D♭add9(C#add9)の押さえ方

D♭add9の主なギターコードフォーム 2種類

パターン①

パターン②

D♭add9の主なコードフォームは2種類。

メインはパターン①ですね。パターン②はアコギ弾き語りだと位置が高すぎるのでほとんど使いません。

また、D♭add9は演奏キー的にあまり登場しません。

Cメジャーキーの楽曲が最後のサビで半音上に転調したときに出てくる程度です。

そのため、D♭add9を丸暗記するよりは5弦のフレットごとの音程を覚えて、他のadd9と関連付けて覚えましょう。

5弦のフレットと音程

ギター5弦の各フレットの音

add9の共通コードフォーム

ギターにおけるadd9の共通コードフォーム

add9の共通コードフォームを5弦4Fで押さえるとD♭add9。5Fで押さえるとDadd9になります。

このように共通フォームとフレットの音程でコードを覚えると、一気に大量のコードを覚えることが可能です。

フレットの音程を覚えるのがやや大変ですが、覚えてしまえば色んなコードで応用が効くようになります。

最初は苦戦しても、徐々に覚えて活用できるようにしましょう。

弾き語りすとLABO ギターコード 一覧

D♭add9の構成音

D♭add9の構成音とギターコードフォーム

D♭add9はレ♭・ファ・ラ♭・ミ♭で構成される4和音コードです。

爽やかでおしゃれな響きで、聴いていて心地の良いコードですね。

D♭add9は異名同音でC#add9でもあります。

譜面上では演奏キーの関係から、D♭add9と記載されることがほとんどです。

まずはD♭add9でパッとコードフォームが浮かぶようになりましょう。

C#(D♭)ルートのコード解説記事一覧
D♭ C#7 D♭maj7 C#m
C#m7 C#mM7 C#m7-5 D♭dim
D♭sus4 D♭add9 C#aug  

 

add9のコード解説記事一覧
Cadd9 D♭add9 Dadd9 E♭add9
Eadd9 Fadd9 G♭add9 Gadd9
A♭add9 Aadd9 B♭add9 Badd9