B♭m(A#m)コードの押さえ方

B♭mのギターコードフォーム 2種類

パターン①

パターン②

B♭mの主なフォームは上記2種類。

前後のコードによって使い分けますが、メインはパターン①ですね。

ギターでB♭mコードを押さえているところ

一方でD♭メジャーキーとして出てくるケースは、パターン②のB♭mのほうが便利だったりするんですよね。

補足

アコギ弾き語りの場合はCメジャーキーの楽曲の最後のサビで半音上に転調してD♭メジャーキーになるケースが割とある

B♭コードのギターコードフォーム 2種類

D♭メジャーキーだと4Fや6Fのバレーコードが割と出てくるので、パターン②のほうが近い時が割と多いです。

どちらのフォームもmコード共通のコードフォームなので、両方とも押さえられるようにしておきましょう。

ギターコード 一覧表に戻る

B♭mコードの構成音

B♭mの構成音とギターコードフォーム

B♭mはシ♭・レ♭・ファで構成された3和音コードです。

アコギでは演奏キー的に登場頻度は高くありません。

そのため、主要コードである「Bmを1つ横にずらしたコード」と覚えるといいでしょう。

また、B♭mは異名同音でA#mでもあります。

譜面上ではダイアトニックスケールの関係上、B♭mと記載されていることが大半です。

まずはB♭mでパッとフォームが出てくるように覚えましょう。

B♭ルートのコード解説記事一覧
B♭ B♭7 B♭maj7 B♭m
B♭m7 B♭mM7 A#m7-5 A#dim
B♭sus4 B♭add9 A#aug  
mコード解説記事一覧
Cm C#m Dm D#m
Em Fm F#m Gm
G#m Am B♭m Bm