Baugの押さえ方。基本のコードフォームと良く使うパターンを解説

Baugのギターコードフォーム 3種類

ぎたすけ

コードの解説か。Baugって使ったことないなー。よく使うコードなの?

たけしゃん

アコギだとあんまり使わないかな。おしゃれなジャズ系の曲とかやる人は近い構成のコード使うかなってくらい

本記事はBaug単体の解説記事です。

augコード全般の音楽理論や使用方法については下記の記事を参照ください。

ギターコード 一覧表に戻る

Baugの押さえ方

Baugの構成音とギターコードフォーム

不気味で不安定な音がするコード Baug。

アコギでは出番は少ないですが、たまーに出てくるコードです。

コードの押さえ方は指2本で2箇所押さえるだけのシンプルなフォームです。

ギターでBaugを押さえているところ

ただ、地味に難しいのが1弦を鳴らしてはいけないことなんですよね。

ストロークに気をつけるのも大事ですが、余った薬指で軽く触れてミュートするのが確実です。

薬指でのミュートも含めて、フォームとして覚えてしまうのがおすすめです。

 

Baugの色んなコードフォーム

Baugのギターコードフォーム 3種類

パターン①

パターン②

パターン③

Baugで主に使うコードフォームは上記3種類。

アコギだと演奏キー的にBaug自体はあまり出てきません。

たけしゃん

僕も歌モノセッションなどでかなりの曲数弾いてますが、あまり押さえた覚えがないです

どちらかというと使うのはパターン②のB7(♭13)ですね。

コードネームは異なりますが、ギターだと構成音はかなり近いので本記事で解説します。

BaugとB7(♭13)

BaugとB7(♭13)の構成音とコードフォームを比較

BaugとB7(♭13)を比較すると、構成音の数が結構違いますね。

しかし、ギターで弾く場合はコードフォームの都合で音を省略するので、7th(ラ)が入っているかどうかの違いです。

そして、市販の譜面でもたまにB7(♭13)がBaugと記載されてるときがあります

そのため、Baugとセットで覚えつつ構成音は違うコードであることを理解しておくと良いです。

実際の楽曲での使用パターンとしてはB7の前に装飾音的に置かれることが多く、テンションコードを絡めたおしゃれなコード進行などに混ぜられます。

コード進行例

B7(♭13)コードを絡めたテンションコードを使ったコード進行例

上記の進行はおしゃれ曲で定番の2516進行と呼ばれるものです。

ⅥにセカンダリードミナントのⅥ7を用いて、そこにテンションである♭13を加えたB7(♭13)を使ってます。

上記のコード進行を永遠とループするだけでも、ちゃんとした曲になる素晴らしいコード進行です。

 

Baug まとめ

PRO70で弾き語り演奏しているところ
  • Baugはシ・レ#・ソで構成されたコード
  • アコギだとあまり登場しない
  • 構成音が近いB7(♭13)はおしゃれ曲などに使われる

ぎたすけ

やっぱり、Baugってあんまり使わないのか。augって全体的にそんなに使わないよな

たけしゃん

そうだね。登場頻度自体は少ないコードかな。でも効果的に使えると、曲が洗練されるコードだったりもするんだよね

Baugの解説でした。

アコギだと演奏キー的にあまり使わないコードですが、転調などからめて登場したときのために1つはフォームを覚えておくと良いでしょう。

Bルートのコード解説記事一覧
B B7 Bmaj7 Bm
Bm7 BmM7 Bm7-5 Bdim
Bsus4 Badd9 Baug  
augコードの解説記事一覧
Caug C#aug Daug E♭aug
Eaug Faug G♭aug Gaug
A♭aug Aaug A#aug Baug