Aadd9 コードの押さえ方。基本形から実践的なフォームのバリエーションまで解説

Aadd9コードの良く使うフォーム 3種類

ぎたすけ

コードの解説か。Aadd9って良い感じの音だし、超便利なコードだよな

たけしゃん

ギター弾き語りだと、めちゃくちゃ良く出てくるよね
だからこそ、バリエーションを持っておくといいよ。後半でそのへんも解説するよ

Aadd9 コードの押さえ方

Aadd9コードのコードフォームと和音構成

弾き語りでは大活躍するコード Aadd9。

通常のAコードに9th(シ)の音を組みわせることでおしゃれで爽やかな音が鳴ります。

押さえ方も簡単で、2本の指で2か所を押さえればいいだけです。

Aadd9コードの基本フォーム

指をしっかり立てて、1・2弦に触れることがないようにしましょう。

また、6弦は鳴らさないので5弦以下のみをストロークするように意識して弾きましょう。

狙った弦だけを弾くスキルはギター演奏において非常に重要なので、日ごろから意識していきましょう。

次章からはAadd9コードのバリエーションについて解説していきます。

Aadd9は良く使うコードなので、バリエーションを3つくらいはもっておきたいところです

 

Aadd9の色んなコードフォーム

Aadd9コードの良く使うフォーム 3種類

パターン①

パターン②

パターン③

Aadd9でよく使うコードフォームは上記3種類。

パターン①は万能で、パターン②と③は終わりに締めとして使いやすい音色になってます。

また、パターン③に6弦5Fを追加したフォームを星野源さんが色んな曲でよく使いますね。

Aadd9はコードの特性的に各パートの始まりと終わりに使われることが多いです。

例えば、アウトロのはじまりと終わりの両方でAadd9を使う際に、コードフォームを変えると雰囲気も変わるし、バリエーションで演奏に説得力も作れます。

弾き語りやってると、Aadd9ってみんな使うので聞き飽きたりもするもの。

そんなときにバリエーションがあるかどうかで演奏の説得力が大分変りますから、使いやすいフォームを数パターンくらいは用意しておくようにしましょう。

 

Aadd9コード まとめ

AKG P220で録っているところ
  • Aadd9はラ・ド#・ミ・シの4和音コード
  • 爽やかでおしゃれなコードなので、弾き語りでの使用頻度は高い
  • 使用頻度が高いからこそ、フォームのバリエーションは用意しておこう

ぎたすけ

弾いてみると、響きが良い感じでよく使う理由もわかるな

たけしゃん

そうなんだよね。フォームによって響きの印象も結構違うからバリエーション作るのは大事だよ

Aadd9の解説でした。

非常に良く使うコードだからこそ、バリエーションを用意して色んな使い分けができるようにしましょう。

弾き語りにおけるギター伴奏はそんなに難しいことは必要なく、こういったバリエーション作りと使い分けの技術が重要なんですよね。

1つのコードでバリエーションと音色の違いを把握していく作業を重ねていくと、それだけでギター伴奏が飛躍的に上達しますよ。

Aルートのコード解説記事一覧
A A7 Amaj7 Am
Am7 AmM7 Am7-5 Adim
Asus4 Aadd9 Aaug