Daug コードの押さえ方。よく使うフォームやパターンを解説

Daugコードの色んなフォームパターン

ぎたすけ

コードの解説か。augってつくコードって使い道がよくわからないんだよな

たけしゃん

augは扱いが若干難しいからね

でも、Daugはaugの中では使うこと多いコードだから覚えたほうが良いよ

本記事はDaug単体の解説記事です。

augコード全般の音楽理論や使用方法については下記の記事を参照ください。

Daugコードの押さえ方

Daugコードの解説資料

Daugの音

クセのある響きで、使い方に工夫がいるコード Daug。

アコギだと、クリシェのコード進行でよく使用するコードです。

クリシェ
コード内の1つの音だけが階段式に変わっていくコード進行のこと

押さえ方は指3本で3か所を押弦するシンプルなもの。

Daugコードを押さえているところ

指が窮屈になりがちですが、各指をしっかり立てて他の弦に触れることがないように押さえましょう。

また、5・6弦は弾きません。

音が鳴らないように4弦以下のみのピッキングを意識しましょう。

Daugのコードダイアグラム

Dがつくコードは全般的に5・6弦を弾かないものが多いです。

それに狙った弦だけ弾く技術は重要なので、初心者のうちから意識して練習しておくと効率的です。

Daug自体を鳴らすことは難しくはありません。

指をしっかり立てることを意識すれば、割とすぐにできるはず。

しかし、コードチェンジが絡むと難しかったりするので、定番のクリシェ進行でコードチェンジを練習してみましょう。

Daugのクリシェを弾いてみよう

Daugを使ったクリシェ

演奏音

色んな曲で使用されている、定番のクリシェ進行。

アコギだと音が半音ずつ上がるクリシェはコードフォームの関係で難しいキーが多く、カポタストで調整してDキーにしてやることが多いです。

そのため、アコギだとクリシェといえば、D→Daug→D6→D7が定番になってます。

印象的かつ、割と多用されてるので弾けるように練習しておきましょう。

 

Daugの色んなコードフォーム

Daugコードの色んなフォームパターン

パターン①

パターン②

パターン③

Daugの主なコードフォームは上記の3種類。

ポップスだと、Daugが登場するのは前述のDメジャーキーにおけるクリシェが大半です。

そのため、パターン①を使うことが非常に多いです。

一方でポップスだと頻度はそこまで多くないですが、GメジャーキーでのVaugも使うときはあリます。

Vaugで鳴らすときは音色的にアクセントとして#5(♭13)の音を目立たせたほうが良いことが多いので、音的にはパターン②が使えます。

※トップの音が#5なのでアクが強い

augコード自体がそこまで登場シーンが多くないコードなので、基本的にはルート弦別での共通フォームを覚えましょう。

オーギュメントのルート別のコードフォーム

上記のルート弦別のコードフォームを覚えれば、あとは使用したいコードネームに合わせて、フレット位置を移動させるだけです。

アコギでよく使うのは5弦ルート、6弦ルートですが、各フレットの音は以下の通りです。

5弦と6弦のフレット毎の音程

augの共通コードフォームを覚えて、フレットを平行移動させて使いまわす覚え方は非常に使えるので、慣れておくと後が楽です。

この覚え方に慣れると、コードの引き出しが爆発的に増えます。

パターン①のコードフォームは開放弦が絡むので平行移動させて使えませんが、アコギでは割と使うコードフォームなので、Daugの固有フォームとして覚えておきましょう。

Daugのコードダイアグラム

クリシェを絡めたコード進行はヒット曲でも多く使われているので、効果的に活用できるとグッとプロっぽさが出ます。

 

Daug まとめ

外でPC作業をする女性
  • レ・ファ#・ラ#を重ねた3和音コード
  • クリシェのコード進行でよく使う
  • クリシェ以外の登場シーンは少ないのでaug共通のコードフォームを覚えてフレット位置を変えて使い回そう

ぎたすけ

よく使うのか、使わないのかいまいちわからなかったぞ

たけしゃん

まあ、そこまで出てこないけど、Dのクリシェはアコギの印象的なフレーズだから覚えておいた方がいいよ

Daugコードの解説でした。

ヒット曲でも使われている印象的なフレーズかつ簡単に弾けるので、ぜひ活用しましょう。

augコードは使い道が難しいですが、おしゃれな曲ではいい感じに活用されています。

まずは定番コード進行を弾いて、コード進行の中でのキャラクターをつかんでおきましょう。

CとCaugの比較オーギュメント(aug)コードの使い方を実例と共に解説