B♭add9(A#add9)コードの押さえ方

B♭add9のギターコードフォーム 2種類

パターン①

パターン②

B♭add9の主なコードフォームは上記2種類。

メインで使うのはパターン①ですね。

ギターでB♭add9を押さえているところ

高音でフレーズを作るときなどを除けば、ほぼパターン①しか使わないです。

B♭add9は演奏キー的にあまり登場しないコードではありますが、パターン①のフォームはフレット位置を移動させて色んなadd9コードに変化させて使います。

ギターでB♭add9のフォームをフレット移動させるとDadd9になる

なので、登場頻度は低いもののキレイに鳴らせるように練習はしっかりやりましょう。

B♭add9の構成音

B♭add9の構成音とギターコードフォーム

B♭add9はシ♭・レ・ファ・ドで構成されたコードです。

爽やかでおしゃれな響きでドライブ中に聴きたくなるような音がします。

B♭add9は異名同音にA#add9がありますが、譜面上では基本的にB♭add9と表記されます。

まずはB♭add9でパッとコードフォームが浮かぶように覚えましょう。

B♭ルートのコード解説記事一覧
B♭ B♭7 B♭maj7 B♭m
B♭m7 B♭mM7 A#m7-5 A#dim
B♭sus4 B♭add9 A#aug  
add9のコード解説記事一覧
Cadd9 D♭add9 Dadd9 E♭add9
Eadd9 Fadd9 G♭add9 Gadd9
A♭add9 Aadd9 B♭add9 Badd9