A♭add9(G#add9)の押さえ方

A♭add9のギターコードフォーム 2種類

パターン①

パターン②

A♭add9の主なコードフォームは2種類。

パターン②はアコギだと位置が高すぎるので、基本的にパターン①で対応します。

ギターでA♭add9コードを押さえたところ

アコギ弾き語りでよく使うFadd9を平行移動させたフォームです。

Fadd9のフォームをどの位置で弾くと何のadd9になるか押さえておくと応用が効くので便利なんですよね。

add9の共通フォーム

ギターにおけるadd9コードの共通フォーム

4弦のフレットごとの音程

ギター4弦の各フレットの音

4弦3Fで押さえるとFadd9。6Fで押さえるとA♭add9ですね。

A♭add9は登場頻度が低いコードなので、丸暗記よりはこのように他コードと関連付けて覚えるのが有効です。

A♭add9の構成音

A♭add9の構成音とギターコードフォーム

A♭add9はラ♭・ド・ミ♭・シ♭で構成される4和音コードです。

9thであるシ♭のおかげで爽やかでおしゃれな響きがする聴き心地が良いコードですね。

A♭add9には異名同音のG#add9がありますが、基本的にはA♭add9と表記されます。

まずはA♭add9でパッとコードフォームが出てくるように慣れましょう。

G#(A♭)ルートのコード解説記事一覧
A♭ G#7 A♭maj7 G#m
G#m7 G#mM7 G#m7-5 G#dim
A♭sus4 A♭add9 A♭aug  
add9のコード解説記事一覧
Cadd9 D♭add9 Dadd9 E♭add9
Eadd9 Fadd9 G♭add9 Gadd9
A♭add9 Aadd9 B♭add9 Badd9