C6 コードの押さえ方。よく使うフォームを解説

C6のギターコードフォーム 3種類

C6のギターコードフォームは主に上図3パターン。

アコギ弾き語りで登場するのはパターン①と②です。

押さえ方がやや特殊なので、練習して慣れましょう。

特にパターン②は薬指でセーハするのに慣れるまで時間がかかります。焦らず練習しましょう。

ギターコード表に戻る

この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、nana公認クリエイター、IPC VOICE STUDIO公認ボイストレーナーです。
プロフィール詳細お問い合わせ

C6の構成音

C6のギターコードフォームを押さえている写真

C6はド・ミ・ソ・ラで構成される4和音コードです。

ラ(6th)の音が特徴的な響きを生み出しています。

使用頻度はさほど高くないですが、たまに良いところで登場しますね。

クリシェの途中コードとしても使われます。

C-Caug-C6-C7のギターコードフォーム

ただ、このパターンも弾き語りだと2カポのDキーにしてしまうことが多く、登場頻度はあまり高くありません。

Cルートのコード解説記事一覧
C C6 C7 Cmaj7
Cm Cm6 Cm7 CmM7
Cm7-5 Cdim Csus4 Cadd9
Caug      
6コード解説記事一覧
C6 D♭6 D6 E♭6
E6 F6 F#6 G6
A♭6 A6 B♭6 B6

ギターコード表に戻る