audio technica AT4050をレビュー。高解像度でフラットな特性が使いやすいコンデンサーマイク

audio technica AT4050

評価:4.5

ぎたすけ

AT4050はいかにもコンデンサーマイクらしい見た目でテンションあがるな!

たけしゃん

AT4050はプロ向けのレコーディングスタジオでもよく置いてある、定番のマイクだね
補足

オーディオテクニカ様からデモ機をお借りしました

AT4050の評価
音質
 (4.5)
使いやすさ
 (4.5)
価格(7.7万円程度)
 (5)
総合評価
 (4.5)
メリット
デメリット
  • フラットでクリアな音
  • ボーカルから楽器まで万能に使える音
  • 指向性など本体機能が豊富
  • 品質に対して価格が安い
  • とくになし

AT4050でボーカルを録った曲

静かな夜 Lyric video【オリジナル】
この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、nana公認クリエイター、IPC VOICE STUDIO公認ボイストレーナーです。
プロフィール詳細お問い合わせ

audio technica AT4050

audio technica AT4050
マイクタイプ XLRコンデンサーマイク
指向性単一指向性
無指向性
双指向性
周波数特性20Hz – 18kHz
最大SPL149dB S.P.L.
SN比(1kHz at 1Pa)77dB
重量510g
公式HP

audio technicaの代表的なコンデンサーマイク AT4050

高品質で万能に使えるサウンド特性から、レコーディングスタジオでも定番のマイクです。

audio technica ATシリーズの中でも上位にあたるモデルですね。

主なコンデンサーマイク

製品名特徴
AT2020
AT2020
低価格でシンプルなマイク
実売価格 12,000円
AT2035の正面画像
AT2035
低ノイズで付属品も充実
実売価格 17,800円
AT2050を正面から撮った写真
AT2050
指向性切替可能なマイク
実売価格 25,000円
AT4040の正面画像
AT4040
DTMで定番の人気製品
実売価格 32,000円
audio technica AT4050
AT4050
プロユースの定番マイク
実売価格 77,000円

それでいて、7万円台で買えるので、宅録で使っている人も比較的多いですね。

audio technica AT4050 斜め

フラットで低音から高音までバランスの取れたサウンドは非常に使い勝手が良いです。

まずは、AT4050の製品仕様から解説していきます。

仕様を飛ばして、レビューを読みたい方は<AT4050をレビュー>を参照ください。

製品仕様の目次

指向性

マイクの指向性 単一指向性・双指向性・無指向性を説明した図解

AT4050は3つの指向性を切替できるようになっています。

切替スイッチは本体正面下に付いています。

audio technica AT4050 指向性

歌や楽器のレコーディングなどは、ほぼ単一指向性のみで対応します。

指向性特徴
単一指向性の図解
単一指向性
正面の音のみを拾う
1人で使う場合に最適
双指向性の図解
双指向性
前後の音を拾う
対談などで便利
無指向性の図解
無指向性
360度の音を拾う
会議室などで便利

対談やバンドの一発録りなどで利用する場合は、他の指向性も使う場合もありますね。

レコーディングする際は、本体の指向性スイッチの位置を確認してから始めましょう。

ローカット・PAD

audio technica AT4050 ローカットフィルター
audio technica AT4050 PADスイッチ
ローカット80Hzのハイパスフィルター
PAD -10dBの減衰

AT4050は本体にローカットフィルターとPADがついています。

自宅でボーカルレコーディングする分にはあまり使わないですが、色んな楽器を録る人には便利ですね。

また、ローカットフィルターはPCやエアコンの動作音に有効なことがあります。

配信でAT4050を使う場合にローカットフィルターをONにしてみるのも良いでしょう。

AT4050に合うマイクスタンド

audio technica AT4050 横から撮った

AT4050は重量 510gとやや重めのマイクです。

また、高級マイクなので、倒れることがないようにマイクスタンドは安定したものを選びましょう。

マイクスタンドであれば、定番のKCのブームスタンドがおすすめです。

デスクで使うマイクアームであれば、audio technica AT8700Jがおすすめですね。

audio technica AT4050の下部分
AT8700J

付属品

audio technica AT4050のケース
AT4040の金属製ショックマウント

AT4050は専用ケース、ダストカバー、ショックマウントが付属しています。

ちなみにショックマウントはAT8449aが付属しています。

過去に付属していたAT8449は使い辛かったのですが、AT8449aになって改善されています。

AT4050 ショックマウント
過去に付属していたAT8449
AT4040の金属製ショックマウント
現行のAT8449a

口コミを見ると、昔の書き込みでショックマウントが使い辛いとコメントがあったりします。

しかし、現行のAT8449aは非常に使いやすいので、心配いりません。

 

audio technica AT4050をレビュー

audio technica AT4050 ポップガード付き
AT4050の評価
音質
 (4.5)
使いやすさ
 (4.5)
価格(7.7万円程度)
 (5)
総合評価
 (4.5)

それでは、AT4050を細かくレビューしていきます。

はじめにメリット・デメリットを箇条書きでまとめると以下の通りです。

メリット
デメリット
  • フラットでクリアな音
  • ボーカルから楽器まで万能に使える音
  • 指向性など本体機能が豊富
  • 品質に対して価格が安い
  • とくになし

非常に使いやすいですね。

ボーカル、アコギ録りのどちらで使っても、すごく良い音でした。

海外ブランドのマイクが大きく値上がりしてる中で、AT4050は価格が変わってない点も地味に大きいですね。

レビューの目次

フラットで情報量の多いサウンド

audio technica AT4050 斜め

AT4050でボーカル、アコギを録ってみました。

どちらも非常にクリアでクセのない良質な音が録れます。すごく良いです。

ボーカル

静かな夜 Lyric video【オリジナル】

アコギ

フラットで万能に使えますが、それでいて魅力ある音なんですよね。

ボーカル録りしていても、情報量が多く、細かいニュアンスもキレイに再現してくれます。

audio technica AT4050

高音もしっかり出ており、メインパートに使っても物足りなさなどは一切ありません。

録っていて、すごく良いマイクだなと感じました。

品質の割に値段が安い

audio technica AT4050 横から撮った

AT4050の実売価格は77,000円程度です。

品質の割には大分安く買えます。レコーディングスタジオの定番マイクの中で最も安い部類ですね。

しかも、最近はどこも値上がりがすごい中、AT4050は値段が変わってないんですよね。

例えば、よく比較されるNEMANN TLM 102は僕が買ったときは65,000円くらいでした。

TLM 102を手で持っている写真

2022年現在だとTLM 102は9万円程度が相場です。

海外メーカーはどこも大きく値上がりしているので、結果的にAT4050は品質の割に非常に安い製品になっています。

予算10万円以内なら、間違いなくトップレベルのマイクです。

競合製品との比較

製品audio technica AT4050
AT4050
TLM102
TLM 102
AKG C314
C314-Y4
メーカーaudio technicaNEUMANNAKG
指向性3種類単一指向性4種類
本体機能ローカット
PAD
なしローカット
PAD
音の特性フラット煌びやかフラットでシャープ
実売価格 約77,000円 約90,000円約69,800円
ECサイト公式ストア
Amazon
楽天市場
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
Yahoo!

最後は競合製品との比較です。

価格帯が近いNEMANN TLM 102とAKG C314-Y4と比較していきます。

まずはNEMANN TLM 102との比較です。

TLM 102はハイ上がりの煌びやかなサウンドで、AT4050はフラットなのでキャラクターが違います。

TLM102
ハイトーンの男性ボーカルや女性ボーカルだと、TLM 102のほうがハマる人が多いかなと感じます。

対して、ボーカル・楽器ともに相性を気にせずに万能に使えるのはAT4050ですね。

続いて、AKG C314-Y4との比較です。

AKG C314

フラットで万能タイプなので、キャラクター的にはAT4050と近いです。

ただ、個人的にはAT4050のほうが音の解像度や立体感でワンランク上かなと感じます。

もともと、AT4050とよく比較されるのは上位モデルのC414 XLSだったので、C314-Y4だと若干分が悪いんですよね。

AKG C414 XLS
C414 XLS。大幅に値上がりして12万円程度になった

C314-Yも良いマイクなんですが、7万円するならAT4050を買ったほうがいいかなと感じます。

audio technica AT4050

予算10万以下でフラットな特性のマイクなら、AT4050が非常に強いですね。

 

audio technica AT4050 まとめ

audio technica AT4050
  • レコーディングスタジオでも定番のコンデンサーマイク
  • フラットな特性で音の解像度も高い、質の良いマイク
  • 昨今の値上がりラッシュでも価格が変わらず、コスパが非常に良い

ぎたすけ

海外メーカーのマイクって、そんなに値上がりしてたんだな

たけしゃん

2022年になってからどこも一気に上がったね。AT4050が未だに10万円未満で買えるのは地味にすごいよ

audio technica AT4050のレビューでした!

軒並み値上がりしているなかで、未だに10万円未満で買える高品質なマイクです。

といっても、いつ値上がりするかわからないので、10万円未満で買えるうちに買っておくことをおすすめします!

関連記事

NEUMANN TLM103NEUMANN TLM 103をレビュー。10万円台で買えるプロユースのコンデンサーマイク TLM102NEUMANN TLM 102をレビュー。ボーカル・アコギ録りに最適な高音質コンデンサーマイク NEUMANN U87aiNEUMANN U 87Aiをレビュー。レコーディングスタジオで定番の有名コンデンサーマイク コンデンサーマイクを10本並べた画像コンデンサーマイク おすすめランキングベスト10【2022年版】 〜プロアーティスト使用マイクも紹介〜 PCで音楽制作している環境オーディオインターフェイス おすすめランキング ベスト10【2022年】配信、歌ってみたに適した機種を徹底解説 audio technica AT4050 ポップガード付き歌ってみたのおすすめマイク 10選。自宅での録音に必要なアイテムも合わせて解説