D7コードの押さえ方。ギターで使う色んなフォームを解説

D7のよく使うコードフォーム

ぎたすけ

コードの解説か。D7って少し癖が強い音するよな

たけしゃん

ちょっとブルースっぽい感じの音がするね

といっても、ポップスでも大活躍するコードなんだけどね

D7コードの押さえ方

D7コードの解説資料

コードの音

ブルースっぽい感じの音を奏でる4和音コード、D7。

主にBメロからのサビへの繋ぎに使われることが多いコードです。

押さえ方は指を3本使って、下の画像のようにして押さえます。

D7コードを押さえている写真

各指をしっかり立てて、他の弦に触れることがないようにしましょう。

最初は少し窮屈に感じるかもしれませんが、毎日押さえていれば比較的すぐに慣れます。

D7では5・6弦は鳴らしません。

親指で軽く触れてミュートするのも良いですが、ストロークをするときに4弦以下だけを弾くように意識しましょう。

D7は5弦、6弦は鳴らさない

狙った弦だけをピッキングするテクニックは非常に重要です。

最初は難しいですが、徐々に狙った弦だけを鳴らせるように日々意識して練習しましょう。

D7とDmaj7の違い

D7とDmaj7の違い

D7

Dmaj7

初心者のときにごっちゃになりがちなのが、「D7」「Dmaj7」の2つ。

D7は最高音がド、Dmaj7は最高音がド#と半音違います。

D7とDmaj7は楽曲内での使用パターンも異なります。

基本的にはD7を使う場面ではDmaj7は使えませんし、逆も然りです。

音楽理論的には下記のような使い分けです。

項目 使うコード
トニック(Ⅰ) D、Dmaj7
サブドミナント(Ⅳ) D、Dmaj7
ドミナント(Ⅴ) D、D7
4和音のダイアトニックコード

まあ、理論的に覚えるのは後でいいかなと思います。

まずはDmaj7とD7のどっちが適しているかを曲に合わせて鳴らしてみて、耳で判断してみましょう。

そのコードの聴き分け、使い分けする能力がギター演奏では非常に重要です。

ざっくり言うと、Bメロ・サビの繋ぎなど各セクションの繋ぎはD7が多く、各セクションの頭に出てくるコードはDmaj7が多いです。

関連記事

初心者が覚えるべき ギターコード 9つを練習用の譜例付きで解説

初心者向け ギターコードパターン初心者が覚えるべき ギターコード 10個を練習用の譜例付きで解説  

色んなD7コードを覚えよう

D7のよく使うコードフォーム

パターン①

パターン②

パターン③

D7で使うことが多いコードフォームは上記の3種類。

僕は何だかんだ言って、パターン①を一番使ってます。

パターン②も割と、よく使いますね。

いくつかコード進行例を出しながら、使用パターンを解説していきます。

Am7→D7→G

D7を絡めた定番コード進行

演奏音

最もD7が使用されるであろう、Gメジャーキーの定番コード進行です。

Bメロ→サビとかでよく出てきます。

Am7→D7はよく出てくるコード進行ですが、ローコードでコードチェンジが楽な組み合わせなので使いやすいですね。

ちなみにシティポップなどのおしゃれ曲だと「Am7→D7(9)」が結構ハマりますので覚えておくと良いです。

Am7→D7(9)のコード進行

演奏音

補足
演奏音はAm7→D7(9)→GM7です

ブルース調なコード進行

C7を使ったブルース調アレンジ

演奏音

セブンスコードを繋いだブルース調なコード進行。

こんな感じでブルース色を強めたいときはパターン②のD7フォームを使うと良いです。

ここまで、ブルース寄りじゃなくてもアクセントを強めに出したいときはパターン②のコードフォームを試してみるとハマるときは結構あります。

僕が使っている感じだと、星野源さんの曲とかはこのフォームがハマることが割と多いですね。

 

D7コード まとめ

ノートPCで作業してるところ
  • レ・ファ#・ラ・ドの4和音で構成されるコード
  • D7とDmaj7は使い道が違うので、ちゃんと区別しよう
  • Bメロ→サビの繋ぎなどでよく使う

ぎたすけ

D7ってすげーよく使うイメージだったけど、意外と使い道は限られてるんだな

たけしゃん

そうだね。使い道が多いというよりは定番の使い方で登場数が多い感じのコードだね

D7コードの解説でした。

ギター弾き語りのシンガーソングライターだと、ほんとによく使うコード。

そのため、コードの使い方やフォームの使い分けなどを一工夫しているかしていないかで大きな差が出やすいです。

普段、何気なく使っている人もフォーム選択を工夫してみると面白いですよ。

関連記事

初心者が覚えるべき ギターコード 9つを練習用の譜例付きで解説

初心者向け ギターコードパターン初心者が覚えるべき ギターコード 10個を練習用の譜例付きで解説

関連記事

アコギを弾いている男性アコギ 初心者講座 全19話で初心者がやるべきことを徹底解説