Bmaj7の押さえ方。基本のコードフォームからバリエーションまで解説

Bmaj7のギターコードフォーム 3種類

ぎたすけ

ギターコードの解説か。Bmaj7ってあんまり使った記憶ないな。そんなに出てこなくない?

たけしゃん

Bmaj7はアコギだとそんなに出てこないね。でもフォーム自体は良く出てくるからパッと弾けるようになったほうが良いよ

ギターコード 一覧表に戻る

Bmaj7の押さえ方

Bmaj7の構成音とギターコードフォーム

複雑で大人っぽい音がするコード Bmaj7。

楽譜ではBmaj7、BM7、B△7といった表記で記載されています。

バレーコードですが、下記2つのポイントを押さえれば比較的簡単に弾けるようになります。

  1. 人差し指の横部分で押さえる
  2. 人差し指で押さえる弦を意識する
ギターでBmaj7コードを押さえているところ

人差し指は正面で押さえると、指の関節が邪魔になるので少しだけ横に傾けて押さえます。

人差し指の溝が押弦の邪魔にならないようにしよう

傾けすぎると指に力が入らなくなるので、ほんの少しだけ横にするのがポイントです。

また、Bmaj7は他の指で2・3・4弦を押さえているので、人差し指は1弦と5弦だけ押さえられればOKです。

Bmaj7の人差し指は1弦と5弦だけ押さえられればOK

1本の指で複数弦を押さえるセーハを行う際には、どこの弦を押さえる必要があるのか意識するのが重要です。

特にBmaj7のように上と下だけ押さえればいい場合は押さえる弦を意識するだけで大分楽になります。

関連記事

バレーコードにチャレンジしよう。押さえ方のコツや挫折しない方法を解説

F#mを押さえている写真。人差し指の上に中指を載せて押弦を強めているバレーコードにチャレンジしよう。押さえ方のコツや挫折しない方法を解説  

Bmaj7のコードフォームと効率的な覚え方

Bmaj7のギターコードフォーム 3種類

パターン①

パターン②

パターン③

Bmaj7の主なコードフォームは上記3種類。

アコギだとパターン③はあまり使わないので、メインで使うのはパターン①とパターン②です。

また、Bmaj7はアコギだと演奏キー的に登場頻度は低いので単独で丸暗記するのではなく、maj7共通のフォームで覚えてフレット位置を変えて使うようにしましょう。

具体的には下記の手順で覚えていきます。

maj7共通のコードフォームを覚える
maj7の共通ギターコードフォーム 4弦ルート、5弦ルート、6弦ルートの3種類
各弦のフレットごとの音程を覚える
ギター4弦の各フレットの音
ギター5弦の各フレットの音
ギター6弦の各フレットの音
共通コードフォームを任意のフレットで使う

共通のコードフォームを任意のフレットで弾くことで色んなmaj7が作れる。Bmaj7の場合は下記のようになる

Bmaj7のギターコードフォーム 3種類

アコギだと特に使うのは5弦ルート、6弦ルートのフォームです。

maj7の5弦ルートと6弦ルートはほんとに良く使うので、どの位置で押さえると何のmaj7になるか把握しておくと演奏の幅が飛躍的に広がります。

Bmaj7はアコギだと登場頻度は低めなので、上記の法則を使ってmaj7全体を覚えてしまいましょう。

 

Bmaj7 まとめ

C451Bでレコーディングしているところ
  • Bmaj7はシ・レ#・ファ#・ラ#で構成されたコード
  • 人差し指で押さえる弦を意識することで、比較的早く鳴らせるようになる
  • アコギだとBmaj7はそんなに出てこないので、maj7共通フォームを使って他のmaj7とまとめて覚えるべし

ぎたすけ

やっぱり、Bmaj7ってあんまり出てこないんだな。でも、他のmaj7と合わせて覚えるのは楽でいいな

たけしゃん

そうだね。B♭maj7とかCmaj7、Dmaj7とか良く使うからセットで覚えるようにすれば、比較的楽に覚えられるよ

Bmaj7コードの解説でした。

アコギではそこまで使わないコードですが、フォーム自体は他のmaj7で頻繁に使うものです。

maj7をフレット位置を変えて自在に使えるようになると、転調などもすんなり対応できるようになるので、ちょっとずつ練習してモノにしましょう。

Bルートのコード解説記事一覧
B B7 Bmaj7 Bm
Bm7 BmM7 Bm7-5 Bdim
Bsus4 Badd9 Baug  
maj7コードの解説記事一覧
Cmaj7 D♭maj7 Dmaj7 E♭maj7
Emaj7 Fmaj7 G♭maj7 Gmaj7
A♭maj7 Amaj7 B♭maj7 Bmaj7