Dコードの押さえ方。キレイに弾くポイント、よく使用するテクニックを解説

Dコードのギターコードフォーム 3種類

ぎたすけ

ギターコードの解説か。Dコードって、なんかキレイに鳴らないんだよなぁ

たけしゃん

不要な弦が鳴ってるんじゃない?

Dは初心者が覚えるべきギターコードの1つだから、丁寧にやっていこうね

本記事はDコードについて初心者向けの基本的な解説から、楽曲内で良く使われる基本的なテクニックまでを解説しています。

読み飛ばしガイドを用意しているので、あなたが必要な部分を選んでください。

飛ばし読みガイド

ギターコード 一覧表に戻る

この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
そのほか雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、IPC VOICE STUDIOの公認ボイストレーナーの資格を持っています。
プロフィール詳細お問い合わせ

Dコードの押さえ方

Dコードを解説した資料

Dの音

アコースティックギターではCとGと並んで、登場シーンが非常に多いD。

指を3本しか使わないうえに位置が固まっているため、色んなテクニックを活用しやすいところもポイントです。

実際にDを押さえているときの左手はこのようになります。

Dコードを押さえた写真

3本の指が下の弦に固まるので、慣れるまでは窮屈です。

特に薬指をしっかり立てて、押さえないと他の弦に干渉するので注意しましょう。

Dの押さえ方は主に2パターンに分かれます。

3本の指で押さえるオーソドックスな方法と人差し指で複数の弦を押さえる方法です。

Dコードの押さえ方 2パターンを解説

まずはパターン①をしっかりと練習しましょう。

慣れてきたら、パターン②にもチャレンジしてみましょう。

実際の楽曲では前後のコードや演奏内容によって、パターン②にすべき場面が結構多いです。

両方の形を指に覚え込ませることが重要です。

5弦・6弦は鳴らさない

Dコードは5弦と6弦は鳴らさない

Dコードは4弦が最も下の音になるので、5弦・6弦は鳴らしません。

ピッキングするときに4弦を狙うように意識しましょう。

最初は5弦・6弦がどうしても鳴ってしまうのは仕方ありません。

徐々に4弦より下だけを鳴らせるように練習を重ねましょう。

また、ジャカジャカ鳴らしているときは親指を使って6弦はミュートしたほうが良いです。

5弦も親指でミュート出来れば良いですが、指が長くないと厳しいです。

また、5弦に関しては開放弦がDの構成音であるラの音なので、多少鳴っていてもコード感はそこまで変化しません。

ジャカジャカと弾くときは6弦ミュートをしっかりやって、5弦が多少鳴るのは許容しましょう。

関連記事

初心者が覚えるべき ギターコード 9つを練習用の譜例付きで解説

初心者向け ギターコードパターン初心者が覚えるべき ギターコード 10個を練習用の譜例付きで解説

関連記事

【2021年】ギター初心者におすすめの練習曲 20選。弾き語りを上達させる演奏解説付き

アコギでベースラインを弾いて録っている【2022年】ギター初心者におすすめの練習曲 22選。弾き語りを上達させる演奏解説付き  

Dコードでよく使うフォーム

Dコードのギターコードフォーム 3種類

パターン①

パターン②

パターン③

Dコードでよく使うコードフォームは3種類ありますが、メインはパターン①です。

パターン②はハイコードを使ったコード進行で使用します。

テンションコードなど絡めると、1弦5Fの音が必要なことも割と多く、何だかんだよく使うフォームです。

Dコード 5弦ルートのギターコードフォーム

パターン③はアコギだと、そのまま使うことはあんまりないです。

Dコード 6弦ルートのギターコードフォーム

ただ、装飾音的な使い方で、パターン③の4~6弦だけ弾いたり、1・2弦だけ弾くことはそこそこあります。

Dコード 6弦ルートの省略フォーム
パターン③の4~6弦だけ弾く
Dコード 省略フォーム
パターン③の1・2弦だけ弾く

そのため、中級者以上の人はパターン③のフォームも覚えて、部分的に活用しましょう。

ギターコード一覧に戻る

 

Dコードで良く使うテクニック

カポタストを4Fにつけて演奏している画像

Dコードは色んなテクニックを使って、フレーズを組みやすいコードです。

そのため、弾き語りにおいてもDコードでアクセントを入れることが多いです。

本章では弾き語りで、よく登場するDコードでの基本テクニックを紹介していきます。

なお、Tab譜と実演音源で解説を進めていきますのでTab譜の読み方がわからない方は先にこちらの記事を参照ください。

項目タップで解説に飛びます

ハンマリング

Dコードでのハンマリング

実演例

Dコードはハンマリングが活用しやすいコードフォームです。

アルペジオでは頻繁にハンマリングを使って、装飾音的なものを入れます。

1弦・2弦・3弦のどのポジションでも、ハンマリングで装飾音を入れることが可能なのも便利なところですね。

Dキーの曲終わりにハンマリングでsus4の音を入れて〆るのも定番手法です。

Dコードのハンマリングを活用した例

実演例

細かいことではありますが、これだけでずいぶんと演奏に説得力が出ます。

プロアーティストの弾き語りでも頻繁に使われる手法です。

プリング

Dコードのプリング活用例

実演例

Dコードは開放弦も活用しやすいため、プリングも良く用いられます。

ただ、プリング単体で登場することはそこまで多くなく、次のハンマリング&プリングの合わせ技の場合が大半です。

といっても、シンプルな8分音符で弾くアルペジオに16分音符のプリングを入れ込むと良い感じのアクセントになります。

引き出しの1つとして頭に入れておきましょう。

ハンマリング&プリング

Dコードでのハンマリング&プリング活用例

実演例

実演例を聞くとわかると思いますが、秦基博さんのアイのイントロフレーズです。

Dコードでのハンマリング&プリングを活用したフレーズ作りは定番で、弾き語りだとイントロやアウトロを担うことも多いです。

おしゃれなフレーズだなぁ…と思ったら、Dを基にハンマリング&プリングを活用しただけだったりもするんですよね。

なかなか、奥が深いのです。

DからDsus4、Dmaj7、D7にハンマリングやプリングで繋いでみると、色んなフレーズが作れます。

試行錯誤してみると面白いですよ。

 

Dの分数コード

Dコードを使った分数コード

Dは分数コードが一番豊富に出てくるギターコードです。

アコギで演奏するときもDの分数コードはとにかくよく使うので覚えておいて損はありません。

分数コードは響きを変化する目的とベースラインを円滑に繋げる目的がありますが、Dの分数コードはベースラインを円滑にするものが多いです。

中でもD/F#、D/Cあたりは非常に良く出てきます。

Dコードを使った分数コード

ポップス曲をやっていると、頻繁に弾くコードなので響きだけでも確認しておきましょう。

 

Dコード まとめ

本棚から本を取る
  • Dはレ・ファ#・ラを積み上げて構成されたコード
  • 3本の指を使う押さえ方と人差し指で複数弦を押さえるフォームを身に着けよう
  • Dはハンマリング&プリングでフレーズを作ることが多い

ぎたすけ

Dって単純なコードだけど、色々できるコードでもあるんだな

たけしゃん

そうなんだよね。しかも、フレーズ作りも簡単だから色々遊べるコードだね

Dコードの解説でした。

アコギだとアルペジオで活用することが非常に多いコードです。

Dコードをそのまま弾くより、ハンマリング&プリングを絡めてアクセントを付けるとグッと演奏が良くなります。

一方でアクセントを付けすぎるとくどいんで、使い方にセンスが問われるコードでもありますね。

シンプルなようで奥が深いので、色々試行錯誤して良い使い方を考えましょう。

Dルートのコード解説記事一覧
D D7 Dmaj7 Dm
Dm7 DmM7 Dm7-5 Ddim
Dsus4 Dadd9 Daug  

メジャーコード 解説記事一覧
C D♭ D E♭
E F G♭ G
A♭ A B♭ B

 

関連記事

初心者が覚えるべき ギターコード 10個を練習用の譜例付きで解説

初心者向け ギターコードパターン初心者が覚えるべき ギターコード 10個を練習用の譜例付きで解説

関連記事

アコギを弾いている男性アコギ 初心者講座 全19話で初心者がやるべきことを徹底解説

ギターコード一覧に戻る