Dm9コードの押さえ方

Dm9のギターコードフォーム 3種類

Dm9の主なコードフォームは上図3種類。

筆者はほぼパターン①を使っています。

Dm9のギターコードフォーム

各弦がキレイに鳴るように指をしっかり立てて押さえましょう。

1弦は鳴らしても、鳴らさなくてもどっちでも大丈夫です。

筆者はm9の共通フォームとして覚えていることもあり、1弦はミュートしています。

Dm9は歌モノの弾き語りだとあまり使わないですが、シティポップなどのおしゃれ曲では割と使います。

ギターコード表に戻る

この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、nana公認クリエイター、IPC VOICE STUDIO公認ボイストレーナーです。
プロフィール詳細お問い合わせ

Dm9の構成音

Dm9のギターコードフォームと構成音

Dm9はDm7に9thのミを加えたテンションコードです。

市販の譜面ではDm7(9)と表記されることが多いですね。

ちなみにDmに9thを加えるとDmadd9となり、違うコードになります。

弾き語りだとたまにDmadd9/Fが出てくるため、Dm9とちゃんと区別しましょう。

Dmadd9のコードフォーム
Dmadd9/F
良く使うテンションコード 7選テンションコードとは。ギター弾き語りでの使い方を実例付きで具体的に解説
m9コード解説記事一覧
Cm9 C#m9 Dm9 D#m9
Em9 Fm9 F#m9 Gm9
G#m9 Am9 B♭m9 Bm9
Dルートのコード解説記事一覧
D D6 D7 Dmaj7
Dm Dm6 Dm7 DmM7
Dm7-5 Ddim Dsus4 D7sus4
Dadd9 Daug D9 Dm9

ギターコード表に戻る