11/27から12/1までビックセール開催中!

Aコードの押さえ方。キレイに弾くポイントや良く使うコードフォームを解説

ギターのAコードを押さえている写真

ぎたすけ

Aコードって、なんか明るくて爽やかな感じするよな

たけしゃん

開放弦のキレイな響きが爽やかな感じを演出するんだよね

だからこそ、キレイに鳴らせるようにポイントは押さえておく必要があるね

飛ばし読みガイド

Aコードの押さえ方

Aコードの解説資料

Aの音

ギターで弾くと爽やかで明るい印象のコード、A。

アコギではストロークにアルペジオに活躍場面が多いコードです。

 

Aは3本の指で近いポジションを押さえるため、指をしっかり立てないと窮屈になります。

ギターのAコードを押さえている写真

最初は指を折りたたむのに時間がかかりますが、慣れてくると簡単に押さえられるようになります。

 

また、1弦がちゃんと鳴っているかは確認しましょう。

指がしっかり立ってないと人差し指や薬指が1弦に触れてしまい、音が鳴りません。

 

1弦の開放弦が鳴っているかどうかで、コードの印象が結構変わります。

1弦が鳴ってないAコード

1弦が鳴っているAコード

実際の楽曲内では、上記の2パターンを使い分けます。

1弦を鳴らすかどうか任意で選択できるようになるのが大事なので、まずは1弦がキレイに鳴るようにAコードを練習しましょう。

 

ちゃんと、1弦が鳴らせているかを定期的に1本ずつ弦を鳴らして確認するようにしましょう。

人差し指だけで押さえるAコード

人差し指だけで押さえるAコード

人差し指だけで2弦・3弦・4弦を押さえるフォームです。

1弦を鳴らせるようにするためには指の柔らかさが必要なので、根気よく練習しなければなりません。

 

無理しすぎると手を傷めるので、毎日少しずつ慣らしていきましょう。

A/C#というコードフォームで、この押さえ方が必要となるので練習はしたほうが良いです。

A/C#の押さえ方

関連記事

初心者が覚えるべき ギターコード 9つを練習用の譜例付きで解説

初心者向け ギターコードパターン初心者が覚えるべき ギターコード 9つを練習用の譜例付きで解説  

色んなAコードを知ろう

ギター弾く人

本章ではよく使用されるAコードのコードフォームについて解説していきます。

 

アコギ弾き語りで良く使うであろう、Aコードのコードフォームは主に下記の3つです。

Aコードの良く使うコードフォーム

Aはルート音が5弦の開放弦なので、自由度が高く様々な選択肢があります。

その中でも、僕が色んなコピーしていて良く使っているのは上記 3種類ですね。

 

パターン①とパターン②は構成音は一緒ですが、聴こえ方は結構違います。

Aのコードフォーム 2種類

パターン①

パターン②

結構違いますよね。

ただ、音色で選ぶよりは前後のコードの兼ね合いで選択することが多いかな…という印象です。

両方使い分けできるに越したことはないので、覚えておきましょう。

Aのハイコード

Aのハイコード

AのコードはFのフォームを5Fまでスライドさせたものですね。

使用するのは主に下記の3パターン。

  1. 前後のコードへの移行が楽な場合
  2. カッティングなどミュートを細かく使う場合
  3. 低音を効かせたい場合

意外と③の用途が多いです。

やっぱり、5弦の開放弦よりはピックでガシガシやれますからね。

Aのパワーコード

Aのパワーコード

パワーコードとはRootの音と5rdの音だけを鳴らす、エレキギターで良く使う奏法です。

 

Aのパワーコードはアコギも良く使いますが、あんまり上記のフォームを使ってる人はいないかもしれないですね。

普通にバレーコードで5弦・6弦だけ弾くことが多いです。

Aのハイコード

※5弦・6弦だけ弾けばパワーコードと同じになる

また、ローコードで4弦・5弦だけ鳴らすことも多いですね。

ローコードで4弦・5弦だけ鳴らすとパワーコードになる

※4弦・5弦だけ鳴らせばパワーコードになる

秦基博さんの曲をコピーしていると、ローコードで4弦・5弦だけブリッジミュートで鳴らすことが多い印象です。

 

僕も実際のところ、エレキギター弾いてるときは下記のフォームはそこそこ使ってます。

Aのパワーコード

しかし、アコギの場合はほとんど使ってないですね。

パワーコード入れるときも、バレーコードかローコードで必要なとこだけ鳴らすことが多いです。

 

とはいえ、前後のコードフォームや好みのスタイルで使い分ければいい話です。

とりあえず全部覚えておいて損はないですよ。

Aコード まとめ

  • Aはラ・ド#・ミを積み上げて構成されるコード
  • 1弦の開放弦がキレイ鳴るように指を立てて押さえるのがコツ
  • 慣れてきたら、人差し指だけでも押さえられるように練習しよう

ぎたすけ

人差し指だけで押さえるのきついな…。1弦が鳴らない

たけしゃん

最初は指が曲がらないからね

毎日少しずつやってると、いつの間にかできるようになるよ

Aコードの解説でした。

開放弦の響きが心地良いコードなので、キレイに鳴るように意識しましょう。

 

どのコードフォームでも指を立てて押さえるのは大事なことです。

Aコードのように基本コードを練習する段階から意識しておくと後が楽になりますよ。

関連記事

初心者が覚えるべき ギターコード 9つを練習用の譜例付きで解説

初心者向け ギターコードパターン初心者が覚えるべき ギターコード 9つを練習用の譜例付きで解説