D7sus4の押さえ方。よく使うフォームや使い分けについて解説

D7sus4コードのフォーム 3種類

D7sus4の主なコードフォームは上図3種類。

メインとなるのはローコードのパターン①ですね。

D7sus4コードのフォームを押さえている写真

指をしっかり立てて、他の弦に触れることがないように注意しましょう。

5弦と6弦は鳴らさないため、ピッキング時は4弦以下を狙いつつ、親指で軽く触れるなどしてミュートしましょう。

なお、D7sus4はD7に繋げることが多いため、D7sus4→D7のコードチェンジも練習しておきましょう。

D7のよく使うコードフォーム

ギターコード表に戻る

この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、nana公認クリエイター、IPC VOICE STUDIO公認ボイストレーナーです。
プロフィール詳細お問い合わせ

D7sus4とDsus4の違い

D7sus4のギターコードフォームと構成音
Dsus4コードの解説資料

D7sus4とDsus4の違いは7thであるドの有無です。

聴き比べてみると大した差がないように感じますが、D7sus4だと不協になるシーンは結構多いので気を付けましょう。

このへんの使い分けは音楽理論のダイアトニックコードを理解するとわかりますが、まずはD7sus4はD7が出てくるときだけと覚えましょう。

その他のD、Dadd9などが登場する楽曲ではDsus4を選択するのが無難です。

7sus4のコード解説記事一覧
C7sus4 C#7sus4 D7sus4 D#7sus4
E7sus4 F7sus4 F#7sus4 G7sus4
G#7sus4 A7sus4 B♭7sus4 B7sus4
Dルートのコード解説記事一覧
D D6 D7 Dmaj7
Dm Dm6 Dm7 DmM7
Dm7-5 Ddim Dsus4 D7sus4
Dadd9 Daug D9 Dm9

ギターコード表に戻る