F#dim(Fシャープディミニッシュ)の押さえ方

F#dimのギターコードフォーム 3種類

パターン①

パターン②

パターン③

F#dimで主に使うコードフォームは上記3種類。

アコギではそんなに登場頻度は高くないですが、メインで使っていくのはパターン①ですね。

ギターでF#dimのコードフォームを押さえているところ

F#dimはパッシングディミニッシュで使われることが多く、その場合はGm7に繋ぐので音的にもコードチェンジ的にもパターン①がベターです。

一方でパッシングディミニッシュではなく、フレーズなど音にインパクトが欲しい場合はパターン②が使われます。

4弦ルートのF#dim ギターコードフォーム

アコギ弾き語りではパターン②を活用することは少ないイメージですが、フォーム自体は他のdimでもよく使うものなので覚えておきましょう。

ギターコード 一覧表に戻る

F#dim(G♭dim)の構成音

F#dimの構成音とギターコードフォーム

F#dimはファ#・ラ・ド・ミ♭で構成されるコードです。

不気味で不安定な響きがします。

単独で使うとクセが強いので使い所が難しいですが、パッシングディミニッシュなどコード進行の1コードとして使うと良い仕事をしてくれます。

譜面でF#dimとG♭dimのどちらで表記するかは悩みますが、どっちのパターンもあります。

五線譜で考えるとG♭dimが多いのかなと思いますが、ギタースコアだと割とF#dimもあるイメージです。

両方のコードネームでフォームがパッと思いつくようにしておくのがベストです。

F#(G♭)ルートのコード解説記事一覧
G♭ F#7 G♭maj7 F#m
F#m7 F#mM7 F#m7-5 F#dim
G♭sus4 G♭add9 G♭aug  
dimコードの解説記事一覧
Cdim D♭dim Ddim D#dim
Edim Fdim F#dim Gdim
G#dim Adim A#dim Bdim