E♭mM7(D#mM7)コードの押さえ方

E♭mM7のギターコードフォーム 3種類

パターン①

パターン②

パターン③

E♭mM7の主なコードフォームは上記3種類。

アコギだとパターン①かパターン②を使います。

ギターでE♭mM7を押さえているところ

あとはパターン①の省略形で下記のフォームも便利です。

E♭mM7の簡単なギターコードフォーム

人差し指でセーハしつつ、4弦は微妙に指を浮かしてミュートします。

アコギ弾き語りにおいては、演奏キーの関係もあってE♭mM7が登場することはあまりありません。

そのため、単体で覚えるよりはmM7共通のフォームをどこで押さえると何のmM7コードになるかを覚えましょう。

覚え方の手順は以下の通りです。

mM7コード共通のフォームを覚える
mM7の共通コードフォーム
5・6弦のフレット毎の音程を覚える
5弦と6弦のフレット毎の音程
共通コードフォームを任意のフレットで使う

共通のコードフォームを任意のフレットで弾くことで同じフォームから色んなmM7コードが作れる。

僕も上記の覚え方をしているため、E♭mM7はパターン①で覚えてます。

E♭mM7のコードフォーム

E♭mM7のギターコードフォーム 3種類

mM7コード自体が登場頻度はあまり高くないコードなので、1つずつ丸暗記ではなく効率的な覚え方を意識すると良いです。

ギターコード 一覧表に戻る

E♭mM7の構成音

E♭mM7の構成音とギターコードフォーム

E♭mM7はミ♭・ソ♭・シ♭・レで構成されたコードです。

mコードにM7の音を追加した構成になっています。そのため、音の響きが複雑で不安定ですね。

D#mM7とE♭mM7のどちらの表記するかですが、基本的にはE♭mM7です。

E♭mM7が登場するパターンはB♭メジャーキーのサブドミナントマイナーがメインになるかと思いますが、B♭キーだとダイアトニックスケールの都合上でD#ではなくE♭表記だからです。

そのため、E♭mM7という名称で慣れておくといいでしょう。

D#(E♭)ルートのコード解説記事一覧
E♭ E♭7 E♭maj7 D#m
D#m7 E♭mM7 D#m7-5 D#dim
E♭sus4 E♭add9 E♭aug  
mM7コードの解説記事一覧
CmM7 C#mM7 DmM7 E♭mM7
EmM7 FmM7 F#mM7 GmM7
G#mM7 AmM7 B♭mM7 BmM7