DmM7 コードの押さえ方。基本フォームの解説から実践的な使い方までを掘り下げて解説

DmM7の良く使うコードフォーム2種類

ぎたすけ

コードの解説か。DmM7ってあんまり使うことないコードじゃない?

たけしゃん

そんなに使わないね。ただ、クリシェのコード進行で使うから楽曲の大事なところで使うんだよね

DmM7コードの押さえ方

DmM7コードの和音構成とコードフォーム

DmM7は複雑で少し不気味な音がするコードです。

なかなか、単独では使い辛いところがありますが、コード進行の中にうまく組み込むことで効果を発揮するコードですね。

押さえ方は3本の指を使って、3箇所を押さえるだけのシンプルなフォームです。

DmM7コードを押さえているところ

シンプルですが、あまり使わないこともあって指がなかなか慣れません。

時間をかけて、少しずつ手に馴染ませていきましょう。

また、5弦、6弦は鳴らさないので4弦以下を狙って鳴らすように意識しましょう。

DmM7のコードフォーム

5弦、6弦を鳴らすと音が濁るので、音が濁っていないかを注意して聞くようにしましょう。

この濁ってるかどうかの感覚を日ごろから鍛えて鋭くしておくことは演奏において、すごく重要です。

DmM7を単独で弾いてみたら、次はコードチェンジも絡めて定番のクリシェパターンで練習してみましょう。

DmM7を使ったクリシェ

DmM7を使ったクリシェ

クリシェとは特定の1音だけが変化していくコード進行のことです。

DmM7は「Dm→DmM7→Dm7」という流れでトップの音が半音ずつ下がるクリシェでよく使用されます。

ちなみにDm7のあとにはG7がくることが多く、サンプル音も最後はG7で〆てます。

アコギだとクリシェしやすいコード進行というのは限られているので、DmM7を使ったパターンも良く出てきますね。

やってみるとわかりますが、コードチェンジを上手くやらないと余計な音が鳴るのでサンプル音を参考に余計な音が鳴らないように練習しましょう。

 

DmM7の良く使うコードフォーム

DmM7の良く使うコードフォーム2種類

パターン①

パターン②

DmM7についてはパターン①が押さえやすい上に前後のコードチェンジも楽なので、ほぼパターン①で対応します。

そのため、パターン②の出番はあまりないのですが、〇mM7共通のコードフォームなので他のコードと合わせてセットで覚えておきましょう。

mM7コードの5弦ルート、6弦ルートの基本フォーム
5弦と6弦のフレット毎の音程

mM7自体が使用頻度は高くないコードなので、基本のコードフォームを覚えてフレット位置を変えて使いまわせるように覚えるのが効率的です。

例えば、5弦ルートの基本フォームを5Fで押さえるとDmM7、7Fで押さえるとEmM7となります。

こんな風に基本フォームとフレット毎の音を覚えて一気に覚えましょう。

慣れるまでは覚えるのに苦戦しますが、この覚え方に慣れると丸暗記より圧倒的に早く、大量にコードを覚えることができます。

 

DmM7コード まとめ

DmM7コードを押さえているところ
  • DmM7はレ・ファ・ラ・ド#で構成されるコード
  • DmM7は主にクリシェのコード進行で活用される
  • 登場頻度は多くないので、基本コードフォームを覚えて他のmM7とセットで覚えるべし

ぎたすけ

確かにクリシェのコード進行を聴くと、何か聴いたことある感じがしたな!

たけしゃん

クリシェはほんとに色んな曲で使われてるからね。使いこなせると作曲するときも便利だよ

DmM7の解説でした。

アコギだとクリシェさせやすいコードフォームなので、比較的出番はありますね。

とはいえ、忘れたころに登場するコードなので、気長に色んな曲をカバーしていく中で覚えるようにすると良いでしょう。

Dルートのコード解説記事一覧
D D7 Dmaj7 Dm
Dm7 DmM7 Dm7-5 Ddim
Dsus4 Dadd9 Daug  
mM7コードの解説記事一覧
CmM7 C#mM7 DmM7 D#mM7
EmM7 FmM7 F#mM7 GmM7
G#mM7 AmM7 A#mM7 BmM7