使われてるからね。自分の曲に盛り込むとプロっぽく聞こえるよね

AmM7コードの解説でした。

あんまり使わないものの、上手く活用できると曲がグッと洗練されるコードですね。

まずはクリシェのコード進行で使ってみて、雰囲気を感じてみましょう。

Aルートのコード解説記事一覧
A A7 Amaj7 Am
Am7 AmM7 Am7-5 Adim
Asus4 Aadd9 Aaug  
mM7コードの解説記事一覧
CmM7 C#mM7 DmM7 D#mM7
EmM7 FmM7 F#mM7 GmM7
G#mM7 AmM7 A#mM7 BmM7