A#aug(Aシャープオーギュメント)の押さえ方

A#augの主なギターコードフォーム

パターン①

パターン②

パターン③

A#augの主なコードフォームは上記3種類。

アコギだとA#aug自体があまり出てこないですが、普通に使うならパターン①ですね。

あと、僕は下記の省略フォームもよく使います。

A#augの省略コードフォーム

A#augを使うシーンは下降型のクリシェが多いのですが、その場合は上記の省略フォームが一番合うんですよね。

クリシェ

特定の1音だけが変化していくコード進行のこと

僕はBm7からのクリシェのコード進行でA#augをよく使っています。

BmM7のクリシェをルート音でクリシェするコード進行に変更

ベースラインがB→A#→A→G#と下降していく定番のクリシェパターンです。

アコギ弾き語りだと「Bm→BmM7→Bm7→G#m7-5」とする人が多いですが、僕はベースラインでクリシェを作りたいので上記のコード進行を採用しています。

バンドだとベースがベースラインでクリシェを作るのが定石になってるのもあって、ベースラインのほうがしっくりくるんですよね。

また、違うパターンのクリシェ活用例としては下記のパターンもありますね。

D→A#aug→Bm7のコード進行とギターコードフォーム

このコード進行はback numberの「あかるいよるに」の冒頭で使用されていますね。

YouTubeに本家がないので僕のカバー動画ですが、ライブで手元を見たら清水依与吏さんも上記のコードフォームを選択されてました。

また、Aメロ繰り返し部分では同じコード進行をハイフレットに移動させてますが、その際は先ほどの省略フォームのA#augを使ってます。

A#augの省略コードフォーム

A#augはあまり登場しないものの、登場する場合は印象的なフレーズであることが多いです。

基本フォームと省略フォームの両方を押さえておくと、忘れた頃に役に立つコードですね。

弾き語りすとLABO ギターコード 一覧

A#aug(B♭aug)の構成音

A#augの構成音とギターコードフォーム

A#augはラ#・レ・ファ#で構成されるコードです。

かなり不気味な音がするので、単独で使うよりはクリシェのコード進行に組み込む使い方が多いです。

A#augは異名同音にB♭augがありますが、ギタースコアではA#augの方が断然多いです。

アコギ弾き語りではA#augはDメジャーキーのクリシェ以外ではほとんど登場しないためです。

逆にピアノで五線譜を使う人はたぶんB♭augの方が見る機会が多い気がします。

このあたりはカポタストを多用して演奏キーを調整するアコギ文化特有なところがありますね。

B♭ルートのコード解説記事一覧
B♭ B♭7 B♭maj7 B♭m
B♭m7 B♭mM7 A#m7-5 A#dim
B♭sus4 B♭add9 A#aug  
augコードの解説記事一覧
Caug C#aug Daug E♭aug
Eaug Faug G♭aug Gaug
A♭aug Aaug A#aug Baug