Cadd9 コードの押さえ方。ギターで使う色んなコードフォームを解説

Cadd9コードを押さえているところ

ぎたすけ

Cadd9って爽やかな感じの音だな

たけしゃん

使いやすい感じの音だよね。ついついたくさん使っちゃうコードだよ

飛ばし読みガイド

Cadd9 コード

Cadd9コードの説明

Cadd9の音

爽やかな音でストローク、アルペジオのどちらにも使いやすいコード Cadd9。

ナインスである「レ」の音を加えているため、複雑な響きなのですが爽やかで心地良い音なんですよね。

アコギ弾き語りだと、使用頻度が高いギターコードです。

 

コードフォームも簡単で、実際に押さえた時の写真がこちら。

Cadd9コードを押さえているところ

ポイントは指をしっかり立てて押さえることです。

指が寝てると下の弦に触れてしまって、音がキレイに鳴りません。

 

Cadd9は開放弦がキレイな響きを奏でるので、指が触れてしまわないように気を付けましょう。

 

また、慣れてきたら押さえる指を下記の通りに変更してみましょう。

Cadd9の押さえる指を変えたパターン

前後のコードによっては上記の指配置のほうが良い場合もあります。

色んな指配置をこなせると、対応力が上がります。

 

Cadd9はキレイに音を鳴らすことは比較的簡単にできますが、指が形を覚えるまでには時間がかかるでしょう。

毎日少しずつ押さえてみて、指を慣らしていきましょう。

関連記事

初心者が覚えるべき ギターコード 9つを練習用の譜例付きで解説

初心者向け ギターコードパターン初心者が覚えるべき ギターコード 9つを練習用の譜例付きで解説

 

次章では中級者向けにCadd9の色んなコードフォームを解説していきます。

とはいえ、Cadd9はそんなにパターンがないので初心者の方も無理ない範囲で一緒に覚えてしまうと良いでしょう。

 

色んなCadd9を覚えよう

Cadd9の色んなフォーム

パターン①

パターン②

パターン③

どれも使いやすい感じの音ですね。

主にはパターン①とパターン②を使い分けることが多いです。

 

また、パターン①については1弦を鳴らさないパターンもアルペジオなどで結構使います。

Cadd9のコードフォーム

※1弦はミなので鳴らしてOKだが、あえて鳴らさないのもあり

バラードでしっとりとアルペジオ入れるときは最高音をナインスの「レ」にしといたほうがハマったりするんですよね。

 

逆にジャカジャカと爽やかにストロークで鳴らすときはパターン②のCadd9を使うことが多い印象です。

Cadd9のコードフォーム②

洋楽テイストの爽やかな楽曲に入れるストロークとして最適な音してます。

 

秦基博さんがこのコードフォームを使ってること多いんですよね。

なので、秦さんの楽曲をコピーしてきた人は凄く馴染みのあるフォームなんじゃないかなと思います。

 

パターン③のバレーコードは前後のコードから、コードチェンジが楽な場合に使います。

Cadd9のバレーコード

あと、曲の〆とかにも使いやすい音になっています。

僕も曲の最後をCadd9で〆るときは割とパターン③を使ってます。

 

みんな使うCadd9ではありますが、音色の選択肢を使い分けると一歩洗練されたサウンドを作ることができます。

 

音源を聴いていても、Cadd9絡みの定番ストロークやアルペジオだけでもギターの腕ってわかるもんですからね。

普段、ワンパターンになってしまってる方は色んなコードフォームを使い分けてみましょう。

Cadd9 まとめ

ノートとペン

  • ド・ミ・ソ・レで構成された4和音コード
  • 爽やかな心地よい音なので、アコギ弾き語りでは多用されている
  • コードフォームや鳴らす音の選択を曲に合わせてしっかりやると、なおよい感じ

ぎたすけ

弾いてて気持ちいいから、確かに多用しちゃうな!

たけしゃん

多用して全然問題ないよ。鳴らす音を曲に合わせて考えてみると、もっとよくなるよ

Cadd9の解説でした。

アコギ弾き語りやアコギ主体の楽曲では、聴く機会が非常に多い重要コードです。

 

一方でみんな多用するコードなので、使い方や鳴らす音の選択を一工夫してみると洗練された感じになります。

シンプルなコードこそ、使い方を一工夫してみると面白いものなんですよね。

関連記事

初心者が覚えるべき ギターコード 9つを練習用の譜例付きで解説

初心者向け ギターコードパターン初心者が覚えるべき ギターコード 9つを練習用の譜例付きで解説