B♭7(A#7)の押さえ方

B♭7のギターコードフォーム 3種類

パターン①

パターン②

パターン③

B♭7の主なフォームは上記3種類。

アコギではB♭7自体の登場頻度が低いですが、コードフォームは3つとも覚えて使い分けできるようにしたほうがいいですね。

3つのパターン全てが7コードの共通フォームなので、フォームを覚えてどこの位置で押さえると何の7コードになるかを抑えるといいですね。

ギターにおける7コードの共通フォーム

パターン①は5弦ルート、パターン②と③は6弦ルートなので、それぞれの弦でフレットのごとの音程を確認します。

5弦のフレットと音程

ギター5弦の各フレットの音

6弦のフレットと音程

ギター6弦の各フレットの音

パターン①であれば、5弦の1Fで押さえるとB♭7。3Fで押さえるとC7。

パターン②と③であれば、6弦6Fで押さえるとB♭7。8Fで押さえるとC7となりますね。

この要領で共通フォームとフレットの位置と音でコードを覚えると、効率的かつ応用が効くのでおすすめです。

ギターコード 一覧表に戻る

B♭7の構成音

B♭の構成音とギターコードフォーム

B♭はシ♭・レ・ファ・ラ♭で構成される4和音コードです。

渋めでブルースっぽい感じの響きがしますね。

B♭7はA#7が異名同音にあたります。

譜面では両方登場しますが、基本的にはB♭7で記載されることが多いです。

まずはB♭7でコードフォームがパッと出てくるようにしましょう。

B♭ルートのコード解説記事一覧
B♭ B♭7 B♭maj7 B♭m
B♭m7 B♭mM7 A#m7-5 A#dim
B♭sus4 B♭add9 A#aug  
7コードの解説記事一覧
C7 C#7 D7 E♭7
E7 F7 F#7 G7
G#7 A7 B♭7 B7