11/27から12/1までビックセール開催中!

Gコードの押さえ方。キレイに弾くポイントや良く使うコードフォームを解説

ギターのGコードを押さえている写真

ぎたすけ

Gコードって、コードサイト見てるとめちゃくちゃ使うイメージあるな

たけしゃん

そうだね。アコギ弾いてると一番よく使うコードな気もするね

飛ばし読みガイド

Gコードの押さえ方

Gコードの解説資料

Gの音

アコースティックギターで最も良く使うコードフォームと言っても過言ではない、Gコード。

そして、初心者の壁で有名なFコードの前に初心者に立ちはだかる、地味に難しいコードフォームでもあります。

 

Gが難しいところは2点あります。

  1. 指を立てて押さえないと4弦が鳴らない
  2. 1弦3Fに指が届かない

どちらも指の柔軟性が重要ですが、ギター弾き始めだと指が言うことを聞いてくれないんですよね。

 

指を立てて押さえるのは全コード共通の大事なポイント。

Gも指を立てないと、4弦がキレイに鳴りません。

Gコードでは指をしっかり立てないとキレイに音が鳴らない

最初は指を立てるのが辛いですが、徐々に慣れてきますので意識して押さえるようにしましょう。

 

そして、1弦3Fに指が届かないのも指の柔軟性の問題です。

解決するには指の形に慣れるしかないので、毎日少しずつでいいのでGを押さえるようにしましょう。

 

また、Gのコードフォームは押さえ方が主に2パターンに分かれます。

Gコードの押さえる指のパターン

楽曲内では両パターンを使い分けますが、パターン②のほうが使用頻度は高いです。

しかし、パターン②は小指と薬指を動かすので最初は難しいです。

まずはパターン①がちゃんとできるように練習しましょう。

 

なお、楽曲内でのパターンの使い分けは主に前後のコードに依存します。

Gの前後に良く使うCやFmaj7とのコードチェンジはパターン②のほうが断然楽なんですよね。

CからGへのコードチェンジ

なので、最初は押さえやすい指の配置で練習して、徐々に小指を使ったコードフォームにもチャレンジしていきましょう。

関連記事

初心者が覚えるべき ギターコード 9つを練習用の譜例付きで解説

初心者向け ギターコードパターン初心者が覚えるべき ギターコード 9つを練習用の譜例付きで解説

ぎたすけ

指を立てたり、小指動かしたりってなかなかできないよな

たけしゃん

普段の生活で使わない動きだから慣れが必要だよね

次章では楽曲内で良く使うGのコードフォームを紹介するね

 

色んなGコードを知ろう

座りでのアコースティックギターの持ち方

本章では楽曲内で使うことが多い、Gのコードフォームの種類を紹介します。

 

人によるところもありますが、アコギで良く使うGのコードフォームは3パターンです。

Gコードで良く使うコードフォーム 3パターン

よく使用するのは①と②ですね。

基本は①を使うことが多いですが、ストロークにおいては色んなプレイができる②の方が万能です。

Gのバレーコード

Gのコードフォーム バレーコード

パターン②のバレーコードは割と良く使いますが、使用するケースは下記の2点です。

  1. 前後のコードへの移行が楽な場合
  2. カッティングなどミュートを細かく使う場合

特に①のコードチェンジで結構役立ちます。

例えば、前後によく登場するFコードからのコードチェンジなら平行移動するだけですからね。

FコードからGコードへのコードチェンジ

バレーコードに慣れるまでは辛いですが、慣れちゃえば平行移動のほうが圧倒的に楽です。

Gのパワーコード

Gのパワーコード

パターン③のコードフォームはいわゆるパワーコードと呼ばれるものでエレキギターで良く使います。

パワーコード
Rootの音と5rdの音だけを鳴らしてパワー感を出す奏法

アコギでも、ロックテイストの楽曲などGのパワーコードを使う場面は割と多いです。

Gのパワーコード

Gのパワーコードは簡単ですが、バリエーションとして使える場面は割とあるので覚えておきましょう。

 

やっぱり、シンプルなローコードのGを使うことが多いものの、バレーコードやパワーコードも覚えることで演奏の幅が出ます。

Gコード まとめ

コップと本

  • Gはソ・シ・レが積み重なって構成されたコード
  • 押さえ方は主に2パターンあって、前後のコードに合わせて使い分ける
  • バレーコードやパワーコードを覚えると演奏に幅が出来る

ぎたすけ

Gのパワーコードを聞くと、ロックって感じがするな

たけしゃん

斉藤和義さんの楽曲とかでてきそうな雰囲気だよね

メリハリ作るのに便利だよ

Gコードの解説でした。

実はFコード前に初心者に立ちはだかるコードだったりするんですよね。

 

指が届かないとか、届いても力が入らないといった課題が出やすいコードです。

初心者のうちは左手がほんとに思い通りにいかないものなので、日数かけて根気よく手の柔軟性を高めていきましょう。

関連記事

初心者が覚えるべき ギターコード 9つを練習用の譜例付きで解説

初心者向け ギターコードパターン初心者が覚えるべき ギターコード 9つを練習用の譜例付きで解説