G♭aug(F#aug)の押さえ方

G♭augのギターコードフォーム 3種類

パターン①

パターン②

パターン③

G♭augの主なコードフォームは上記3種類。

メインで使うフォームをパターン①にするか、パターン②にするかは個人の好みです。

僕はパターン②のフォームがやや押さえづらいので、パターン①をメインにしています。

ギターでG♭augコードを押さえているところ

※パターン②のフォーム。指使いがややめんどくさい

ちなみにアコギだと、たま〜に出てくる程度であまり使わないコードです。

そのため、G♭augを単体で丸暗記するのではなく、aug共通フォームで他のaugと関連づけて覚えましょう。

aug共通のコードフォーム

ギターにおけるaugコードの共通フォーム

上記のコードフォームを覚えて、パターン①は4弦ルートなので4弦のどのポジションで押さえると何のaugになるのか。

パターン②、③は5弦ルートなので、5弦のどのポジションで押さえると何のaugになるのかを覚えます。

4弦のフレットと音程

ギター4弦の各フレットの音

5弦のフレットと音程

ギター5弦の各フレットの音

G♭augだと4弦ルートのフォームは4F、5弦ルートのフォームは9Fで押さえるのが分かりますね。

aug自体が登場頻度の低いコードなので、効率的かつ法則に則って覚えるようにしましょう。

ギターコード 一覧表に戻る

G♭augの構成音

G♭augの構成音とギターコードフォーム

G♭augはソ♭・シ♭・レで構成されるコードです。

不安定で少し不気味な響きなので、使いどころが難しいですね。

一方で効果的に組み込めると、アクセントとして印象に残りやすいフレーズになります。

G♭augかF#augのどちらで譜面に記載するかは、曲のキーによって変わります。

augが絡む定番のコード進行であるクリシェで使われる場合はG♭augなので、G♭augが多いかなという印象ですね。

G♭augでも、F#augでもコードフォームがパッと思いつくようにしたいですね。

F#(G♭)ルートのコード解説記事一覧
G♭ F#7 G♭maj7 F#m
F#m7 F#mM7 F#m7-5 F#dim
G♭sus4 G♭add9 G♭aug  
augコードの解説記事一覧
Caug C#aug Daug E♭aug
Eaug Faug G♭aug Gaug
A♭aug Aaug A#aug Baug