G7コードの押さえ方。基本フォームからバリエーションまで解説

G7のギターコードフォーム 3種類

ぎたすけ

ギターコードの解説か。G7って割とよく出てくるよな。でも、Gのほうが好きであんま使ってないかも

たけしゃん

少しブルースっぽい音するからね。G7はフォームによって音色が結構違うから使い分けが大事なんだよ

ギターコード 一覧表に戻る

G7コードの押さえ方

G7コードの構成音とギターコードフォーム

Gと並んで初心者のうちに覚えることが多いコード G7。

Bメロからサビへの繋ぎなどによく使われるコードです。

押さえ方は指3本で、3箇所を押さえるシンプルなフォームです。

ギターでG7を押さえているところ

指をしっかり立てて、薬指や中指が下の弦に触れないように気をつけましょう。

薬指を伸ばすので、最初は押さえづらくて苦戦する人が多いですね。

手の柔軟性が向上してくれば、楽に押さえられるようになるのでギターを続けていれば、いつの間にか楽に押さえられるようになっているコードです。

G7でよく使うコード進行

Dm7-G7-Cのギターコードフォーム

G7はツーファイブワンというコード進行でよく使用されます。

具体的にはDm7→G7→Cというコード進行になりますので、このコード進行をしっかり練習しましょう。

よくあるのは曲の最後がDm7→G7→Cで終わるというパターンですね。

他にもDm7→G7でBメロやサビが終わって、そのままCから次の展開が始まるというパターンもよくあります。

また、ツーファイブワンというコード進行は至るところで登場するものなので、合わせて下記の記事で勉強しておくとコード理論を学ぶこともできますね。

 

G7の色んなコードフォーム

G7のギターコードフォーム 3種類

パターン①

パターン②

パターン③

G7で主に使うコードフォームは上記3種類。

僕は基本形はあまり使っていません。ほぼパターン②かパターン③ですね。

このへんは好みの問題ですが、パターン①は音に渋みが強すぎて、曲に合わないと感じることが多いんですよね。

G7は使わずにGでほぼ全対応しちゃう人も見かけますが、G7がいい時も割と多くてパターン②とパターン③が重宝しています。

G7のギターコードフォーム 3種類

もし、基本形のG7のクセが強くてG7を使うことを避けてる人はパターン②とパターン③も使ってみましょう。

G7でよく使うテンションコード

G7コードでよく使うギターのテンションコード

G7(13)

G7(♭13)

G7でよく絡めるテンションコードは13と♭13の2つ。

G7(13)はおしゃれ曲でDm7(9)→G7(13)といった流れで登場します。

これだけでグッと洗練されたおしゃれ感が出るコード進行になりますね。

対して、G7(♭13)はG7の装飾音として使われることが多いです。

ちょっとおしゃれな曲やムーディーな雰囲気を出したいときにG7の前にG7(♭13)を置いてみるだけでも違ってくるので、試してみてください。

 

G7コード まとめ

ギターでG7を押さえているところ
  • G7はソ・シ・レ・ファで構成されたコード
  • G7はツーファイブワンのコード進行で特に多用されるコード
  • ローコードは音にややクセがあるので、バレーコードや省略コードフォームと使い分けよう

ぎたすけ

確かにローコードに比べてバレーコードはスッキリして使いやすい音だな

たけしゃん

そうなんだよね。ローコードが合う時もあるけど、他のフォームがいい時も多いからG7って結構難しいんだよね

G7の解説でした!

基本形は押さえるのが楽だけど、音色的にやや使いづらいという少し取り扱いが難しいコードです。

逆にコードフォームによる音色の違いや使い分けについて、色々考えさせられる基本コードでもあります。

コードフォームによる音色の使い分けを気にし始めるとアコギは急激に成長するので、そういった意味でG7は非常に勉強になるコードと言えますね。

Gルートのコード解説記事一覧
G G7 Gmaj7 Gm
Gm7 GmM7 Gm7-5 Gdim
Gsus4 Gadd9 Gaug  
7コードの解説記事一覧
C7 C#7 D7 E♭7
E7 F7 F#7 G7
G#7 A7 B♭7 B7