Gm7-5コードの押さえ方。基本のコードフォームと効率的な覚え方を解説

Gm7-5のギターコードフォーム 3種類

ぎたすけ

ギターコードの解説か。Gm7-5ってたまに出てくるような気がするコードだな

たけしゃん

いや、ほとんど出てこないかな。お隣のF#m7-5とG#m7-5は結構重要なコードなんだけどね。フォームは一緒だからついでに覚えちゃうといいよ

本記事はGm7-5単体の解説記事です。

m7-5(ハーフディミニッシュ)全体の活用事例や音楽理論については下記の記事を参照ください。

ギターコード 一覧表に戻る

Gm7-5の押さえ方

GmM7の構成音とギターコードフォーム

複雑で不安定な響きがするコード Gm7-5。

譜面内での表記はGm7-5もしくはGm7(♭5)と記載されます。

アコギだと演奏キーの関係もあって、曲中の転調などがないとほとんど出てきません。

とはいえ、コードフォーム自体はF#m7-5などの重要コードと一緒なので、ついでに覚えておきましょう。

押さえ方は親指を使ったフォームですが、親指を使わずに他の指4本で押さえてもOKです。

ギターでGm7-5を押さえているところ

Gm7-5自体はあまり出てこないですが、上記のフォームは他のm7-5の共通フォームなのでフレット位置を変えて良く使います。

Gm7-5を単体で丸暗記するよりはm7-5の法則を覚えて、他のm7-5とセットで覚えてしまうのが良いでしょう。

次章ではGm7-5のコードフォームバリエーションとm7-5の法則について解説していきます。

 

Gm7-5のコードフォームと効率的な覚え方

Gm7-5のギターコードフォーム 3種類

パターン①

パターン②

パターン③

Gm7-5で主に使うコードフォームは上記3種類。

アコギだとGm7-5の登場頻度が低いこと、フレット位置や音色的にパターン①が優秀なことからパターン①だけでほぼOKです。

ただ、パターン②とパターン③も他のm7-5で使うフォームなので形は覚えましょう。

Gm7-5は丸暗記だと登場頻度が低いコードなのでなかなか覚えられません。

しかし、m7-5共通の法則を理解することで良く登場するm7-5とセットで覚えることが可能です。

具体的な覚え方は下記の手順を踏みましょう。

m7-5共通のコードフォームを覚える
m7-5共通のコードフォーム 3種類
各弦のフレットごとの音程を覚える
ギター4弦の各フレットの音
ギター5弦の各フレットの音
ギター6弦の各フレットの音
共通コードフォームを任意のフレットで使う

共通のコードフォームを任意のフレットで弾くことで色んなm7-5が作れる。Gm7-5の場合は下記のようになる

Gm7-5のギターコードフォーム 3種類

アコギだと特に使うのは5弦ルート、6弦ルートのフォームです。

ある程度の曲数をカバーしているとC#m7-5(5弦ルート)やF#m7-5(6弦ルート)あたりはよく使うので、フォームは覚えてくるはず。

そこで、上記の法則を理解していれば一気に色んなm7-5を使えるようになります。

最初はピンとこなくても、色んな曲を弾いていく中で上記のコードの法則が頭に入っているかどうかでエライ差が出ます。

少しずつ頭を慣れさせていきましょう。

 

Gm7-5 まとめ

ギターでGm7-5を押さえているところ
  • Gm7-5はソ・シ♭・レ♭・ファで構成されたコード
  • アコギではほとんど使わないが、フォーム自体はフレットを移動した他のm7-5でよく使う
  • Gm7-5は他のm7-5を覚えるときにコードの法則を使ってセットで覚えてしまうのがおすすめ

ぎたすけ

確かにあんまり出てこないコードって覚えても、使う頃には絶対忘れてるよな

たけしゃん

そうなんだよね。だから法則から考えて自分でコードフォームを割り出せるようにするのがコツなんだよ

Gm7-5の解説でした。

アコギだとあまり使うことがないコードなのですが、フォーム自体は他のm7-5でお世話になるものばかり。

コードの法則で効率的に覚える練習をするにはちょうどいいコードなので、Gm7-5を調べたことをきっかけに理論的にコードを覚える方法にチャレンジしてみてください。

Gルートのコード解説記事一覧
G G7 Gmaj7 Gm
Gm7 GmM7 Gm7-5 Gdim
Gsus4 Gadd9 Gaug  
m7-5コードの解説記事一覧
Cm7-5 C#m7-5 Dm7-5 D#m7-5
Em7-5 Fm7-5 F#m7-5 Gm7-5
G#m7-5 Am7-5 A#m7-5 Bm7-5