G#9コードの押さえ方

G#9のギターコードフォーム 3種類

G#9の主なコードフォームは上図3種類。

楽器がアコギかエレキかで使用するフォームは変わりそうです。

筆者はアコギのときはパターン①がメインです。

G#9のギターコードフォームを押さえている写真

逆にエレキのときはパターン②と③を使うことが多いですね。

欲しい音色や前後のコードによって、選択肢を変えましょう。

また、G#9はコードとしてジャカジャカ弾くよりは9thの音を一瞬加えるような使い方が多いです。

そのため、コードフォーム以上にどの位置が9thか理解しておくことが大事ですね。

ギターコード表に戻る

この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、nana公認クリエイター、IPC VOICE STUDIO公認ボイストレーナーです。
プロフィール詳細お問い合わせ

G#9の構成音

G#9のギターコードフォームと構成音

G#9はG#7に9thであるラ#を加えたテンションコードです。

G#7と比べて、少しあか抜けたおしゃれで爽やかな響きになっています。

G#9はG#7が基になっていることもあり、コード譜ではG#7(9)と表記されることが多いです。

弾き語りではセカンダリードミナントで使うG#7のバリエーションとして使うことがあるかなという程度です。

良く使うテンションコード 7選テンションコードとは。ギター弾き語りでの使い方を実例付きで具体的に解説
9コード解説記事一覧
C9 C#9 D9 D#9
E9 F9 F#9 G9
G#9 A9 B♭9 B9
G#(A♭)ルートのコード解説記事一覧
A♭ A♭6 G#7 A♭maj7
G#m G#m6 G#m7 G#mM7
G#m7-5 G#dim A♭sus4 G#7sus4
A♭add9 A♭aug G#9  

ギターコード表に戻る