【2022年】USBマイクのおすすめ6選。参考音源付きで失敗しない選び方を徹底解説!

BlueのUSBマイクを並べた

ぎたすけ

USBマイクってどこも一緒な感じするけど、違いとかあるもんなの?

たけしゃん

低価格帯は確かにほぼ一緒だね。でも、ここ数年で用途が拡大しているから違いは知っておいたほうが良いよ

パッと接続できて高音質。非常に便利なUSBマイク。

便利な一方で製品選びに失敗している人が多く、僕もここ数年で色んな相談を受けています。

その相談を受けてきた経験を基にUSBマイクを選ぶポイントを細かく解説していきます。

たけしゃん

ランキングで紹介している製品は全て実機を使って僕が比較・検証しています!

なお、僕はミュージシャンなので歌ってみた、歌枠のライブ配信に詳しいです。

たけしゃん

紹介している機種は全て実機を自分で使って、音質や動作を確認しています!
この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
そのほか雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、IPC VOICE STUDIOの公認ボイストレーナーの資格を持っています。
プロフィール詳細お問い合わせ

USBマイクの特徴

AKG Ara-Y3
AKG Ara-Y3

USBマイクとはUSB接続できるタイプのマイクを指します。

PCマイクと呼ばれるものも、大半がUSBマイクです。

補足

昔は3.5mmステレオ入力のマイクをPCマイクと呼んでいたが、最近はUSBタイプが主流

テレワークで使うだけの方はあまり気にせず、USBマイクを買えばOK。

一方でライブ配信や音楽制作で使う人はXLRマイクとの違いをちゃんと理解して、どっちを買うべきかを考えるのが重要です。

たけしゃん

XLRマイクを買うべきなのにUSBマイクを買って困っている人が未だに多いです。注意してください!

USBマイクとXLRマイク

USB端子とXLR端子
USBマイク
XLRマイク
  • マイク本体だけでPC・スマホ・一部ゲーム機に接続可能
  • 音響ミキサーなどでは使えない
  • Windowsの音楽制作に不向き
  • PC・スマホへの接続にはオーディオインターフェイスが必要
  • 音響ミキサーなどでも使用可能
  • ゲーム機では使えない
  • 音楽制作にも適している

USBマイクとXLRマイクで大きく異なるのは「オーディオインターフェイス」が別で必要かどうかです。

YAMAHA AG03MK2 ブラック
オーディオインターフェイス AG03MK2

XLRマイクはPCとの接続にオーディオインターフェイスが必要です。

XLRマイクとオーディオインターフェイスを使ってPCと接続する図解

オーディオインターフェイスを介して、マイクをPCとUSB接続するわけですね。

対して、USBマイクは内部に簡易なオーディオインターフェイスが内蔵されています。

そのため、マイク単独でPCやゲーム機などとUSB接続して機能します。

USBマイクの中にはオーディオインターフェイスが内蔵されている
audio technica AT2020USB+
補足

ゲーム機での利用はメーカー側は動作保証していないことが多いです

ただし、USBマイクの内蔵オーディオインターフェイスは簡易なものです。

音質や機能面では「XLRマイク + オーディオインターフェイス」と比べて劣ります

USBマイクは歌ってみた、弾いてみたなどの音源・動画制作には不向きです。

AKG Araでレコーディングしているとこと

下記のような用途で使うのに適しているのがUSBマイクです。

  • テレワーク
  • トーク配信
  • ゲーム実況

基本的には喋るだけのシンプルな用途が適しています。

音楽をやる人は「XLR + オーディオインターフェイス」が間違いないです。

また、配信中に手元で音量や設定をサッと調整したい人も 「XLR + オーディオインターフェイス」 のほうが便利です。

もっと詳しい解説はこちら

対応OS

iPhoneを机に載せた画像

USBマイクは基本的にWindows、Macのみ対応と記載されている製品が多いです。

では、iOS、Androidでは使えないのか?というと実際は使えるものが多いです。

ただし、使えるかはスマホ機種やアプリの仕様に依存するため、OS単位で対応・非対応の整理はできないんですよね…。

そんなわけで、対応OSからは外しているメーカーが多いのが実情です。

iOSでの使用

iPhone 13 Pro

まず、接続にはUSB 3 カメラアダプタが必要です。

補足

iPhoneからの電源供給だけだと動かない製品があるため、USBカメラアダプタだと危険です

また、純正品じゃないと動かないケースが多いです。その点も気を付けてください。

そして、iOSだとアプリによって動くものと動かないものがあります。

具体的には通話モードになるアプリではUSBマイクは使えません。

通話モードになるアプリの例

  • Google DUO
  • 電話(iOS純正アプリ)
  • LINE通話
  • Skype

これはUSBマイクの仕様ではなく、OS側の仕様なのでどのメーカーの製品でも一緒です。

ちなみに対応OSにiOSを入れるかはメーカーによってスタンスが異なるようです。

有名メーカーはiOSでも動くことは認知しつつも、慎重を期して対応OSから外しているところが多いです。

たけしゃん

Blueとaudio technicaは一通りの製品を試しましたが動作します。ただ、対応OSではないので自己責任です

Androidでの使用

スマートフォン

AndroidはiOSより更に複雑で、アプリだけでなく端末ごとに大きく仕様が変わります。

参考でZOOM Am7の動作確認済み端末リストを見てみましょう。

ZOOM Am7

機種によって、動くアプリが全然違いますね…。

こんな状況なので、対応OSにAndroidと入れているメーカーは非常に少ないです。

僕は検証機としてSHARP AQUOS Sence2を用意してますが、OS標準のカメラアプリだとUSBマイクは基本反応しないです。

Androidの方は博打になるので、Android単独使用でのUSBマイクの購入はあまりおすすめしません。

 

USBマイクの選び方

blue Snowball iCE
Blue Snowball iCE

続いてはUSBマイクの選び方を細かく解説していきます。

USBマイク市場は2019年くらいから爆発的に製品が増えており、機能面の拡張も著しいです。

一方でマイクを買ったことがない人には違いがよくわからない点も多いはず。

本章では、ザックリした価格帯別の違いから機能の具体的な使い方を解説していきます。

補足

最近のUSBマイクは多機能化しており、項目が非常に多いので目次などをうまく活用ください

USBマイクの選び方 目次

価格帯別の違い

BlueのUSBマイクを並べた
価格帯~5000円~1万円1万円前半1万円後半2万円~
指向性単一指向性単一指向性2種類4種類4種類
ビットレート48kHz / 16bit48kHz / 16bit48kHz / 24bit48kHz / 24bit48kHz / 24bit
音質
イヤホン端子××
ゲインつまみ×××
エフェクト××××
補足

上記機能表はよくある仕様を示したものです。該当しない製品もあるのでご了承ください

ザックリと価格別の機能を示すと上図の通りです。

USBマイクは安いものは数千円。高いもので3万円程度です。

まず、配信など不特定多数に音を届ける用途の人は6,000円以上の製品がおすすめです。

補足

セールなどで安くなってる場合もあるので目安です

大体、6,000円以上のものからグッと音が良くなります。

数千円のものは音が悪いので、社内会議などは良いですが、配信だとあまりおすすめできません。

他の機能についてはこのあと、どういった使い方なのかを具体的に1つずつ解説していきます。

各機能を取捨選択してもらい、最適な価格帯を選択しましょう。

おそらくは大半の方は「~1万円」か「1万円前半」の機種を選ぶのではないかと思います。

コンデンサーマイクとダイナミックマイク

コンデンサーマイクとダイナミックマイクの違い

まずはUSBマイク選びでもよくお題で上がる、コンデンサーマイクとダイナミックマイクについてです。

特徴としては下記のような違いがあります。

コンデンサーマイク
ダイナミックマイク
  • 音の感度が高い
  • 湿度や衝撃に弱い
  • ハウリングしやすい
  • レコーディングでよく使われる
  • 音の感度は普通
  • 湿度や衝撃に強い
  • ハウリングしにくい
  • ライブハウスでよく使われる

僕は基本的には音を繊細にとらえられるコンデンサーマイクを推奨しています。

AT2020USB+の写真
audio technica AT2020USB+

ネットでは「コンデンサーマイクは感度が高く環境音を多く拾うのでダイナミック推奨」という意見をよく見ます。

ですが、僕はそんなことはないと思ってます。

ちゃんと同一条件で比較するとほとんど変わりません。実際に比較用音源を用意しました。

最初はキーボードを強めにタイピングしたもの。もう一つは空気清浄機をMAXにしたものです。

補足

同一条件になるように波形レベルで音量を細かく合わせてます

ダイナミックマイク

SHURE BETA57A

コンデンサーマイク

BLUE baby bottle

ほぼ一緒なのがお分かりいただけたでしょうか?

たけしゃん

本当に同一条件で比較するのが地味に難しいので、誤解されてるだけだと思うんですよね

環境音抑制はマイクのタイプより、指向性・マイキング・音量調整の3つを最適化することが重要です。

マイキング

マイクを設置するポジションのこと。録りたい音に近づけるのが大事

そして、用途によるコンデンサー、ダイナミックの選択は以下の使い分けがおすすめです。

用途おすすめ
音楽・ナレーションコンデンサー
ゲーム実況どっちでもよい
テレワークどっちでもよい

音声がメインコンテンツとなるものはコンデンサーマイクがおすすめです。

そうでないものはどっちでも良いです。ダイナミックマイクでも十分キレイに録れます。

ただ、USBマイクは圧倒的にコンデンサーマイクが多いです。

USBマイクだとコストやスペース的に良質なマイクプリを入れるのは厳しいので、ダイナミックだと品質担保が難しいんでしょうね…。

RME Babyface pro fsの入出力端子
マイクプリはマイクの音を増幅させる超重要なパーツ

そのため、ダイナミックマイクに絞ると選択肢が非常に狭くなります。

また、USBタイプのダイナミックマイクは音量MAXでも音が小さいので、口元にマイクを持ってこないと厳しいです。

ATR2100x-USBをマイクスタンドにつけたところ
ダイナミックだと机にポンと置いて使うのは厳しい

なので、基本的にはコンデンサーマイクを買って入力音量は適正値までちゃんと絞るのがおすすめです。

なお、USBマイクの中にはノイズ除去ソフトが付属する製品もあります。

おすすめで紹介している製品では、BlueのYeti nanoとYeti Xはノイズ除去ソフトがついてます。

Blue Yeti nano
Blue Yeti nano

Yeti nanoでノイズ除去ソフトを使ったときの比較音源はこちら。

ノイズリダクションなし

ノイズリダクション 20dB

空気清浄機の音をキレイに除去しつつ、原音への影響は少ないですね。

Yeti nanoは15,000円くらいなのにノイズ除去ソフトがついてくるので、かなり優秀です。

指向性

マイクの指向性  単一指向性・双指向性・無指向性を説明した図解

指向性とはマイクが音を拾う範囲を示したものです。

USBマイクに採用されている指向性は最大で4種類が多いです。

4種類の指向性を切替できるBlue Yeti Xの指向性を見てましょう。

blue-yeti x
指向性特徴
Blue Yetiの単一指向性
単一指向性
正面の音のみを拾う
1人で使う場合に最適
Blue Yetiの無指向性
無指向性
360度の音を拾う
会議室などで便利
Blue Yetiの双指向性
双指向性
前後の音を拾う
対面トークに最適
Blue Yetiのステレオモード
ステレオ
左右からステレオで拾う
複数楽器の収録に便利
Blue公式HPから引用

最も活用するのは単一指向性です。

自宅でのテレワーク、ライブ配信、各種録音は全て単一指向性で対応しましょう。

ほかの指向性は用途に合わせて使い分けるイメージです。

また、価格別でよくある指向性パターンを記載すると以下の通りです。

価格対応する指向性
5,000円未満単一指向性か無指向性
5,000円~1万円単一指向性
1万円前半単一指向性と無指向性
1万円後半4種類から切替可能
注意

低価格帯で指向性の記載がない製品は無指向性が割と多いです

1万円以上から複数の指向性に対応する製品が増えます。

とはいえ、1人で使うなら単一指向性だけあれば十分です。

ちなみにダイナミックマイクは指向性切替はできないので、単一指向性のみです。

サンプリングレート

サンプリングレートとビットレートの説明

サンプリングレート/ビットレートはザックリいうと音の解像度です。

高いほど、音の解像度が高くなりますが、データサイズは重くなります。

最近のUSBマイクだと、ハイレゾに対応できる仕様の製品が徐々に増えてきています。

AKG Lyra-Y3を斜め横から撮った画像
192kHz/24bitまで対応のAKG Lyra-Y3

一方でUSBマイクで高ビットレートが必要になる人はほとんどいないんじゃないかと思います。

OBSなどのソフトはそもそも44.1kHzか48kHzしか使えません。

OBSのサンプリングレート

また、仮に設定できても音声データのサイズが重くなるので遅延発生リスクが上がります。

結局は44.1kHz / 16bitが安定です。

高ビットレートが必要となる人はUSBマイクでハイレゾ音源作る人くらいです。

DAWを使った音楽制作では48kHz / 24bitを使う人が多いので、制作で使うなら24bit対応したものを選ぶと良いかなというレベルです。

イヤホン端子

AKG Ara-Y3 下部の接続端子

USBマイクは製品によってイヤホン端子の有無が変わります。

大体、1万円以上の製品からイヤホン端子がつきます。

Blue Yeti nanoの下部にある接続端子
どこのメーカーも3.5mmが基本です

イヤホン端子があると、USBマイクにイヤホンを直接接続して音をモニターできます。

一方でPCを使ったテレワークなどでは、PC側のイヤホン端子を使えば良いのでなくても困りません。

ノートPCで作業する女性

逆にライブ配信やレコーディングをする場合はUSBマイクにイヤホン端子が欲しい場面は割と多いです。

また、iPhoneで使う場合もUSBマイク側にイヤホン端子があると便利です。

補足

BluetoothイヤホンはUSBマイクと同時利用できないアプリが割とあります

例えばnanaなどのカラオケ系アプリはUSBマイクにイヤホン端子がないと利用するのは困難です。

nanaはUSBマイクとBluetoothイヤホンの同時使用はできない
nanaの画面

自身の用途を整理して、必要かどうかを判断するようにしましょう。

ゲインつまみ

Blue Yetiの背面
Blue Yetiの背面

ゲインのつまみはマイクの入力音量を調整するものです。

USBマイクにはゲインとボリュームのつまみが存在しますが、ザックリいうと下記の分担になってます。

項目影響範囲
ゲインリスナーに聞こえる音
自分に聞こえる音
ボリューム自分に聞こえる音

ゲインはマイクの入力音量なので、相手(リスナー)に届く音量にも影響します。

対してボリュームは自身のイヤホン音量なので、相手(リスナー)には影響しません。

たけしゃん

配信でリスナーから声が小さいと言われたらゲインを調整しないとだめです

そして、大体1万円半ばくらいの製品から本体にゲインつまみがつくようになります。

配信においてはゲインつまみがあったほうが本体だけで音量調整ができるので楽ではありますね。

Blue Yeti Xのスマートノブ マイク入力音量調整

なお、ゲインつまみがないUSBマイクはOS側のサウンドプロパティから入力音量を調整できます。

それぞれやり方を記載したので、必要な方はタブを開いて読んでください。

選択したOSの設定方法を表示します

Windowsの場合は右下のサウンドアイコンを右クリックして、「サウンドの設定を開く」をクリックします。

Windowsの右下にあるトレイ
Windowsのサウンド設定ウィンドウ

サウンドの設定画面が開いたら「入力」の中にある「デバイスのプロパティ」をクリックします。

Windowsのサウンドの設定画面

ボリュームでマイクの入力音量を変えられます。

付属のスタンドで机に置いて喋る場合は70%くらいで大丈夫です。

Windowsのサウンド入力 調整画面

逆に口元にマイクを持ってきて歌う場合は50くらいまで下げたほうが良いです。

声を出すとフェーダーが振れるので、試しながら適切な音量を見極めましょう。


左上のアップルアイコンをクリックして、「システム環境設定」をクリックします。

Macのシステム環境設定

続いて、次の画面では「サウンド」をクリックします。

Macのシステム環境設定2

すると、サウンド画面が開くので、対象のUSBマイクをクリックしてから、中央の「入力音量」のフェーダーを調整しましょう。

Macのサウンド設定

マイクを机に置いて、喋るだけなら70%くらいで大丈夫です。

マイクを口元に持ってきたり、歌う場合は真ん中くらいまで下げると良いでしょう。


iOSは外部マイクの入力音量を変更できる機能がありません。

そこで、入力音量の変更機能がある撮影用アプリ「SHURE MOTIV Video」を使って調整します。

ShurePlus MOTIV Video

ShurePlus MOTIV Video

Shure無料posted withアプリーチ

インストールしたら、USBマイクをつなげた状態でアプリを立ち上げ、マイクアイコンをタップします。

SHURE MOTIV Videoのトップ画面

すると、外部マイクの音量設定画面が出るので、マイクゲインを調整します。

SHURE MOTIV Videoのマイクゲイン

机に置いてトークするなら70%が良いかなと思います。

口元にマイクをもってきたり、歌う場合は40~50%くらいまで下げたほうが良いです。

なお、一度設定してしまえば、アプリを閉じても設定は維持されます。

なので、他のアプリでもここで設定した値が適用されます。


エフェクト

Blue YetiのBlue Voiceの画面
Yetiシリーズで使えるBlue Vo!ce

最近のハイエンドUSBマイクはWindows、Macで使える専用ソフトが用意されています。

大体使える機能は下記のものが多いですね。

  • ゲイン、ボリューム、指向性の調整
  • エフェクト
  • ノイズ除去

あと、Blueの場合はボイスチェンジャーも使えるようになっています。

Blue Vo!ce3のボイスチェンジャー画面

専用ソフトがついてくるのは2万円以上の製品が中心です。

その中でも、Blue Yeti nanoとBlue Yetiは1万円台で買えて、専用ソフトつきなのでコスパが良いですね。

Blue Yetiの3本
左からYeti nano、Yeti、Yeti X

ちなみに配信でOBS STUDIOを使う人はVSTプラグインが使えるので、OBS側でもエフェクトを使えます。

VSTプラグイン

エフェクトや音源ソフトの規格。音楽制作でよく使われる

なので、OBS主体の人はマイク側のエフェクト機能はなくても問題ないかなと思います。

 

USBマイクのおすすめ 6選

Blue Yeti XをBlue Compassに取付した画像

それでは、おすすめのUSBマイクを6本紹介していきます。

選定に関しては17本のUSBマイクを実機で触っており、その中から価格別で1本ずつの計6本選出しました。

主な選出基準は以下の通りです。

音質
主に自宅でのレコーディング・配信に使うマイクとして音質を「スペック面」「筆者が使ってみた主観」の2軸で評価しています
使い勝手
弾き語りのライブ配信で使った際の利便性を「筆者の主観」で評価しています
コスパ
製品の価格と音質・品質のバランスを17本のUSBマイクで比較して評価しています
総合評価
音質・品質・コスパの3点を合わせて総合的な評価をしています

僕が音楽用途で使っているのもあって、評価軸はやや音質によってます。

また、コスパはUSBマイクを基準にしてますが、「XLR+オーディオインターフェイス」の相場観も加味して評定を付けています。

製品名yopinコンデンサーマイク
Yopin
MPM1000U 正面
MPM1000U
AKG Lyra-Y3をマイクアームにつけたときの画像
Lyra-Y3
Blue Yeti nano
Yeti nano
blue-yeti x
Yeti X
ATR2100x-USBをマイクスタンドにつけたところ
ATR2100x-USB
指向性単一指向性単一指向性4種類2種類4種類単一指向性
タイプコンデンサーコンデンサーコンデンサーコンデンサーコンデンサーダイナミック
イヤホン端子×
ゲインつまみ×××
エフェクト××××
強みコスパコスパ本体機能が充実豊富なエフェクト高音質・多機能XLRと兼用可
音質
(3 / 5.0)
(4 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(3 / 5.0)
総合評価
(3.5 / 5.0)
(4 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4 / 5.0)
付属スタンドありなしありありありあり
実売価格約3,200円約6,630円 約12,780円 約15,510円約24,860円約9,500円
解説詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

Yopin コンデンサーマイク

yopinコンデンサーマイク
Yopinマイクの評価
音質
 (3)
使い勝手
 (3.5)
コスパ(3,200円程度)
 (5)
総合評価
 (3.5)
マイクタイプ USBコンデンサーマイク
指向性 単一指向性
周波数特性20Hz – 20kHz
サンプリングレート 192kHz / 24bit
入力感度-36 dB ± 2 dB

3,000円程度で買えるUSBタイプのコンデンサーマイク Yopin。

音質的にも音楽制作よりはテレワーク、雑談配信などに適したマイクです。

6,000円以上するUSBマイクと比べると、ノイズが多く、音も細いです。

一方でイヤホンマイクなどと比較すると、断然音が良いので低予算で音質高めたい人向けの製品ですね。

Apple純正のイヤホンマイク

Yopin(3,200円程度)

yopinコンデンサーマイク

また、低価格帯では珍しく、本体にミュートスイッチとノイズキャンセリング機能がついています。

ノイズキャンセリングは強力でやや使い辛いですが、ミュートスイッチは非常に便利です。

また、背面にイヤホン端子もついており、安いのに至れり尽くせりになっています。

yopinコンデンサーマイクのイヤホン端子

付属品も必要なものは揃っており、すぐにテレワークで使える手軽さも良いですね。

yopinコンデンサーマイクの付属品

音質的に音楽用途などでは厳しいものの、テレワークや雑談配信では非常に使いやすい製品です。

マランツプロ MPM1000U

MPM1000U 正面
MPM1000Uの評価
音質
 (3.5)
使いやすさ
 (3.5)
価格(6,630円程度)
 (5)
総合評価
 (4)
マイクタイプ USBコンデンサーマイク
指向性単一指向性
周波数特性20Hz – 17kHz
最大SPL 132dB
S/N比 78dB
寸法 158 × 48mm
重量300g
公式HPから引用

安くて音が良いことで人気のマランツプロのUSBマイク MPM1000Uです。

機能面はかなり簡素ですが、6,000円台とは思えない優れた音質が強みです。

実際にボーカルをMPM1000Uで録った動画がこちら。

Girl / 秦基博 ギター弾き語りCover
補足

ギターの音は映像に映っているマイクで録ってます

一方で本体で調整できるつまみなどは一切ありません。

MPM1000U スタンド取付け時

オンライン会議など相手の音声を聞く必要がある場合はPCのイヤホン端子を使いましょう。

付属のマイクスタンドもないので、別途マイクアームなどを買ったほうが良いです。

MPM1000Uの本体と付属品

できるだけ低予算でそれなりの高音質を求めるなら、MPM1000Uが一番強いですね。

AKG Lyra-Y3

AKG Lyra-Y3を上から撮った画像
Lyra-Y3の評価
音質
 (4.5)
使いやすさ
 (4)
汎用性
 (4)
価格(実売12,780円程度)
 (4.5)
総合評価
 (4.5)
マイクタイプ USBコンデンサーマイク
指向性 フロント
フロント&バック
タイトステレオ
ワイドステレオ
周波数特性20Hz~20kHz
サンプリング周波数 192kHz / 24bit
対応OS Windows、Mac
Android、iOS
寸法(W×H×D)110×250×123mm
重量920g
(スタンド含む)
公式サイトより引用

プロユースのマイクメーカーとしても有名なAKGのUSBマイク Lyra-Y3。

本体の機能面で言うとUSBマイクでトップクラスです。しかも安いです。

指向性は本体スイッチで4種類から選択できます。

指向性特徴
Lyraの指向性 Front
フロント
正面の音を拾う
ボーカル・ナレーション向き
Lyraの指向性 Front&back
フロント&バック
全面の音を均一に拾う
対談やデュエット向き
Lyraの指向性 Tight Stereo
タイトステレオ
前面の音をステレオで拾う
楽器の収録向き
Lyraの指向性 Wide Stereo
ワイドステレオ
前面、背面をステレオで拾う
ライブレコーディング向き

更にサンプリングレートは192kHz / 24bitまで対応しています。

フロント(単一指向性)を使って、ボーカル・アコギを別録りした動画がこちら。

しわあわせ / Vaundy アコースティックカバー

USBマイクの中ではかなり高音質な部類に入りますね。さすが、AKGです。

付属で卓上マイクスタンドが付いていますが、取り外してマイクアームなどにも取付可能です。

AKG Lyra-Y3を正面から撮った画像
AKG Lyra-Y3をマイクアームにつけた正面から撮った画像

さらに付属でDAWのAbleton Live 10 Liteのダウンロードコードもついてきます。

AKG Lyra-Y3付属のAbleton Liveの紙

本体機能、付属品まで非常に充実した製品です。

このクオリティの製品が1.2万円程度とは恐るべきコスパです。

ちなみにLyra-Y3には機能を絞って、価格を抑えたAra-Y3という下位モデルもあります。

AKG ara-Y3
Ara-Y3
AKG Lyra-Y3
Lyra-Y3
指向性2種類4種類
ビットレート96kHz / 24bit192kHz / 24bit
ゲインつまみなしあり
最大音圧レベル120dB129dB
実売価格約10,780円約12,600円

Ara-Y3でも機能面は十分すぎるレベルですね。

大きな違いはゲインつまみの有無です。本体で入力音量を調整したい人はLyra-Y3を選びましょう。

Blue Yeti nano

Blue Yeti nano
Yeti nanoの評価
音質
 (4)
使いやすさ
 (4)
汎用性
 (5)
価格(15,510円)
 (4)
総合評価
 (4.5)
マイクタイプ USBコンデンサーマイク
指向性 単一指向性
無指向性
周波数特性20Hz~20kHz
サンプリングレート 48kHz / 24bit
対応OS Windows、Mac
寸法
(縦×横×高さ)
10.9cm × 9.6cm × 21.1cm
(スタンド装着時)
重量630g
公式サイトより引用

こちらもプロユースで有名なマイクメーカーBlueのUSBマイク Yeti nanoです。

BlueのUSBマイクは多機能・高音質。そして優れたデザインで世界的に人気が高いです。

マイクの音質はさすがBlueだけあって良好です。

フラットでクリアな音質になっています。ボーカル・アコギを別々で録った動画はこちら。

夕凪の街 / 秦基博 アコースティックCover
補足

録音時にBlue Vo!ceのエフェクトを切り忘れました…。配信用のプリセットで演奏してます

エフェクトOFFのサンプル音

クリアで聴きやすい音質です。

専用ソフトであるBlue Vo!ceを使うとノイズ除去やEQ、コンプレッサーなどのエフェクトが使用できます。

Blue Yeti nano専用ソフトウェア

このソフトはボイスチェンジャー機能も搭載されており、色んな声色も出せます。

エイリアン

幽霊が出る

使いどころが難しい気もしますが、こういった音声プリセットが19種類用意されています。

更にはロジクールの対応キーボードを購入することで、キーボードに設定をアサインさせて効果音を出すことも可能です。

G HUB キーボードに色んな効果音をアサインさせてみた
色んな音をキーボードにアサインさせてみた
補足

Blueはロジクール傘下のメーカーなので、ロジクール製品とソフト連携可能です

喝采

失敗

ピー音

かなり色んな事ができます。

1.5万円程度で買えるUSBマイクで、これだけの機能性はすごいです。

なお、Yetiシリーズは現行3機種あって、機能を比較すると以下の通りです。

タイトルBlue Yeti nano
Yeti nano


Yeti
blue-yeti x

Yeti X
指向性2種類4種類4種類
ビットレート48kHz/24bit48kHz/16bit48kHz/24bit
ヘッドホン端子
エフェクト
ゲインつまみ×
モニターMIX××
LEDカスタム××
実売価格15,510円18,810円24,860円

本体にゲインのつまみが欲しい人は上位モデルを選択しましょう。

ちなみに中間モデルのYetiは開発時期が古いようでBlue Vo!ceとの連携が悪いです。

専用ソフトをフル活用したい方はYeti nanoかYeti Xのどちらかにしたほうが良いです。

Blue Yeti X

blue-yeti x
Yeti Xの評価
音質
 (4.5)
使いやすさ
 (4.5)
汎用性
 (5)
価格(24,860円)
 (3.5)
総合評価
 (4.5)
マイクタイプ USBコンデンサーマイク
指向性 単一指向性
無指向性
双指向性
ステレオ
周波数特性20Hz~20kHz
サンプリング周波数 48kHz / 24bit
対応OS Windows、Mac
サイズ
(スタンド装着時)
11cm × 12.2cm × 28.9cm
重量519g
公式サイトより引用

Blue Yetiシリーズの上位モデル Yeti Xです。

本体機能も充実しており、Windows、Macで使える専用ソフトでのカスタマイズ性もすごいです。

音質はUSBマイクの中ではトップレベルに良いです。

また、内蔵マイクプリの質が良いようで他の製品と比べてゲインに大分余裕があります。

Blue Yeti Xのスマートノブ マイク入力音量調整

入力音量はかなり下げたほうが良いですね。

僕が使った感じの目安だとトークなら20~30。歌なら10~15くらいで十分です。

Yeti XのBlue Vo!ceの画面
ボーカルREC時は10で録りました

実際にボーカル、アコギをYeti Xで録った動画がこちら。

踊り子 / Vaundy アコースティックCover

このレベルなら1万円のXLRマイクと1万円のオーディオインターフェイスを買うのと互角くらいかなと思いました。

一方で大分大きめなので、購入前に置き場所は確保しといたほうが良いです。

Blue Yeti Xとaudio technica AT2020USB+
Yeti XとAT2020USB+

そして、Yeti nanoと同様に専用ソフトのBlue Vo!ceを使ってエフェクトやボイスチェンジャーを使えます。

Blue Vo!ce3のボイスチェンジャー画面

更にYeti Xは専用ソフトからLEDライティングの色をカスタマイズも可能です。

Blue Yeti-XのBlue Voice画面。本体のLEDライトをカスタマイズできる

デフォルト

Blue Yeti Xのスマートノブ マイク入力音量調整

インジケーターの色を変えてみた

Blue Yeti Xのスマートノブ メーターの色を変えてみた

ボタンの色を変えてみた

Blue Yeti Xのスマートノブ ボタンの色を変えてみた

音から見た目まで専用ソフトで細かくカスタマイズできます。

ここまでの機能がUSBマイクで必要な人はどれだけいるのだろうか…?と思ってしまうレベルに高機能です。

Yeti Xを買えば機能面で困ることはないですね。

audio technica ATR2100x-USB

ATR2100x-USB
ATR2100x-USBの評価
音質
 (3)
使いやすさ
 (3.5)
汎用性
 (4.5)
価格(9,500円程度)
 (4)
総合評価
 (4)
マイクタイプダイナミックマイク
USB・XLR 両対応
指向性 単一指向性
周波数特性50Hz~15kHz
サンプリング周波数 192kHz / 24bit
対応OS Windows、Mac
外形寸法φ51×183mm
重量約268g
公式サイトより引用

audio technicaのUSB・XLR両対応マイク ATR2100x-USB。

本体下部にUSB-C端子、XLR端子の両方が搭載されており、PCにも音響機器にも接続可能です。

ART2100x-USBの接続端子

また、イヤホン端子もついており、直接イヤホンを接続して音をモニターできます。

ATR2100x-USBのイヤホンジャックと音量ツマミ

音質はまあまあというレベルです。

コンデンサーマイクと比べると、音がこもり気味ですが音楽用途でも使えるレベルにはなっています。

実際にボーカル、アコギをATR2100x-USBで別録りした動画がこちら。

Bye by me / Vaundy アコースティックCover

まあ、普通のダイナミックマイクといった感じです。

とはいえ、この音質レベルでUSB・XLR両対応の製品を1万円で出せるのはすごいです。

audio techinicaの製品は質が良くて安いものばかりで、いつも感心します。

ATR2100x-USBは卓上マイクスタンドが付属します。

ATR2100x-USBをマイクスタンドにつけたところ

ただ、ダイナミックマイクなので口元から離すとゲインをMAXまで上げても音量が不足しがちです。

そのため、マイクアームなど別で用意して口元にマイクを持ってくることをおすすめします。

なお、マイクの円周が太くて普通のマイクホルダーは入りません。

ATR2100x-USBは普通のマイクより大きい

別売りマイクスタンドを使うときは、付属のスタンドからマイクホルダー部分だけ外して転用しましょう。

ATR2100x-USB付属のマイクスタンドはホルダー部分が外せる
 

USBマイクの選び方 まとめ

製品名yopinコンデンサーマイク
Yopin
MPM1000U 正面
MPM1000U
AKG Lyra-Y3をマイクアームにつけたときの画像
Lyra-Y3
Blue Yeti nano
Yeti nano
blue-yeti x
Yeti X
ATR2100x-USBをマイクスタンドにつけたところ
ATR2100x-USB
指向性単一指向性単一指向性4種類2種類4種類単一指向性
タイプコンデンサーコンデンサーコンデンサーコンデンサーコンデンサーダイナミック
イヤホン端子×
ゲインつまみ×××
エフェクト××××
強みコスパコスパ本体機能が充実豊富なエフェクト高音質・多機能XLRと兼用可
音質
(3 / 5.0)
(4 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(3 / 5.0)
総合評価
(3.5 / 5.0)
(4 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4 / 5.0)
付属スタンドありなしありありありあり
実売価格約3,200円約6,630円 約12,780円 約15,510円約24,860円約9,500円
解説詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
  • USBマイクはトーク系のライブ配信やテレワーク向け
  • 高度な制作用途ではXLRマイク+オーディオインターフェイスにするべし
  • 環境音対策は指向性・マイキング・音量調整の最適化がカギ

ぎたすけ

すごい色んな機能があるんだな。思ったより色んな事ができてびっくりだぞ

たけしゃん

ここ数年で急激に多機能化したんだよ。USBマイクは今後もどんどん進化していくと思うよ

USBマイクの選び方についてでした!

基本的にはおすすめで紹介した製品なら、音質的にはどれも全く問題ありません。

あとは本人の使い方次第です!

特に環境音の混入を抑えるにはマイクの使い方をちゃんと覚えるのが重要です。

相談でサンプル音を聴かせてもらっても、そもそもの入力音量が高すぎる人が多いので絞るように意識しましょう。

関連記事

C414XLIIでギターのレコーディングしているところマイクスタンド おすすめ4選。失敗しない選び方を徹底的に解説 audio technica ATL458A【XLR】マイクケーブル おすすめランキングベスト5。演奏動画付きでケーブルを比較! コンデンサーマイクを10本並べた画像コンデンサーマイク おすすめランキングベスト10【2022年版】 〜プロアーティスト使用マイクも紹介〜 BETA58とSM58【2022年】ダイナミックマイク おすすめランキングベスト10。ライブ、配信の両方で使える選び方を解説 audio technica AE3300ボーカルマイク おすすめランキングベスト10【2022年】ープロアーティスト使用マイクも紹介ー C414XLIIでギターのレコーディングしているところアコギ向けマイク おすすめランキングベスト10。ギター録音に適したマイクの選び方を解説