Dadd9コードの押さえ方。基本形から色んなコードフォームを解説

Dadd9でよく使うコードフォーム3種類

ぎたすけ

コードの解説か。Dadd9って便利なコードだからよく使うよな

たけしゃん

ギター弾き語りだと、良く出てくるよね
みんな基本形だけ使ってるけど、バリエーション持っておくと便利だよ

Dadd9コードの押さえ方

Dadd9コードの解説資料

爽やかでおしゃれな響きで使いやすいコード Dadd9。

弾き語りでも使う機会が多く、大活躍するコードですね。

押さえ方もシンプルで2本の指で2箇所を押さえるだけです。

Dadd9のコードフォーム

1弦の開放弦がキレイになるように指をしっかり立てて押さえましょう。

また、5弦、6弦は鳴らさないのでストロークする際は4弦以下を狙うように意識しましょう。

Dadd9は音がおしゃれで爽やかなので、色んな場面にマッチする便利コードです。

特にストロークで活躍することが多いので、Dで弾くところを試しにDadd9に変えてみたりして試してみましょう。

次章からはDadd9を色んなコードフォームについて解説していきます。

 

Dadd9の色んなコードフォーム

Dadd9でよく使うコードフォーム3種類

パターン①

パターン②

パターン③

Dadd9でよく使うコードフォームは上記3種類。

使用頻度でいうと圧倒的にパターン①が多いです。

ただ、弾き語りだとDadd9を使うことが多いため、パターン①だけでこなすと流石にワンパターン感が出ます。

そんなときに役立つのがパターン②と③です。

特にパターン③は柔らかい雰囲気が出るコードなので、曲の締めをパターン③に変えるだけでグッと雰囲気が出たりします。

また、パターン①のDadd9は分数コードとの相性も良いです。

次章からはDadd9の分数コードと、分数コードを使った定番コード進行例について解説していきましょう。

Dadd9の分数コード

Dadd9の分数コード4種類のフォーム

Dadd9絡みで実際の楽曲でも使われている分数コード 4種類です。

どれも結構使うコードなので覚えておくと良いでしょう。

ギター弾き語りではベースラインのつなぎ方も割と重要なので、分数コードを把握して前後のコードに合わせてベースラインを繋げてみるだけでもメロディーの聞こえ方がだいぶ変わります。

特にDadd9やDは登場頻度が多いので、分数コードを把握してベースラインを意識して作れると演奏の幅が広がりますね。

Dadd9の分数コードを利用した定番コード進行

Dadd9の分数コードを使ったコード進行

ロック曲からバラードまで色んな曲で用いられる定番のコード進行です。

コードフォームはDadd9をベースにルート音が移動していくだけですね。

アップテンポ曲だとVaundyの「怪獣の花唄」、バラードだと森山直太朗さんの「愛し君へ」など色んな有名曲で活用されているコード進行ですね。

分数コードを絡めた定番コード進行として覚えておくと役立ちます。

 

Dadd9コード まとめ

ATR1300xで演奏録音しているところ
  • Dadd9はレ・ファ#・ラ・ミで構成されたコード
  • Dadd9は爽やかでおしゃれな音色で弾き語りでも大活躍する
  • 使用頻度が多いため、コードフォームのバリエーションや分数コードをセットで覚えると良い

ぎたすけ

確かに分数コードもいい感じの音で、どれも使えそうだな!

たけしゃん

実際に使用する場面はかなり多いよ。Dadd9絡みでバリエーション増やせると、大分演奏の幅も広がるね

Dadd9の解説でした!

弾き語りだと、非常に役に立つ主力コードです。

その分、バリエーションを用意しておかないとワンパターンになりがち。

コードフォームや分数コードなど色んな引き出しを少しずつ増やしていきましょう。

Dルートのコード解説記事一覧
D D7 Dmaj7 Dm
Dm7 DmM7 Dm7-5 Ddim
Dsus4 Dadd9 Daug