コンデンサーマイクの選び方 ~定番5本を紹介~

ぎたすけ

コンデンサーマイクってシンガーソングライターに必要なの?

たけしゃん

宅録にライブ配信に今やシンガーソングライターには必須なアイテムだよ。今回は選び方からおすすめ製品まで解説するね
この記事でわかること
  • コンデンサーマイクの基礎知識
  • おすすめのコンデンサーマイク

コンデンサーマイクとは

マイクには大きく分けて「ダイナミックマイク」と「コンデンサーマイク」があります。

コンデンサーマイクはこういうの。

microphone01

なんとなくレコーディングで見るマイクってイメージではないですか?

続いてダイナミックマイク

da-mike-1195239-639x816

あ~、よく見るやつね。と思った方も多いのではないでしょうか。

この二つのマイクの違いはなんでしょうか。

コンデンサーマイクの特徴

一般的にマイクといえばダイナミックマイクが出てくることが多いです。

コンデンサーマイクは何が違うのかを紹介していきましょう。

電源が必要

ダイナミックマイクだと、マイクとアンプを繋げれば使えますが、コンデンサーマイクは別途電源が必要。

 

コンデンサーマイク用に使用するのは48Vの「ファンタム電源」

オーディオインターフェースやミキサーにファンタム電源がついているものを使用します。

オーディオインターフェースを購入する際はファンタム電源の有無はちゃんと確認しましょう。

【参考記事】DTMをスムーズに始めるための処方箋check

繊細な音が拾える

ダイナミックマイクに比べて繊細な音を綺麗に拾えます。

ちょっとした息遣いや、リップ音とかも拾ってしまいます。

その分、音も綺麗に拾えますのでレコーディングに最適です。

 

逆にライブハウスで使用すると音を拾いすぎてハウリングしてしまいますので、向いていません。

ライブハウスではダイナミックマイク、レコーディングスタジオや自宅はコンデンサーマイクというのがわかりやすい使い分け方。

管理が大事

環境変化に弱いです。特に湿気は大敵。

梅雨時などはちゃんと乾燥剤を入れたケースにしまったりしないと音が駄目になってしまいます。

劣化するときはいきなり音が変になるというよりは徐々に出力が弱くなってしまいます。

気づけば、何か音が小さいな…なんてことに。

取り扱いには少し気を使う必要があります。

価格が高い

ダイナミックマイクと比べると価格帯は高めです。

入門機で2万円前後というところ。

ダイナミックマイクだと現場で使用されるSM58(通称ゴッパー)でも1万円くらい。

ただ、最近はライブ配信など一般ユーザーの使用が爆発的に増えたので、数千円レベルのコンデンサーマイクも増えました。

指向性

続いて、コンデンサーマイクを選ぶにあたり知っておいた方がよい「指向性」について。

指向性というのは音を拾う向きです。

コンデンサーマイクには三つの指向性があります。

  • 無指向性
  • 単一指向性
  • 双指向性

※出典:ヒビノ株式会社HPより

音楽の用途であれば基本は単一指向性一択です。

 

ただ、最近では多様なライブ配信をやるミュージシャンも多いので指向性については覚えておいて損はありません。

というわけで三つの違いを解説していきます。

無指向性

360度の音を拾う形式です。

どこからの音も均等に拾うため、単一指向性と比べるとハウリングを起こしやすいです。

 

会議など、たくさんの人が話す場合に使うのが一般的で、歌で使うことほとんどありません。

音楽だと、たくさんの人が歌うゴスペル的なものでも使われることはありません。

単一指向性

マイクが向いている方向だけ音を拾うという形式です。

マイクに背を向けて歌ったり、横から歌っても音が拾われません。

一般的なマイクを思い浮かべてもらえればわかりますが、本当に限られた部分しか音を拾いません。

よって、他の指向性マイクと比べてハウリングなどには強いです。

普通にレコーディングやライブ配信に使用するのであれば、単一指向性であれば問題ありません。

むしろ、他のタイプはいりません。

双指向性

前と後ろの音を拾うタイプです。横はあまり拾いません。

使用用途としては対談です。ラジオとか。

これも歌で使うことはあまりないです。

二人で歌う場合は普通は別々にマイクを立てます。

 

配信で演奏以外に対談などをやりたいようであれば持っていると便利です。

コンデンサーマイクの中には単一指向性と双指向性を切り替えできるものもあります。

一本で演奏・対談を対応したい人は選択肢に入れるとよいでしょう。

ダイナミックマイクとの違いをまとめると

さて、定番機種紹介の前にここまでの内容を簡単におさらい。

ダイナミックマイクとの違いを表にするとこんなもん。

コンデンサーマイクは綺麗に音が録れますが、ハウリングに弱い。

そのため、レコーディングや自宅演奏の録音に適しています。

ライブハウス、路上ライブなど周囲の音が大きいところではダイナミックマイクが活躍します。

おすすめのコンデンサーマイク

それではおすすめのコンデンサーマイクをご紹介していきます。

 

コンデンサーマイクの実用的なエントリーモデルは2~3万円周辺。

オーバーするものも含めて宅録の方が良く使われる機種を紹介していきます。

RODE NT-2A

NT-2Aの評価
音質
(3.5)
使いやすさ
(2.0)
価格
(2.5)
総合評価
(2.5)

NT-2Aのコメント

結構昔からの一般ユーザー向けコンデンサーマイクの定番製品RODE NT-2Aです。

ニコ生が始まったくらいの時はこの製品を買っている人が相当いたのではないでしょうか。

 

最初に買う1本としては音の繊細さやバランスなどを考えても申し分ないでしょう。

高音が若干耳に刺さりやすいのでEQでカットしたほうがよいです。

 

悪いところとしてはマイクがとにかく重いです(860g)。

マイクスタンドが弱いとマイクの重みでおじぎしてしまい、中々固定できません。

 

自宅用で使う卓上マイクスタンドも耐えらないことが多々あるので、気を付けましょう。

指向性は「無指向性」「単一指向性」「双指向性」の3つをスイッチで切り替え可能。

ラジオ収録などで対談する予定がある人はこれ1本で対応できます。

 

また、ショックマウントが内臓なので別売りのものを買う必要はありません。

 

僕も今では後述のTLM102をメインマイクにしていますが、それまでメインで使っていました。

これで音源もたくさん作りましたが、必要十分な能力を持ってます。

AKG ( アーカーゲー )  C214

C214の評価
音質
(3.0)
使いやすさ
(5.0)
価格
(3.0)
総合評価
(4.0)

C214のコメント

プロでも良く使われるメーカーとして有名なAKGからAKG C214です。

プロのレコーディングスタジオで定番となっているC414を基にDTMer向け安価版として発売された製品です。

 

RODE NT-2Aとちょっとタイプが違いますが、C214も高音が強くチューニングされています。

ボーカルやアコギを録る場合はEQで高音を処理する必要があります。

 

総合的にはさすが定番機種の安価版。

安定感があり、音質は十分です。

そして、小さくてコンパクト。重さは280gと非常に軽いです。

MEMO
RODE NT-2Aは860gです

大きいマイクのほうが最初はテンション上がりますが、慣れてくると小さくて軽いマイクのほうが断然良いです。

 

特に卓上マイクスタンドなどで使用する想定の方には、ベストマッチします。

宅録用コンデンサーマイクでは最有力と言える1本です。

audio technica ( オーディオテクニカ )  AT4040

AT4040の評価
音質
(3.5)
使いやすさ
(2.5)
価格
(3.0)
総合評価
(3.0)

AT4040の評価

audio technica ( オーディオテクニカ )の定番、  ATシリーズからAT4040です。

 

AT4040を使った感想は「普通」。

ほんとにフラットに作られており、特別なチューニングはされていない印象です。

 

聴きやすいような調整はされていない代わりに変な癖も全くありません。

なので、ミックスする方次第で音作りはいかようにもできるのがAT4040のメリットです。

 

低価格帯マイクだとキラキラさせるために高音域を派手にしていることが多いです。

良く働く場合もありますが高音が悪目立ちしてしまって、どうしようもなくなる時も少なくありません。

 

AT4040では低価格帯マイクにありがちな過剰なチューニングがないため、自身で音を作り込みたい人にとっては最適なマイクとなり得るでしょう。

MXL ( エムエックスエル )  V67G

V67Gの評価
音質
(2.5)
使いやすさ
(2.5)
価格
(5.0)
総合評価
(3.5)

V67Gのコメント

1万円台のコンデンサーマイク希望の星、MXL V67Gです。

 

1万円ジャストで、この音質…。

なんて、お手軽なマイク。低価格モデルのマイクでは最強ではないか。

 

音質はクセがなく、低価格帯に多い高音がギラギラした感じはありません。

逆に言えば大人しい音になりがち。

 

また、良く言われる通りでコンプレッサーをかけたような音です。

音が埋もれないためのEQの調整が難しい。

 

また、本体が589gとやや重め。

卓上マイクスタンドにくっつけると重さでおじぎしてしまうため、ガッチリ目のマイクスタンドを使いましょう。

 

1万円前後の予算でコンデンサーマイクが欲しい場合は最有力候補です。

同価格帯のAT2020よりは音楽ジャンルで使いやすい質感のマイクです。

NEUMANN ( ノイマン )  TLM102

TLM102の評価
音質
(5.0)
使いやすさ
(5.0)
価格
(2.0)
総合評価
(4.0)

TLM102のコメント

プロユースのコンデンサーマイクを製作しているNEUMANN ( ノイマン )  が初めて一般ユーザー向けに製作したマイク、TLM102です。

 

これまでの製品とは価格帯が異なり、7万円台と高め。

ですが、それだけの品質を持ち合わせているマイクです。

 

6kHZ以上の高音を軽くブーストしたチューニングになっており、ボーカル・アコースティックギターがクリアかつ、自然な音で録れます。

 

変な癖がないけど聴きやすい音になっているので、ミックスする時に馴染ませやすく楽に仕上げることができます。

 

また、260gと軽いマイクなので卓上マイクスタンドにも楽々つけられ、小さいので取り回しも楽です。

自宅で宅録、ライブ配信するのに非常に便利な製品です。

 

プロアーティストだと大石昌良さんがライブ配信などで利用されています。

本格的に音楽活動をしていこうと考えるシンガーソングライターにおすすめしたい1本です。

関連記事

コンデンサーマイク NEUMANN(ノイマン) TLM102をレビューする

まとめ

  • コンデンサーマイクはレコーディング・自宅使用向け
  • 自宅で使用していると軽くて小さいマイクがオススメ
  • 2~3万するエントリーモデルで音質などは必要十分

ぎたすけ

ふ~ん、コンデンサーマイクって奥が深いんだなぁ

たけしゃん

シンガーソングライターだと絶対使う機材だから、しっかり勉強したほうが良いね

コンデンサーマイクの解説記事でした!

 

特に今回ご紹介した中でもおすすめなのは「AKG C214」ですね。

音質はもちろん良いし、小さくて軽いので自宅でも使いやすい製品です。

 

良いマイクを買って本格的に音楽活動する方は「TLM102」をおすすめします。僕も使っています。

 

弾き語りをやっているとコンデンサーマイクは「ボーカル」「アコギ」録りで必携のアイテム。

1本は安定したそこそこ良いやつを買うことをおすすめします。