G♭add9(F#add9)の押さえ方

G♭add9のギターコードフォーム 2種類

パターン①

パターン②

G♭add9の主なフォームは上記2種類。

アコギ弾き語りだと演奏キー的にあまり弾く機会がないコードですね(苦笑)。

パターン①も②もFadd9を1つ横にずらしただけなので、Fadd9のお隣と覚えておけば良いでしょう。

ギターでG♭add9コードを押さえているところ

Fadd9はアコギ弾き語りでもよく使うコードなので、関連づけてしまえば覚えやすいですよね。

登場頻度もかなり低いので、丸暗記よりは他コードとの関連性を頼りに覚えましょう。

ギターコード 一覧表に戻る

G♭add9の構成音

G♭add9の構成音とギターコードフォーム

G♭add9はソ♭・シ♭・レ♭・ラ♭で構成されるコードです。

add9は爽やかでおしゃれな響きがする心地よい響きのコードですね。

F#add9とG♭add9のどっちか迷いますが、譜面上ではほとんどのケースでG♭add9です。

五線譜に書くときにF#add9だと無駄に臨時記号が増えるため、例外的なパターン以外では使われません。

そのため、G♭add9でパッとフォームが出てくるように慣れましょう。

F#(G♭)ルートのコード解説記事一覧
G♭ F#7 G♭maj7 F#m
F#m7 F#mM7 F#m7-5 F#dim
G♭sus4 G♭add9 G♭aug  
add9のコード解説記事一覧
Cadd9 D♭add9 Dadd9 E♭add9
Eadd9 Fadd9 G♭add9 Gadd9
A♭add9 Aadd9 B♭add9 Badd9