A♭6コードの押さえ方

A♭6のギターコードフォーム 3種類

A♭6の主なコードフォームは3種類。

筆者はほぼ、パターン①を使っています。

登場頻度は高くないですが、Fメジャーキーの楽曲でたまに出てきます。

その場合はAm7→A♭6→Gm7という流れが多いので、練習しておくと良いですね。

ギターコード表に戻る

この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、nana公認クリエイター、IPC VOICE STUDIO公認ボイストレーナーです。
プロフィール詳細お問い合わせ

A♭6の構成音

A♭6のギターコードフォームと構成音
A♭6のギターコードフォームを押さえている写真

A♭6はA♭に6thにあたるファを加えた4和音コードです。

複雑で大人っぽい響きがします。

弾き語りだと、あまり出てこないですが、忘れたころに使うことがあるんですよね。

下図のパターン①を覚えて、他の6コードと関連させて覚えるのが良いでしょう。

A♭6のギターコードフォーム 3種類

登場頻度が低いコードは共通のフォームを覚えて、フレット位置で何のコードになるか考えるのが効率的です。

G#(A♭)ルートのコード解説記事一覧
A♭ A♭6 G#7 A♭maj7
G#m G#m6 G#m7 G#mM7
G#m7-5 G#dim A♭sus4 G#7sus4
A♭add9 A♭aug G#9  
6コード解説記事一覧
C6 D♭6 D6 E♭6
E6 F6 F#6 G6
A♭6 A6 B♭6 B6

ギターコード表に戻る