A7コードの押さえ方。よくあるコード進行、良く使うコードフォームまで解説

A7の良く使うコードフォーム

ぎたすけ

コードの解説か。A7って結構良く使うイメージあるよな

たけしゃん

そうだね。CやGに比べると少ないけど、それなりによく出てくるね

ギターコード 一覧表に戻る

A7コードの押さえ方

A7コードのコードフォームと和音

Aコードにソの音を追加した、少しブルージーな響きがするA7。

アルペジオの演奏によく使われる、Dメジャーキーの主要コードなのでアルペジオ曲で割と出番が多いです。

押さえ方はシンプルで2本の指で2か所を押弦するだけです。

A7を押さえているところ

1弦や3弦がちゃんと鳴るように指はしっかり立てて押さえましょう。

逆に気を付けるポイントは指を立てるくらいなので、すぐに弾けるようになるでしょう。

また、6弦は鳴らしません。5弦以下だけをストロークするように意識して弾きましょう。

A7はコード単体で練習するよりはコード進行の流れで練習しましょう。

ポップスでよくあるコード進行を2パターン紹介するので、スムーズにコードチェンジできるように練習してみましょう。

D-Em7-A7

A7のよくあるコード進行 D-Em7-A7

A7はDメジャーキーの主要コードなので、色んなコードと繋がりますがシンプルでよく出てくるのは「D→Em7→A7」です。

なお、A7の後はDにつながることが多いので、上記のコード進行をループして練習すると良いでしょう。

また、このコード進行ではDは5・6弦は鳴らさず、A7は6弦を鳴らしません。

対して、Em7は全弦鳴らすのでコードによって狙う弦をしっかり意識しましょう。

そして、ちゃんと狙った弦だけが鳴っているかもチェックしましょう。このあたりを雑にすると音が濁ってしまいます。

Em7→G→D→A7

7のよくあるコード進行 Em7-G-D-A7

Dメジャーキーのよくあるコード進行2つ目です。

このコード進行もA7の後はEm7に繋いでループさせて練習すると良いでしょう。

おそらく、Gに苦戦すると思いますが、繰り返し練習することで自然と指が形を覚えるので焦らずに日数をかけて練習しましょう。

 

A7のよく使うコードフォーム

A7の良く使うコードフォーム

パターン①

パターン②

パターン③

A7でよく使われるコードフォームは上記3種類。

パターン①がメインではありますが、テンションコードやハイフレットコードを使い始めるとパターン③の使用率が上がります。

たけしゃん

僕は①と③の使用率は6:4くらいで、③もかなり使ってます

また、パターン③のコードフォームは平行移動して色んなコードに変えて使用します。

A7のコードフォームを平行移動させるとC7になる

上記の要領で平行移動させて、色んなコードフォームになることを覚えておくとコードに対する対応力がグッと上がります。

フォームと合わせて、6弦のどこのフレットが何の音かも合わせて覚えましょう。

5弦と6弦のフレット毎の音程

なお、このコードを平行移動させて使い回す手法は色んなコードで使います。

マスターすると、コード譜をみるだけである程度はパッと弾けるくらいの対応力はつくのでゆっくりマスターしましょう。

また、A7はシンプルでよく使うコードなので、分数コードやテンションコードなど派生コードもあります。

本章ではよく使う、派生コードを紹介していきます。

A7の分数コード

A7の分数コード5種類

実際にプロアーティストの楽曲内で使われている分数コードを5種類拾ってきました。

よく使うのは「A7/G」と「A7/C#」ですね。この2つは覚えておきましょう。

あとの3つはフレーズに組み込む用で、便利に使いまわせるタイプじゃない感じですね。

A7のテンションコード

A7のテンションコード2種

A7(13)

A7(♭13)

A7のテンションコードでよく使うのが13と♭13です。

特に♭13はかなりよく使いますね。

テンションコードを絡めると、ローコードだと活用しづらいのもあって5FのポジションでA7を押さえることが多かったりします。

おしゃれ楽曲ではもちろん、秦基博さんなどポップス曲中心のアーティストの楽曲でもよく登場するので覚えておくと活用できます。

 

A7コード まとめ

A7を押さえているところ
  • A7はラ・ド#・ミ・ソを重ねた4和音コード
  • コード単体は簡単なので、コードチェンジをしっかり練習すべし
  • 分数コードやテンションコードなど派生コードが多い

ぎたすけ

A7というとローコードしか知らなかったよ

たけしゃん

色んなポジションや派生コードを覚えると引き出しが増えて、伴奏の説得力がグッと上がるよ

A7コードの解説でした!

押さえ方も簡単で、色んな場面で使えるコードです。

そのため、色んなポジションや派生コードを覚えると、それだけで伴奏のレパートリーが一気に増やせます。

まずは基本のパターンをしっかりマスターして、少しずつレパートリーを増やしていきましょう!

Aルートのコード解説記事一覧
A A7 Amaj7 Am
Am7 AmM7 Am7-5 Adim
Asus4 Aadd9 Aaug  
7コードの解説記事一覧
C7 C#7 D7 E♭7
E7 F7 F#7 G7
G#7 A7 B♭7 B7