予算15万円のアコギ(エレアコ) おすすめ5選。各メーカーの特徴や選ぶポイントを解説

アコースティックギターを木に立てかけている写真

ぎたすけ

予算15万円って中途半端な金額だな。10万とか20万じゃだめなの?

たけしゃん

アコギって15万円近辺が意外と多いんだよね。海外メーカーのエントリーモデルがこのへんなんだよ
この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、nana公認クリエイター、IPC VOICE STUDIO公認ボイストレーナーです。
プロフィール詳細お問い合わせ

予算15万円のアコギ

YAMAHA FGX5のボディ
価格特徴
10万円有名メーカーのエントリーモデルが登場
アコギ・エレアコともに選択肢が豊富
15万円海外メーカーのエントリーモデルが増える
20万円オール単板など高品質製品が増える
プロの使用者が多い価格帯
30万円J-45、D-28など有名ギターも買える
プロの使用者が多い価格帯

予算15万円になると、Martin、Gibson、Taylorといった有名海外メーカーの製品が登場します。

本格的に使えるアコギを探すと10~20万円の製品を買う人が多いんですよね。

独自のアンケート調査で、下記3つの理由で2本目のギターを買った人の予算を聞いてみました。

  1. もっと良いギターが欲しくなった
  2. 本格的な音楽活動で必要になった
  3. エレアコが必要になった
上記3つの理由で買ったギターの価格
10万円前後(7~14万円)
44.4%
20万円前後(15万円~24万円)
33.3%
30万円前後(25万円~)
11.1%
5万前後(4~6万円)
11.1%

10万円前後、20万円前後の人が多いですね。

この中で15万円前後だった人の割合は40.7%でした。

予算10万円、予算20万円だとTaylorやMartinを選ぶ人が比較的多いので、15万円前後で落ち着くんですよね。

予算15万円のギターメーカー

3本のギターヘッド

予算15万円だとGibsonやMartinといった有名メーカーも買えるようになります。

その中でも、おすすめのメーカーを挙げると以下の通りです。

メーカー名特徴
YAMAHA品質が良く、価格も安い
10万円前半で優れたエレアコが多い
Taylor品質が安定しており、エレアコに強い
114ce、214ceなどが選べる
Gibson世界的に有名なギターメーカー
G-45などエントリーモデルが選べる
K.Yairi質の良い国内メーカー
鳴りの良いアコギが多い
Martin最も有名なアコギメーカー
エントリーモデルの選択肢が豊富

エレアコならYAMAHA、Taylorが強いですね。

アコギならYAMAHA、K.Yairi、Martinあたりが僕はおすすめです。

予算15万円だと国内メーカーはオール単板が多いですが、海外メーカーは合板ギターが主流です。

ギターの単板と合板を説明した図解
補足

アコギは運搬費などの関係で国内メーカーのほうが基本的に安い

なので、オール単板ギターが欲しい人はYAMAHA、K.Yairiなどを中心に探すとよいでしょう。

予算15万円のエレアコ

TaylorのESピックアップ

予算15万円のエレアコだと、強いのはYAMAHAとTaylorですね。

両メーカーともに自社開発のピックアップを搭載しており、音質も優れています。

Atmosfeelプリアンプ
YAMAHAのピックアップAtmosfeel

他のメーカーはサドル下に設置するインブリッジピエゾ中心ですが、YAMAHAとTaylorは複数個所に音を拾う装置を設置したシステムを採用しています。

アコギのサドル
インブリッジピエゾはサドル下に設置するピエゾ

インブリッジピエゾと比べると、複数個所設置タイプは音がナチュラルなんですよね。

弾き語りで聞くと、かなり音質差を感じます。

また、このくらいの価格からは10万円のアコギに後付けピックアップの選択肢も有効です。

MorrisやK.Yairiなど国産メーカーは10万円で良質なアコギを販売しています。

Morris M-80 Ⅱ

そういった良質なアコギに後からピックアップを載せる選択肢も悪くないですね。

予算15万円の中古ギター

Gibson J-45

予算15万円あれば、中古ギターの選択肢も有効になってきます。

新品で20~25万円くらいのアコギも中古なら15万円で手が届く価格になります。

海外メーカーのオール単板ギターも中古なら15万円程度で手が届きます。

一方で消耗パーツの減りやギターの状態を見極められないと中古は危険です。

フレットの減り
フレットの状態

見極めに自信がない人は新品を買うことをおすすめします。

逆に色んなギターを触ってきた人は中古で掘り出し物を探すのも良いですね。

 

予算15万円のアコギ おすすめ5選

白い部屋にアコギが置いてある写真

それでは、予算15万円で買えるおすすめのアコギを5本紹介していきます。

この価格帯だとエレアコが中心ですね。

最近は10万円台でもMartinやGibsonのギターが買えるようになって選択肢が色々増えましたね。

製品名をタップで解説に飛びます

製品Taylor 214ce Rosewood
214ce Rosewood
YAMAHA FGX5
FG5
Martin D-10E
D-10E
Gibson G-45
G-45
K.Yairi RF-90
RF-90
トップ材シトカ・スプルースシトカ・スプルースシトカ・スプルースシトカ・スプルーススプルース
サイド&バックローズウッドマホガニーサペリウォルナットマホガニー
ピックアップ×××
総合評価
実売価格約145,000円約150,000円約125,000円約135,000円約165,000円
ECサイトAmazon
楽天市場
Yahoo!
Amazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス

Taylor 214ce Rosewood

Taylor 214ce
シェイプオーディトリアム
トップ材シトカ・スプルース
サイド&バックローズウッド(合板)
ナットNubone
サドルMicarta
ピックアップES2
付属品ギグバッグ
実売価格145,000円程度

Taylorの人気シリーズのエントリーモデル、Taylor 214ce Rosewoodです。

Taylorのレギュラーモデルは数字3桁で100~900まであり、214ceは下から2番目ですね。

200番台はサイド&バッグの木材がちょこちょこ変わっています。

今はローズウッドとコアの2種類が選択できるようになっています。

Taylor 214ce

コアよりはローズウッドのほうが万能に使える木材ですね。

補足

コアは高級木材で硬く輪郭のある音が特徴。ローズウッドはアコギ定番の木材

サンプル音は旧型の214ce Rosewoodですが、音質はこんな感じです。

ジャキジャキしたやや軽めの音です。

各音域のバランスも良く、弾き語りにもちょうどいい感じの鳴り方ですね。

214ceはTaylor独自のピックアップES2が搭載されています。

TaylorのESピックアップ
コントロールつまみ

ES2はブリッジ後方にセンサー型のピックアップが配置されています。

素子はピエゾですが、音は通常のアンダーサドルピエゾよりはナチュラルな音です。

バンドの中に入っても埋もれずに存在感のある音になっています。

弾き語りからバンドまで幅広く使えるエレアコですね。

YAMAHA FG5

YAMAHA FGX5
シェイプ トラッドウェスタン
トップ材シトカ・スプルース
サイド&バックマホガニー
ナット牛骨
ブリッジ黒檀又は縞黒檀
付属品ハードケース
実売価格150,000円程度

2019年発売のFG / FS Red Labelの上位モデル FG5です。

下位モデルのFG3との違いは以下の通りです。

FG5
FG3
  • ナットが牛骨
  • 付属品がハードケース
  • 国内生産品
  • ナットがユリア
  • 付属品がライトケース
  • 中国生産品

一番異なる点は国内生産か中国生産かという点ですかね。

僕はエレアコ仕様のFGX5、FGX3を借りて弾き比べましたが、FGX5のほうが箱が鳴っている感じでした。

YAMAHA FGX5のボディ

また、15万円程度ですがシトカ・スプルース、マホガニーのオール単板ギターです。

この組み合わせで有名なのはGibson J-45ですが、FG5はキャラクターがやや異なります。

FGX5ですが、サンプル音を用意したので聴いてみてください。

FGX5の演奏音

J-45の演奏音

FGX5はザクザクとした明瞭なストローク音ですね。

J-45はジャカジャカとした音質です。

弾き語りで使ってみると、かき鳴らすならJ-45でキレイに振りぬくならFGX5が良いかなと感じました。

ボディシェイプはトラッドウェスタンのFGと小ぶりなフォークのFSで2種類あります。

FGX3とFSX3を並べた画像
左がFG、右がFS

どちらも使い勝手はバッチリだったので、好みのシェイプを選びましょう。

また、FG5にはエレアコモデルのFGX5があります。

価格は+3万程度で18万円になりますが、ピックアップの質が良いので迷ったらFGX5を買うことをおすすめします。

Martin D-10E

Martin D-10E
シェイプD-14Fret
トップ材シトカ・スプルース
サイド&バックサペリ
サドルCompensated
White Tusq
ピックアップFishman MX-T
付属品セミハードケース
実売価格125,000円程度

Martinの中では安価なRoadシリーズのD-10E

Aブレーシングという新たなブレイシング方法を採用し、Martinサウンドを低価格で実現したモデルです。

弾いてみた印象だと、よくある10万円台のギターという感じですね。

ジャキとしたバランスの取れた音で、優等生で良くも悪くも言うことないなと僕は思いました。

D-10Eはサウンドホールにチューナーがついており、Fishman®MX-T搭載のエレアコです。

ちなみに同シリーズは10から13まであって塗装のフィニッシュが違います。

D-10オールサテン
D-11グロストップ
D-12フルグロス
黒いバインディング
D-13フルグロス
白いバインディング

実物を見るとフルグロスのほうが高級感はありますね。

対して、オールサテンは木材そのままのナチュラルな仕上がりです。

補足

フルグロスのD-12Eは実売価格 17万円程度です

12万円程度の価格帯で万能に使えるバランスの良いエレアコを出してくるあたりはさすがMartinですね。

Gibson G-45

シェイプラウンドショルダー
トップ材シトカ・スプルース
サイド&バックウォルナット
ナットTUSQ
サドルTUSQ
ピックアップなし
付属品Gig Bag
実売価格135,000円程度

Gibsonのエントリーモデル G-45

ボディシェイプなどは有名ギターGibson J-45をもとに作られています。

G-45の特徴はボディ横にプレイヤーポートと呼ばれる穴が開いていることです。

弾きながらギターの音が直に返ってくることです。

ギターの音は弾いてる本人と対面の人で聞こえる音が異なりますよね。

その点を配慮したユニークな造りで、対面の人に聞こえる音と同じ音が返ってきます。

音質は木材が異なることもあって、J-45とは大分異なりますね。

Gibson J-45
J-45

音は軽めでかなりジャキジャキして箱鳴り感も強い感じです。

僕はここにいる(G-45を使用)/山崎まさよし

結構癖が強いので、好みはありそうですね。

しかしまあ、10万円前半でGibsonが買えるようになったんだなぁ…と感慨深いですね。

K.Yairi RF-90

トップ材スプルース
サイド&バックマホガニー
指板エボニー
ブリッジエボニー
ピックアップなし
付属品ハードケース
実売価格165,000円程度

国内ギターメーカーのK.Yairiが作る良質なアコースティックギターRF-90

日本人にも抱えやすい、少し小さめサイズのオール単板ギターです。

ボディシェイプはガットギターで有名なラミネスにそっくりですね。

その影響かフィンガーピッカーの方が作っているイメージがあります。

女性シンガーソングライターのPredawnさんがRF-90を使っています。

Keep Silence/Predawn(YouTube)

RF-90は倍音豊かで単音に艶がありますね。

ストロークもレスポンスがよく、小型ですが音量もしっかり出ます。

K.Yairiは本当に質が良いギターが多いです。

 

予算15万円のアコギ まとめ

製品Taylor 214ce Rosewood
214ce Rosewood
YAMAHA FGX5
FG5
Martin D-10E
D-10E
Gibson G-45
G-45
K.Yairi RF-90
RF-90
トップ材シトカ・スプルースシトカ・スプルースシトカ・スプルースシトカ・スプルーススプルース
サイド&バックローズウッドマホガニーサペリウォルナットマホガニー
ピックアップ×××
総合評価
実売価格約145,000円約150,000円約125,000円約135,000円約165,000円
ECサイトAmazon
楽天市場
Yahoo!
Amazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス

ぎたすけ

MartinとかGibsonも10万円台で買えるんだな。もっと高いと思ってたぞ

たけしゃん

最近はどこのメーカーも10万円台のラインナップ増やしてきてるから選択肢が増えたよね

予算15万円のアコギについてでした!

最近はプロを目指しているアーティストも、この価格帯のギターを使ってる人が増えた気がしますね。

15万円出せれば、音質・品質共に満足できるギターが買えます。

ぜひ、色んなメーカーの製品を触ってみてください!

関連記事

アコースティックギターを椅子に立てかけている写真アコギ中級者におすすめのギター6選。選び方、予算などをアンケート調査の結果を踏まえて解説 ギターショップのアコギコーナー【2022年】アコギのおすすめ10選。価格帯別で選び方を徹底解説! 色違いのアコースティックギター3本初心者向けアコギ おすすめ6選。購入するギターの選び方を107名のアンケート調査付きで解説 Taylorのエレアコを弾いている男性エレアコのおすすめ10選。最新のメーカー別・価格帯別の特色や選び方を解説 ミニギターとドレッドノートの全長を比較した画像【2022年】ミニギター おすすめランキング ベスト10。選び方や大きさの違いを比較画像付きで解説