B♭mM7(A#mM7)の押さえ方

B♭mM7のギターコードフォーム 3種類

パターン①

パターン②

パターン③

B♭mM7の主なコードフォームは上記3種類。

メインで使うのはパターン①のフォームですね。アコギ弾き語りだとほぼこれだけで大丈夫です。

ギターでB♭mM7コードを押さえているところ

フォームの形が珍しくて、パッと押さえられるようになるまで時間がかかります。

小指絡みでミストーンも出やすいので、下記の簡単にしたコードフォームがおすすめですね。

B♭mM7の簡単なコードフォーム

人差し指でセーハしつつ、4弦は人差し指を少し浮かせながら触れてミュートします。

セーハ

1本の指で複数の弦を押さえること

ちゃんとミュートしないと音が濁りますが、慣れるとこのフォームが簡単でパッと押さえやすいので良いですよ。

また、アコギではB♭mM7を使う機会はだいぶ少ないです。

そのため、丸暗記するよりは下記の手順で他のmM7コードと関連付けましょう。

mM7コード共通のフォームを覚える
mM7の共通コードフォーム
5・6弦のフレット毎の音程を覚える
5弦と6弦のフレット毎の音程
共通コードフォームを任意のフレットで使う

共通のコードフォームを任意のフレットで弾くことで同じフォームから色んなmM7コードが作れる。

B♭mM7の場合は主に5弦ルートを使いますが、5弦のフレットごとの音程を見ると1Fで押さえるとB♭mM7になると分かりますね。

このようにmM7共通のフォームだけ覚えて、フレットの位置を変えることで色んなmM7コードに変化させましょう。

B♭mM7の構成音

B♭mM7の構成音とギターコードフォーム

B♭mM7はシ♭・レ♭・ファ・ラで構成された4和音コードです。

音の重ね方が複雑で、不気味な響きを奏でます。

B♭mM7には異名同音のA#mM7がありますが、譜面上では演奏キーによってどっちの表記になるか変わります。

登場頻度自体が少ないので覚えるのが辛いですが、B♭mM7、A#mM7のどっちで表記されていてもコードフォームが出てくるようにしておきたいですね。

B♭ルートのコード解説記事一覧
B♭ B♭7 B♭maj7 B♭m
B♭m7 B♭mM7 A#m7-5 A#dim
B♭sus4 B♭add9 A#aug  
mM7コードの解説記事一覧
CmM7 C#mM7 DmM7 E♭mM7
EmM7 FmM7 F#mM7 GmM7
G#mM7 AmM7 B♭mM7 BmM7