G6コードの押さえ方。よく使うフォームを解説

G6のギターコードフォーム 3種類

G6の主なコードフォームは3種類。

1弦の開放弦であるミが6thの音なので、構成音に組み込みやすいです。

ただ、アコギ弾き語りだと、G6よりはG6(9)を使うことが多いですね。

G6(9)のギターコードフォーム

アルペジオの楽曲ではGではなく、G6(9)を選択することが結構多いです。

そのため、G6とG6(9)はセットで覚えておくと良いですね。

ギターコード表に戻る

この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、nana公認クリエイター、IPC VOICE STUDIO公認ボイストレーナーです。
プロフィール詳細お問い合わせ

G6の構成音

G6のギターコードフォームと構成音
G6のギターコードフォームを押さえている写真

G6はGに6thのミを加えた4和音コードです。

複雑でやや渋めの音が鳴ります。

そのためか、G6を使うことは意外と少ない印象です。

やはり、6thに加えて9thなどのテンションをプラスしたコードを選択することが多いですね。

Gルートのコード解説記事一覧
G G6 G7 Gmaj7
Gm Gm6 Gm7 GmM7
Gm7-5 Gdim Gsus4 G7sus4
Gadd9 Gaug G9 Gm9
6コード解説記事一覧
C6 D♭6 D6 E♭6
E6 F6 F#6 G6
A♭6 A6 B♭6 B6

ギターコード表に戻る