Gmaj7の押さえ方。よく使うコードフォームからバリエーションまで解説

Gmaj7のギターコードフォーム 3種類

ぎたすけ

ギターコードの解説か。Gmaj7ってよく出てくるけど、微妙に難しくて結局Gで弾いてるんだよな

たけしゃん

ローコードのフォームは少し癖あるよね。使いやすいフォームも記事内で解説していくね

ギターコード 一覧表に戻る

Gmaj7の押さえ方

Gmaj7の構成音とギターコードフォーム

複雑で大人っぽい音がするコード Gmaj7。

登場頻度も高く、曲の雰囲気決めにおいても重要な役割を果たすコードです。

譜面上ではGmaj7、GM7、G△7といった表記で記載されます。

押さえ方は指3本で3箇所を押さえるシンプルなコードフォームです。

ギターでGmaj7を押さえているコードフォーム

薬指と中指が下の弦に触れることがないように指を立てて押さえましょう。

最初は指が窮屈に感じると思いますが、手がコードフォームの形を覚えれば慣れてきます。

Gmaj7の基本コードフォームといえば、どこのサイトや教本見てもこのコードフォームなのですが…。

Gmaj7の基本コードフォーム

ぶっちゃけ、使いません。上手い人でこのGmaj7をメインに使ってる人は僕は見たことがないです(苦笑)。

とはいえ、簡単なのでまずは練習として上記フォームやるのはいいと思います。

ただ、実際の楽曲で使ってみるとコードチェンジが無駄にしんどいので、慣れてきたら次章で紹介するコードフォームにさっさと乗り換えることをおすすめします。

 

Gmaj7の色んなコードフォーム

Gmaj7のギターコードフォーム 3種類

パターン①

パターン②

パターン③

Gmaj7で主に使うコードフォームは上記3種類。

また、下記のフォームも秦基博さんがメインで使っており、使い勝手がいいのでおすすめです。6弦は親指で押さえます。

Gmaj7のコードフォーム2

音色的に使いやすいし、6弦を親指で押さえるのも慣れると普通にいけます。

ただ、手が小さい人はきついかも。手が小さいmiwaさんは親指で押弦していないですしね。

万能で使いやすいのはパターン③ですね。こちらは星野源さんや竹内アンナさんがよく使ってるフォームです。

Gmaj7のコードフォーム3

6弦を押さえる指は親指でもいいですし、中指でもOKです。

僕は6弦を親指で押さえてましたが、中指の方がテンションコードを絡ませたり、おかずフレーズをさっと入れるときには便利ですね。

また、6弦ルートのmaj7コードはほぼパターン③のフォームで対応します。

どのフレット位置で弾くと、どのmaj7コードになるか覚えておくと対応力がグッと上がります。

6弦のフレットと音程

ギター6弦の各フレットの音

6弦3Fで上記フォームを押さえるとGmaj7になり、5Fで押さえるとAmaj7となります。

maj7はこの要領で一気に覚えてしまうと楽ですね。

特にアコギとエレキ(セミアコ)の両方を弾く人は絶対、この覚え方をおすすめします。

エレキ(セミアコ)だとローコードのmaj7って使い辛いので、ハイポジションで弾くことが大半なんですよね。

 

Gmaj7 まとめ

ギターでGmaj7を押さえているコードフォーム
  • Gmaj7はソ・シ・レ・ファ#で構成されたコード
  • Gmaj7はローコードはあまり使われていない
  • maj7共通のコードフォームと6弦の音を覚えて色んなmaj7を一気に覚えよう

ぎたすけ

えー、ローコードって使わないのか!

たけしゃん

上手い人で使ってる人が少ないってだけだよ。僕もローコードはたまに使うし、使っちゃダメなわけじゃ無いからね

Gmaj7の解説でした。

よく出てくる主要コードだからこそ、音色やコードチェンジの楽さにはこだわったほうがいいですね。

また、コードサイトが載せてるフォームってプロは意外と使ってなかったりするので、アーティスト本人が監修しているギタースコアを買ってみると色々わかっておすすめですよ。

Gルートのコード解説記事一覧
G G7 Gmaj7 Gm
Gm7 GmM7 Gm7-5 Gdim
Gsus4 Gadd9 Gaug  
maj7コードの解説記事一覧
Cmaj7 D♭maj7 Dmaj7 E♭maj7
Emaj7 Fmaj7 G♭maj7 Gmaj7
A♭maj7 Amaj7 B♭maj7 Bmaj7