マイクの指向性とは?種類や違いを使い方と合わせて解説する

ぎたすけ

しこうせい?なんのことかさっぱりだな

たけしゃん

簡単に言うと、マイクの音を拾う方向のことだよ

飛ばし読みガイド

指向性とは

たけしゃん

まず、ごっちゃにならないように指向性についての解説をしていきます!

指向性とは「音波の強さが方向によって異なる性質」のこと。

音に関する話だとスピーカーとマイクで指向性という言葉が使われます。

  • スピーカー…特定方向にだけ音を出力する
  • マイク…特定方向の音だけ拾う

このように指向性はスピーカーとマイクでは逆の意味合いになるので注意が必要です。

項目タップで解説に飛びます

スピーカーの指向性

FLEXISPOT E3に機材を載せた

スピーカーの指向性は音楽…というより大会場や特定場所でのアナウンスで活用されます。

スピーカーの指向性事例

  • 迷子の案内でフロア全体に聞こえる指向性のスピーカー
  • 特定の商品コーナーにだけ聞こえる超指向性のスピーカー

このように周知する範囲によって使い分けられています。

会場設営側が最適化するので、プレイヤー側がスピーカーの指向性を意識することはありません。

マイクの指向性

AKG P220をマイクスタンドに取り付けした

マイクは音を拾う角度を選択するために指向性が設定されています。

マイクの指向性事例

  • ボーカルの歌声だけピンポイントで録音したい
  • 会議全体の音を録音したい
  • 対面で話している2人の声だけ録音したい

事例はこんなところ。

以前であれば、ボーカルの歌声だけピンポイントで拾えればよかったわけです。

しかし、昨今だと撮影やテレワークが多くなってきて、様々な指向性マイクを理解しておく必要が出てきました。

たけしゃん

次章から「マイクの指向性」について解説していきます!シンガーはマイクに接する機会が多いので覚えておきましょう
 

マイクの指向性の種類

AKG P120と音楽制作環境

たけしゃん

マイクの指向性は主に3種類!それぞれに使用用途が異なります

※出典:ヒビノ株式会社HPより

指向性 特徴
無指向性 360°の音を拾う
単一指向性 正面の音のみ拾う
双指向性 前後の音のみ拾う

ボーカルや楽器の音楽用途では、上記3つに加えて超単一指向性が加わります。

AKG C7の指向性

※AKG C7の指向性

超単一指向性は正面の音のみ拾う単一指向性から、音を拾う範囲を更に絞ったタイプのマイクです。

高級マイクだと複数種類の指向性を切替可能ですが、普通のマイクはどれか1種類の指向性に対応しています。

それぞれの特徴や使用する場面を掘り下げて解説していきましょう。

項目タップで解説に飛びます

無指向性

無指向性マイク
  • 全方面の音を拾う
  • 雑音など入りやすいので音楽には不向き
  • 会議など多数が話す場に最適

無指向性は360度の音を拾う形式です。

会議など、いろんな方角からの声を漏れなく拾いたい場合に使用されます。

雑音も多量に拾いますし、スピーカーから拾った音を出力するとハウリングするため音楽では使いません。

単一指向性

単一指向性マイクの特徴
  • 正面の音のみ拾う
  • 周りの雑音を拾いにくく、ハウリングにも強い
  • 音楽では最も良く使用される

単一指向性は正面の音のみを拾う形式。

別名でカーディオイドとも呼ばれます。

音楽やMCなど様々な場面で使われるマイクの一般的な指向性です。

超単一指向性

AKG C7の指向性

※超単一指向性のAKG C7の指向性

単一指向性(カーディオイド)の中でも、更に拾う範囲を絞った超単一指向性の「スーパーカーディオイド」「ハイパーカーディオイド」というものも存在します。

音楽でもボーカルや楽器用マイクとして、スーパーカーディオイドは良く用いられます。

SHURE BETA57A

※スーパーカーディオイドマイク SHURE BETA57

スーパーカーディオイドは音を拾う範囲が限定されているため、周囲からの音の回り込みを抑制できます。

そのため、通常のカーディオイドよりハウリングに強かったり、録り音がぼやけずにクッキリします。

一方で音を拾う範囲が狭いため、マイキングには気を使わないと音量がガクッと下がったりします。

例えば、YUIさんがSHURE BETA57を使っていて、マイクにべったり口を付ける姿が特徴的でしたね。

双指向性

双指向性マイクの説明
  • 前後の音のみ拾う
  • 無指向性よりは雑音を拾い辛い
  • 対面での会話や演奏に用いられる

双指向性は前と後ろの音のみ拾う形式です。

ラジオのように対談形式で向かい合って話す場合に使用されます。

音楽でも、誰かとセッションする際に使えそうに見えますね。

しかし、大抵は双指向性マイクは使わずに単一指向性のマイクをそれぞれに立てるようにします。

やはり、ボーカルにそれぞれマイクを立てたほうが音がクリアに聞こえますし、音作りもしやすいからです。

ただ、会場のエアー感が欲しいときに使うのはありなのかもしれません。

そういったわけで双指向性も音楽で使う場面は少ないです。

 

音楽で使う指向性マイク

たけしゃん

音楽で使うマイクの指向性は、ほぼ単一指向性のみです!

基本的に音楽で使うマイクは単一指向性のみです。

マイクを選ぶときも単一指向性のものを選んでおけば、問題ありません。

ぎたすけ

といっても、他の指向性が本当に必要ないのか不安だぞ!

たけしゃん

そうだよね。僕の体験談踏まえて説明するよ

無指向性と双指向性は結局使わない

※出典:ヒビノ株式会社HPより

たけしゃん

僕は最初は3つの指向性全部に対応できるマイクを買いました

僕が最初に購入したのは下記のRODE NT-2Aです。

切り替えスイッチで3つの指向性全てに対応可能。

RODE NT-2A 機能説明

※一番上の指向性スイッチで切り替えができる

しかし…単一指向性以外は全く使いません!

無指向性や双指向性をスタジオセッションなどで活用しようと、チャレンジしたことはあります。

ですが、周囲の音を拾ってしまう上にボーカルの声が遠く感じます。

絶対、単一指向性マイクを必要数用意したほうが良いです。

例えば、シンガーソングライターが対面で演奏し、録音する場合。

双指向性コンデンサーマイク 1本より、ダイナミックマイクで良いので2本用意したほうが確実に良い音で録れます。

そんなわけで音楽用途での使用だけなら、基本的には単一指向性しか使わないです。

超単一指向性の方が良い?

BETA57でレコーディングしてるところ

単一指向性マイクを選ぶと、録音範囲が絞られる超単一指向性のほうが良いと思いがち。

確かに超単一指向性のほうが拾う角度が限定化されて、周囲の音を拾いません。

もちろんハウリングにも強いです。

しかし、実際にボーカルやアコギを録る場合は通常の単一指向性で十分なことが多いです。

実際にライブハウスやリハーサルスタジオでも、定番は単一指向性のSHURE SM58ですしね。

ただし、元々の声量が小さくて繊細な声のボーカルなどは音量を上げつつハウリングを防ぎたいので、超単一指向性のマイクを選ぶのもありです。

女性ボーカルの方は超単一指向性マイクを使ってることが比較的多いです。自身のボーカルの性質に合わせて選びましょう。

 

おすすめの単一指向性マイク

男性ボーカル

単一指向性マイクでもコンデンサーマイクとダイナミックマイクで分かれます。

使用用途で選ぶべきマイクの種類も変わるため、本章ではそれぞれを1本ずつご紹介していきます。

単一指向性 ダイナミックマイク

ライブハウスやリハーサルスタジオでは必ずと言っていいほど常設されているマイク。

SHURE SM58です。

単一指向性のダイナミックマイクでハウリングに強く、主にボーカル向きマイクとして使用されています。

正面以外の音は拾わないので、ステージ上でバンドの音が混じり合ってもボーカルの声だけ綺麗に拾ってくれます。

その代わり、ボーカルの口がマイクから外れると音を全然拾いません。

歌詞やギターを見るときに視線と一緒に口がマイクから離れないように気を付けましょう。

関連記事

SHURE SM58をレビュー。業界標準の超定番ダイナミックマイク

SM58をマイクスタンドに取り付けたところSHURE SM58をレビュー。業界標準の超定番ダイナミックマイク

関連記事

ボーカルマイク おすすめランキングベスト10【2019年】ープロアーティスト使用マイクも紹介ー

ライブで使うボーカルマイクを解説ボーカルマイク おすすめランキングベスト10【2021年】ープロアーティスト使用マイクも紹介ー

超単一指向性 ダイナミックマイク

ゼンハイザーe945

超単一指向性でおすすめのダイナミックマイクはゼンハイザーのe945です。

高音域の抜けが良くて、歌っていて気持ちいいのでマイマイクで選ぶ人が多いですね。

音を拾う範囲は結構タイトに絞られてます。

そのため、マイキングを意識しないと音量にムラが出ます。

一方で音量上げてもハウリングしにくいですし、周りの音も拾いにくいので超単一指向性の利点がしっかり出るマイクです。

単一指向性 コンデンサーマイク

C214の正面写真

レコーディングスタジオではAKG C414が非常に有名ですが、その安価版AKG C214です。

単一指向性のみ対応しており、ボーカル・アコースティックギターを録音するのに適しています。

実際にボーカルとアコギを録った動画がこちら。

音は高音が強めにチューニングされていて、ボーカル録りやアコギ録りには使いやすいですね。

C214は本体サイズが小さく、軽いため取り回しも楽なのも良いところです。

C214の付属品一式

卓上マイクスタンドでも問題なく使えるため、宅録には最適なモデルです。

関連記事

AKG C214をレビュー。DTMで定番の使いやすい人気のコンデンサーマイク

C214の正面写真AKG C214をレビュー。DTMで定番の使いやすい人気のコンデンサーマイク

関連記事

おすすめのコンデンサーマイク ベスト10をランキング形式で解説【プロアーティスト使用マイクも紹介】

コンデンサーマイクコンデンサーマイク おすすめランキングベスト10【2021年版】 〜プロアーティスト使用マイクも紹介〜  

指向性マイクによくある質問

指向性とは何ですか?

ザックリいうと音を発する機械では「音を出力する方向」。音を収音する機械では「音を拾う方向」を意味する。マイクの場合は音を拾う方向・角度を指します。

指向性にはどんな種類がありますか?

主な指向性は正面の音を拾う単一指向性、前後の音を拾う双指向性、360度の音を拾う無指向性の3種類

ボーカルやナレーションで使う指向性はどれですか?

大半が単一指向性を使います。対談では双指向性、会議では無指向性を使うこともあります。

指向性マイク まとめ

  • 指向性は「音波の強さが方向によって異なる性質」のこと
  • 指向性には「無指向性」「単一指向性」「双指向性」がある
  • 音楽で使うマイクの指向性は「単一指向性」

ぎたすけ

音楽で使うのは単一指向性!って覚えておけばいいな

たけしゃん

そうだね。他の指向性も言葉の意味はわかっておいて損はないよ

マイクの指向性についての解説記事でした!

指向性の理解はマイクに音が入りやすい位置の把握にもつながります。

マイキングの基本にもなるので、覚えておくとよいでしょう。

また、単一指向性しか使わないにしても配置位置によって音が変わってきます。

ボーカルだと声質によってマイクとの適切な距離感が違ったりもします。

いろんな角度や距離から実験的に音を録ってみると色々わかることがあるので、おすすめです。

マイクスタンドに取り付けしたマイクおすすめのマイクと利用シーン別の選び方

コンデンサーマイクコンデンサーマイク おすすめランキングベスト10【2021年版】 〜プロアーティスト使用マイクも紹介〜 ライブで使うボーカルマイクを解説ボーカルマイク おすすめランキングベスト10【2021年】ープロアーティスト使用マイクも紹介ー アコギ向けマイク おすすめランキングベスト10を解説