G#dim(Gシャープディミニッシュ)コードの押さえ方

G#dimの主なギターコードフォーム3種類

パターン①

パターン②

パターン③

G#dimの主なコードフォームは上記3種類。

アコギではパターン①だけで事足ります。僕はパターン①以外は使ってません。

ギターでG#dimコードを押さえているところ

G#dimはそのあとがAm7であることが大半なので、パターン①のフォームがコードチェンジも楽なんですよね。

G#dimからAm7のコード進行とギターコードフォーム

Am7はローコードでもいいですが、5FのAm7の方がコードチェンジが楽で音の繋がりもいいです。

G#dimは登場頻度は低いですが、たまに楽曲内で効果的に使われています。

例えば、RADWIMPSの「そっけない」では最初のイントロから「C→G#dim→Am7」のコード進行で印象的なフレーズを作っています。

同じコード進行がサビの冒頭でも使われており、G#dimが楽曲のキモになっていますね。

そっけない/RADWIMPS(YouTube)

ギターコード 一覧表に戻る

G#dimの構成音

G#dimの構成音とギターコードフォーム

G#dimはソ#・シ・レ・ファで構成されるコードです。

dimコードは不安定な響きなので、単独では使いどころが難しいですが、ルートを滑らかに繋ぐパッシングディミニッシュと呼ばれるコード進行で効果的に活用できます。

G#(A♭)ルートのコード解説記事一覧
A♭ G#7 A♭maj7 G#m
G#m7 G#mM7 G#m7-5 G#dim
A♭sus4 A♭add9 A♭aug  
dimコードの解説記事一覧
Cdim D♭dim Ddim D#dim
Edim Fdim F#dim Gdim
G#dim Adim A#dim Bdim