F#m7-5 コードの押さえ方。基本のコードフォームとよく使うパターンを解説

F#m7-5の主なギターコードフォーム 3種類

ぎたすけ

ギターコードの解説か。F#m7-5ってたまに出てきてはわからないからフォーム調べちゃうコードだな

たけしゃん

最初はそうだよね。F#m7-5はポップスでは割とよく出てくるコードなんだよね

本記事はF#m7-5単体の解説記事です。

m7-5(ハーフディミニッシュ)全体の活用事例や音楽理論については下記の記事を参照ください。

F#m7-5の押さえ方

F#m7-5の構成音とギターコードフォーム

複雑で不安定な響きがするコード F#m7-5。

m7-5コードは全体的に登場頻度低めなコードですが、F#m7-5はポップスでも割とよく出てくる重要コードです。

押さえ方は指を4本使って、4箇所を押さえる少し変形的なフォームです。

ギターでF#m7-5を押さえているところ

僕は6弦を親指で押さえてますが、中指で押さえるフォームでもOKです。

親指だと指が届かない場合は、6弦を中指で押さえるフォームを選択しましょう。

また、各指が下の弦に触れることがないように指はしっかり立てて押さえましょう。

形がやや特殊なので指に覚えこませるまで時間はかかりますが、そこまで難しいところはないので時間をかけて覚えこませましょう。

F#m7-5のよくあるコード進行

Am-AmM7-Am7-F#m7-5のコード進行とギターコードフォーム

F#m7-5を使った定番コード進行はAm絡みのクリシェです。

クリシェとは「特定のコードの中で1音だけが変化していくコード進行」のことです。

アコギではフォームの都合でクリシェさせやすいコード進行はある程度決まっています。

その中でも、Amは楽なんだけど使用される頻度が高いです。合わせてF#m7-5を使う頻度も高くなるわけですね。

ちなみにAm絡みのクリシェでは最後に使われるのはF#m7-5とD7のどちらかです。

コード進行がどのように変わるか聞き比べて使い分けできるとベストですね。

Am→AmM7→Am7→F#m7-5

Am→AmM7→Am7→D7

 

F#m7-5の色んなコードフォーム

F#m7-5の主なギターコードフォーム 3種類

パターン①

パターン②

パターン③

F#m7-5で主に使うコードフォームは上記3種類。

アコギ弾き語りではほぼパターン①しか使いません。

コード進行的にもF#m7-5のあとはFmaj7かB7となることが多いので、コードチェンジを考えてもパターン①なんですよね。

他のコードフォームもm7-5共通のフォームにはなるので、覚えておいて損はないですがアコギ弾き語りで使うことはあまりないですね。

代わりにパターン①のフォームはミストーンが出ないようにしっかり練習しましょう。

F#m7-5が登場するシーンはメロディのフックかドラマチックな展開の終着点なので、ミスすると痛いです。

 

F#m7-5 まとめ

ギターでF#m7-5を押さえているところ
  • F#m7-5はファ#・ラ・ド・ミで構成されるコード
  • Am絡みのクリシェでよく使用される
  • 使用される場面は曲の良い場面が多いので、ミストーンを出さないように練習しよう

ぎたすけ

F#m7-5って思ったより重要なコードだったんだな

たけしゃん

そうだね。ヒゲダンとかカバーしてるとよく出てくるから、どこで使われてるか考えてみるといいよ

F#m7-5の解説でした。

ポップスでも泣きのメロディーやドラマチックな展開を演出するのに使われる重要なコードです。

フォームが特殊で慣れるまでは苦労しますが、大事なところで使うコードなのでミスしないようにたくさん練習しておきましょう。

F#(G♭)ルートのコード解説記事一覧
G♭ F#7 G♭maj7 F#m
F#m7 F#mM7 F#m7-5 F#dim
G♭sus4 G♭add9 G♭aug  
m7-5コードの解説記事一覧
Cm7-5 C#m7-5 Dm7-5 D#m7-5
Em7-5 Fm7-5 F#m7-5 Gm7-5
G#m7-5 Am7-5 A#m7-5 Bm7-5