audio technica AT2020USB-Xをレビュー。録音・再生ともに高音質なハイクオリティUSBマイク

audio technica AT2020USB-X

評価:4.5

ぎたすけ

AT2020USB-Xって、前からあるAT2020USB+の新しいやつ?

たけしゃん

そうだよ。音質の向上、ミュートボタンの追加とかブラッシュアップされたUSBマイクだね
補足

レビューのためにaudio technica様にデモ機をお借りしました

AT2020USB-Xの評価
音質
 (5)
使い勝手
 (3.5)
コスパ(約19,580円)
 (4.5)
総合評価
 (4.5)
メリット
デメリット
  • 音質はUSBマイクの中でトップレベル
  • ヘッドホン端子の再生音が非常に良い
  • ダイレクトモニターの音量調整可能
  • ミュートボタンがある
  • エフェクトや専用アプリはない
用途 項目
原稿を読んでいる男性
ライブ配信
音質が非常に良い
どの配信でも便利
マイクを設置しているスタジオ
DTM
使えるが
AT2020のほうがよい
オンラインで仕事しているところ
テレワーク
コンパクトで
音質も非常に良い

サンプル音(トーク)

サンプル音(Vocal)

この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、nana公認クリエイター、IPC VOICE STUDIO公認ボイストレーナーです。
プロフィール詳細お問い合わせ

audio technica AT2020USB-X

audio technica AT2020USB-X
マイクタイプUSBコンデンサーマイク
指向性カーディオイド
サンプリング周波数96kHz / 24bit
接続端子USB-C(USB 2.0)
対応OSWindows 8.1、10、11
macOS Catalina
Big Sur、Monterey
質量約373g
公式サイト

2022年9月発売 audio technicaのUSBマイク AT2020USB-X

高音質USBマイクの代名詞的な存在であるAT2020USB+をブラッシュアップした製品です。

AT2020USB+は今も売れ続けてますが、2014年発売なので、さすがに時代に合わなくなった部分も多々あります。

そういったところをカバーしたのがAT2020USB-Xです。

audio technica AT2020USB-X
左がAT2020USB+、右がAT2020USB-X

まずはAT2020USB-Xの製品仕様から解説していきます。

製品仕様を飛ばして、レビューを読みたい方は<AT2020USB-Xをレビュー>を参照ください。

製品仕様の目次

AT2020USB+との違い

audio technica AT2020USB+とAT2020USB-X
左がAT2020USB+、右がAT2020USB-X

AT2020USB-Xで変わった点

  • 96kHz/24bitに対応(以前は48kHz/16bit)
  • 解像度の高いA/Dコンバーターを採用
  • 高出力ヘッドホンアンプを採用
  • ミュートスイッチの追加
  • 接続端子がUSB-Cに変更(以前はUSB-B)
  • 安定性に優れた専用スタンドに変更

最初は機能面での強化が中心かと思いましたが、一番改善されているのは音質ですね。

AT2020USB+

AT2020USB-X

特にヘッドホン端子の再生音が劇的によくなってます。

audio technica AT2020USB-Xのイヤホン

AT2020USB+だと、ハイインピーダンスのヘッドホンは出力不足でキレイに鳴らせなかったんですよね。

audio technica ATH-R70x
モニターヘッドホンはハイインピーダンスが多い

AT2020USB-Xはハイインピーダンスのヘッドホンも、しっかり大音量で鳴らせます。

しかも、大音量にしてもS/N比は良好で、低音から高音までキレイに出力されますね。

USBマイクはどこの製品も出力が弱いので、AT2020USB-Xの出力の良さには驚きました。

audio technica AT2020USB-Xをマイクアームに取付

USBマイクでヘッドホン出力の音質を重視する人がどれだけいるかは謎ですが、歌配信やFPSなどのゲーム実況では重要な要素です。

96kHz/24bitに対応

audio technica AT2020USB-Xを横から撮影

AT2020USB-Xは96kHz/24bitに対応したUSBマイクです。

AT2020USB+は48kHz/16bitだったので、性能が向上していますね。

配信やテレワークでは48kHz/16bitで十分ですが、音楽制作だと48kHz/24bit録ることが多いです。

24bitにする意味

音を編集する際に24bitのほうが音の劣化が少ない

最近のUSBマイクは96kHz /24bitの製品が少しずつ増えており、AT2020USB-Xもそのトレンドを取り入れてますね。

ミュートスイッチ

audio technica AT2020USB-Xのミュートボタン

AT2020USB-Xは正面下部にミュートスイッチがついています。

タッチセンサータイプで触るだけで、ミュートのON/OFFが切り替わります。

通常時はマイクが青く点灯しており、ミュート時は赤く点灯します。

audio technica AT2020USB-X 通常時
audio technica AT2020USB-X ミュート時

オンライン会議などで、サッとミュートにしたいときに便利ですね。

ダイレクトモニタリング

AT2020USB-Xのダイレクトモニタリングを説明した図

AT2020USB-Xはダイレクトモニタリングを搭載しています。

ダイレクトモニタリングはマイクの入力音声をPCなど介さずに直接ヘッドホンに返す機能です。

PCを介さないため、音が遅延しない点がメリットです。

OBS STUDIO
OBS STUDIOなどのモニター機能は音が遅延する

このダイレクトモニタリングの音量は本体前面の2つのノブで調整します。

audio technica AT2020USB-X 通常時

まず、右のノブがVolumeです。

audio technica AT2020USB-Xのボリューム

Volumeを+に回すと、下図の赤と緑のラインの音量が上がります。

AT2020USB-Xのダイレクトモニタリングを説明した図

マイクの入力音量(青)は上がりません。

相手から声が小さいと言われて、Volumeを上げても意味がないので気を付けましょう。

左のノブはPCからの音声(緑)とダイレクトモニター(赤)の音量バランスを調整するものです。

audio technica AT2020USB-Xのモニターミックス
ノブの操作効果
左に回すダイレクトモニター(赤)が大きくなる
PCからの音(緑)が小さくなる
右に回すダイレクトモニター(赤)が小さくなる
PCからの音(緑)が大きくなる
AT2020USB-Xのダイレクトモニタリングを説明した図

主には自分の声と伴奏の音量バランスを整える際に使用します。

なお、左のノブもマイクの入力音量(青)には影響しません。

マイクの入力音量を変えるには、接続した端末側で調整が必要です。下記を参照ください。

選択したOSの設定方法を表示します

Windowsの場合は右下のサウンドアイコンを右クリックして、「サウンドの設定を開く」をクリックします。

Windowsの右下にあるトレイ
Windowsのサウンド設定ウィンドウ

サウンドの設定画面が開いたら「入力」の中にある「デバイスのプロパティ」をクリックします。

Windowsのサウンドプロパティ

ボリュームでマイクの入力音量を変えられます。

Windowsのマイクのプロパティ

初期値は87になっています。机に置いて40~50cm離して喋るなら、50~60でいいです。

逆に口元にマイクを持ってくるなら、30くらいに下げたほうが良いですね。

声を出すとフェーダーが振れるので、試しながら適切な音量を見極めましょう。


左上のアップルアイコンをクリックして、「システム環境設定」をクリックします。

Macのシステム環境設定

続いて、次の画面では「サウンド」をクリックします。

Macのシステム環境設定2

すると、サウンド画面が開くので、「AT2020USB-X」をクリックしてから、中央の「入力音量」のフェーダーを調整しましょう。

MacOSのサウンドプロパティ

マイクを机に置いて喋るなら、50~60%程度が良いです。

マイクを口元に持ってきたり、歌う場合は30%くらいまで下げると良いでしょう。


iOSは外部マイクの入力音量を変更できる機能がありません。

そこで、入力音量の変更機能がある撮影用アプリ「SHURE MOTIV Video」を使って調整します。

ShurePlus MOTIV Video

ShurePlus MOTIV Video

Shure無料posted withアプリーチ

インストールしたら、AT2020USB-Xをつなげた状態でアプリを立ち上げ、マイクアイコンをタップします。

SHURE MOTIV Videoのトップ画面

すると、外部マイクの音量設定画面が出るので、マイクゲインを調整します。

SHURE MOTIV Videoのマイクゲイン

机に置いてトークするなら50~60%程度で大丈夫です。

口元にマイクをもってきたり、歌う場合は30%くらいまで下げたほうが良いですね。

なお、一度設定してしまえば、アプリを閉じても設定は維持されます。

なので、他のアプリでもここで設定した値が適用されます。


なお、公式の対応OSにiOSは含まれていません。

なので自己責任ですが、nanaやビデオアプリで動作確認したところは正常に動作します(iPhone 13 Proで確認)。

付属品

audio technica AT2020USB-Xの専用スタンド
audio technica AT2020USB-X 付属のケーブル、USB-Cアダプタ、マイクスタンド取付用ネジ
  • USB-C to A ケーブル
  • USB-A to C 変換アダプタ
  • スタンド変換ネジ(5/8-27 – 3/8-16)
  • 専用スタンド

AT2020USB-XはUSB-Cが採用されており、ケーブルや変換アダプタが付属しています。

audio technica AT2020USB-Xの底面

また、付属の専用スタンドはAT2020USB+と比べて安定性が大幅に向上しています。

audio technica AT2020USB-XとAT2020USB+
左がAT2020USB+、右がAT2020USB-X

AT2020USB-Xであれば、卓上で使う際も楽ですね。

なお、マイクスタンドから外して、市販のマイクアームに取り付けることも可能です。

audio technica AT2020USB-Xをマイクアームに取付

また、別売りのショックマウントAT8455を付けると振動ノイズを軽減できます。

audio technica AT8455
audio technica AT2020USB-XをAT8455で専用スタンドに取付
専用スタンドに取付
audio technica AT2020USB-XをAT8455でマイクアームに取付
マイクアーム AT8700Jに取付

振動ノイズ軽減で、どれくらい差があるかサンプル音源を用意しました。

AT8455なし

audio technica AT2020USB-X

AT8455あり

audio technica AT2020USB-XをAT8455で専用スタンドに取付した

AT8455ありはドスドスした振動音がほぼなくなってますね。

タイピングしながら、配信・会議する人はAT8455を買ったほうが良いです。

普通にトークするだけなら、付属品だけで大丈夫です。

 

audio technica AT2020USB-Xをレビュー

audio technica AT2020USB-XをAT8455でマイクアームに取付
ショックマウントは別売り
AT2020USB-Xの評価
音質
 (5)
使い勝手
 (3.5)
コスパ(約19,580円)
 (4.5)
総合評価
 (4.5)

それでは、AT2020USB-Xを細かくレビューしていきます。

はじめにメリット・デメリットを箇条書きでまとめると以下の通りです。

メリット
デメリット
  • 音質はUSBマイクの中でトップレベル
  • ヘッドホン端子の再生音が非常に良い
  • ダイレクトモニターの音量調整可能
  • ミュートボタンがある
  • エフェクトや専用アプリはない

わかりやすく、音質特化型の製品です。

専用アプリやエフェクトなどはないものの、入力・出力ともにトップレベルに音が良いです。

特に出力が良いUSBマイクはAT2020USB-Xくらいしかないので、地味に貴重な製品です。

レビューの目次

USBマイクではトップレベルの音質

audio technica AT2020USB-X 通常時

AT2020USB-Xでボーカルとボイスの両方を録ってみました。

音質は非常に良いですね。USBマイクの中で最も音楽的な音だなと感じました。

サンプル音(トーク)

サンプル音(Vocal)

ボイスも良いですが、ボーカルのほうがマイクの良さを感じますね。

比較できるように他のUSBマイクのサンプル音も一通り用意しました。

AT2020USB+

AT2020USB+の写真

BLUE Yeti X

blue-yeti x

HyperX QuadCast S

HyperX QuadCast LED青

SHURE MV7

SHURE MV7

ボイスに関しては、どれも良く録れていて差はあまりないように感じました。

一方でボーカルに関しては、AT2020USB-Xがワンランク上に聴こえます。

audio technica AT2020USB-Xをマイクアームに取付

XLRマイク&オーディオインターフェイスで録ったような、鮮明で解像度の高い音が録れてます。

また、ゲインに大分余裕があります。

サンプルのボーカル録りも、音量は13%で録ってます。

Windowsの入力プロパティ

小さい音を録る際も音量不足の心配はありません。

イヤホン端子の音質が良い

audio technica AT2020USB-Xのイヤホン

AT2020USB-Xは高出力のヘッドホンアンプを内蔵しており、再生音もかなり良いです。

USBマイクはどこのメーカーも出力が弱いので、AT2020USB-Xと比べるとかなり差を感じますね。

AT2020USB-Xのイヤホン端子は、数万円程度のオーディオインターフェイスと互角の音質です。

YAMAHA AG03MK2 ブラック
AG03 MK2と比べても互角以上の音質

プロユースのイヤモニ・モニターヘッドホンもしっかり鳴らせるだけの能力があります。

歌配信やFPSなどのゲーム配信では、モニターの音質は結構重要ですからね。

再生音の質も良いUSBマイクは非常に貴重な存在です。

機能面はシンプル

audio technica AT2020USB-Xをマイクアームに取付

AT2020USB-Xは同価格帯と比べて、機能は少なくシンプルになっています。

例えば、1万円後半のUSBマイクは複数の指向性を備えています。

HyperX QuadCastの指向性切替
HyperX QuadCast Sは4つの指向性を切替可能

対して、AT2020USB-Xは単一指向性のみです。

単一指向性の図解
正面の音を拾う単一指向性

また、2万円を超えるUSBマイクは専用アプリで、エフェクトなどを使える製品が多いです。

Yeti XのBlue Vo!ce画面。入力ゲインは10くらいでいける
Blue Yeti Xの専用アプリ
SHURE PLUS MOTIVのautoモード
SHURE MV7の専用アプリ

AT2020USB-Xはそういった便利なアプリや機能はありません。

シンプルに音質面のパーツに原価を割いている感じですね。

audio technica AT2020USB-X

マイクやイヤホン端子の音質を考えると、これで2万円以下で出せるのはすごいと思います。

また、機能面がシンプルな分、本体はコンパクトです。

audio technica AT2020USB-XとHyperX QuadCast S
AT2020USB-XとHyperX QuadCast S
audio technica AT2020USB-XとBlue Yeti X
AT2020USB-XとBlue Yeti X

ノートPCとセットで持ち歩けるサイズ感なので、テレワークにも使えます。

audio technica AT2020USB-XとMacBook Pro

エフェクトはなくてもさほど問題ないですし、OBS STDUIOでかけることも可能です。

音質重視でUSBマイクを探している方に非常におすすめできる製品ですね。

 

audio technica AT2020USB-X まとめ

audio technica AT2020USB-Xをマイクアームに取付
  • 2022年9月発売の高音質なUSBコンデンサーマイク
  • 入力・出力ともにUSBマイクの中でトップレベルの音質
  • 機能面はシンプルでコンパクト

ぎたすけ

確かにUSBマイクで再生音の質って、あんまり意識したことなかったな

たけしゃん

最近はUSBマイクの使用範囲が広くなってるからね。モニターの音質は結構大事だよ

audio technica AT2020USB-Xのレビューでした。

ヘッドホンアンプの品質が良いことに驚きましたね。

最近のUSBマイクは多機能が売りの製品が多かったので、久々に音質勝負のガチなマイクがきたなと感じました。

関連記事

BlueのUSBマイクを並べた【2022年】USBマイク おすすめランキングベスト10。参考音源付きで失敗しない選び方を徹底解説! ライブ配信をやっているPCデスク配信用マイク おすすめ10選。配信内容別の選び方や注意点を細かく解説 SHURE MV7SHURE MV7をレビュー。XLR・USB両対応の高性能ダイナミックマイク blue-yeti xBlue Yeti Xをレビュー。超多機能で全部入り的なUSBマイク HyperX QuadCast LED青HyperX QuadCast Sをレビュー。おしゃれで高音質なUSBマイク コンデンサーマイクを10本並べた画像コンデンサーマイク おすすめランキングベスト10【2022年版】 〜プロアーティスト使用マイクも紹介〜