C#augコードの押さえ方。ギターで使うコードフォームと実際の使用方法を解説

C#augの色んなコードフォーム

ぎたすけ

ギターコードの解説か。C#augって言われても押さえ方すらわからないな

たけしゃん

まあ、そんなに出てこないコードだしね

フレットを平行移動させる感覚で覚えるといいね

本記事ではC#augという特定のコードについて掘り下げて解説をしていきます。

作曲や音楽理論におけるaugコード全般の解説については下記記事を参照してください。

ギターコード 一覧表に戻る

C#augコードの押さえ方(初心者向け)

C#augの解説資料

C#augの音

不吉な感じの音を奏でるコード C#aug。

読み方はシーシャープオーギュメントで、楽譜によってはC#+やC#(+5)といった表記になることもあります。

登場シーンはあまり多くないですが、おしゃれだったり、難解な凝った楽曲に登場するコードです。

押さえ方はCコードに近いフォームになっており、C#augを押さえた写真はこちら。

C#augを押さえているところ

1弦と6弦を鳴らさないのがポイントです。

1弦は人差し指を寝かせて軽く触れるようにミュートしましょう。

6弦は左手でのミュートがややきついので、右手のピッキングで6弦を弾かないように意識しましょう。

また、中指が薬指は寝かせると下の弦に触れてしまうので、しっかり指を立てましょう。

C#augでは中指、薬指はちゃんと立てる

人差し指は寝かせつつ、中指・薬指はしっかり立てるというのが最初は難しいです。

他のコードでも人差し指だけ寝かせるというパターンは割と多いので、焦らずに時間をかけて手に覚えさせましょう。

 

C#augの色んなコードフォーム

C#augの色んなコードフォーム

パターン①

パターン②

パターン③

C#augでよく使うコードフォームは上記の3種。

といっても、C#aug自体がアコギだとあんまり出てきません。

特にクリシェで使う場合は、カポタストや半音ダウンチューニングでCメジャーキーかDメジャーキーに変えてしまいます。

クリシェ
コード内の1つの音だけが階段式に変わっていくコード進行のこと

なので、出てくる場合はVの代理コードや装飾音的な登場が多いです。

例えば…

C#augのコード進行例

このコード進行だと、V7の装飾音的な役割でC#7の前にC#augが置かれてます。

普通にC#7だけ弾くときと比べてみると、少し凝ってる感じがしますよね。

V7の装飾音で使う場合はパターン②もしくはパターン③が使いやすいです。

C#augのコードフォームパターン

単発でC#augが登場する場合は、前後のコード進行からパターン①が楽な場合が多いですね。

フレットを平行移動させよう

C#augを平行移動させるとコードが変わる

C#aug自体は登場シーンがあまり多くないので、フォーム自体を覚えてどこのフレットで押さえると何のコードになるのかを覚えましょう。

下の図が5弦・6弦の各フレットの音です。

5弦と6弦のフレット毎の音程

5弦ルートであれば、4フレットで押さえるとC#augになりますね。

6弦ルートだと9フレットで押さえるとC#augになります。

先ほどのよく使うコードフォーム3パターンも、上記のルール通りですね。

C#augのコードフォームパターン

このフォーム自体を覚えて、あとは何フレットで弾くと何のコードになるかを覚えるという考え方はかなり重要です。

フォームを1つ覚えてしまえば、一気に大量のコードを覚えることができるからです。

また、色んなキーやコード進行に瞬時に対応できるようになります。

アコギの場合は5弦ルート・6弦ルートでコードを演奏することが多いので、まずは5弦・6弦の各フレットの音を覚えましょう。

特にaug、dim、m7-5といった特殊コードはフォームだけ覚えて、フレットの位置で何のコードになるのかを覚えるのは有効です。

 

C#augコード まとめ

PCとスマホ
  • ド#・ファ・ラで構成される3和音コード
  • アコギだと使用頻度は高くない
  • フォームを覚えて、どこのフレットで押さえると何のコードになるのかを覚えると良い

ぎたすけ

確かに使用頻度の高いコードを1つ1つ覚えていくのって効率悪いもんな

たけしゃん

そうだね。フレットを平行移動させてフォームを使いまわせると、そんなに労力かからずに大量のコード覚えられていいよ

C#augの解説でした。

忘れたころにたまーに使うことあったりするんですよね。

なので、augの基本コードフォームだけ覚えてフレット位置で何のコードになるかを判断できるようにすると良いですね。

C#(D♭)ルートのコード解説記事一覧
D♭ C#7 D♭maj7 C#m
C#m7 C#mM7 C#m7-5 D♭dim
D♭sus4 D♭add9 C#aug  

 

augコードの解説記事一覧
Caug C#aug Daug E♭aug
Eaug Faug G♭aug Gaug
A♭aug Aaug A#aug Baug
CとCaugの比較オーギュメント(aug)コードの使い方を実例と共に解説 エレキギターを演奏する人パッシングディミニッシュの使い方を実例をもとに解説。dimコードを深く知ろう ハーフディミニッシュ(m7-5)の使い方。活用例やディミニッシュコードの違いを解説