Gadd9の押さえ方。よく使うコードフォームやバリエーションを解説

Gadd9のよく使うギターコードフォーム 3種類

ぎたすけ

コードの解説か。Gadd9って難しそうな名前だから全然使ってないけどGと何が違うの?

たけしゃん

Gに9thっていうおしゃれな音が入るんだよね。アコギ弾き語りではトップレベルによく使う便利コードだよ

Gadd9コードの押さえ方

Gadd9の構成音とギターコードフォーム

フォームも簡単でおしゃれな音がする便利コード Gadd9。

アコギ弾き語りではCadd9と並んで、多用される主要コードです。

押さえ方は指3本で3箇所を押さえるシンプルなフォームです。

ギターでGadd9を押さえているところ

各指をしっかり立てて、下の弦に富れることがないように押さえましょう。

また、1弦が鳴るとG6(9)になってしまうので1弦はしっかりミュートします。

1弦をミュートしたくない場合は1弦3Fを追加で押さえましょう。

Gadd9のギターコードフォーム2

上記のフォームでもGadd9になります。このフォームも結構使います。

Gadd9はよく使うコードなので、何種類か違うフォームも用意して音色を微妙に変えていけると伴奏がワンパターン化せずに済みます。

 

Gadd9のフォームバリエーション

Gadd9のよく使うギターコードフォーム 3種類

パターン①

パターン②

パターン③

Gadd9でよく使うコードフォームは上記3種類。

僕はストロークもアルペジオもパターン①をメインに使っています。

パターン③も少し音色が変わるので、バリエーションでちょこちょこ使ってますね。

また、パターン①のフォームで1弦の開放弦を鳴らす、G6(9)というコードもアルペジオでたまに使います。

G6(9)のギターコードフォーム

複雑な音になるので、ストロークではやや使い辛いですがアルペジオだと良いアクセントになってくれます。

Gadd9の分数コード

Gadd9の分数コード

Gadd9は分数コードもよく使います。

よく出てくる分数コードは上記の4種類です。

特にGadd9/F#とGadd9/Bの2つは頻出コードなので押さえておきましょう。

補足

Gadd9/F#は上記のフォームで1弦をミュートしたパターンもよく使うので両方覚えておこう

Gadd9の分数コードは前後のコードとベースラインを繋げて滑らかにするために多用されます。

前後のコードを見て分数コードにすることでベースラインを階段にできるようなら、試しに入れてみると良いでしょう。

 

Gadd9 まとめ

AKG C7でレコーディングしてるところ
  • Gadd9はソ・シ・レ・ラで構成されたコード
  • 簡単に押さえられて、おしゃれな便利コードで弾き語りでは多用されている
  • フォームのバリエーションや分数コードなども押さえて使い分けできるグッド!

ぎたすけ

Gadd9ってこんなに使い分けするのか。面倒だなぁ…

たけしゃん

弾き語りみたいなシンプルな伴奏は、その一手間で伴奏の説得力に差が出るんだよ

Gadd9の解説でした。

ほんとに便利で多用されているコードなので、特に考えなしに使ってた人も多いはず。

主要なコードほど、ちょっとした一工夫を入れるだけで他の人と差が出ます。

Gadd9もほんとによく使うコードなので、バリエーションや使い分けはちゃんと考えましょう。

Gルートのコード解説記事一覧
G G7 Gmaj7 Gm
Gm7 GmM7 Gm7-5 Gdim
Gsus4 Gadd9 Gaug  
add9のコード解説記事一覧
Cadd9 D♭add9 Dadd9 E♭add9
Eadd9 Fadd9 G♭add9 Gadd9
A♭add9 Aadd9 B♭add9 Badd9