F6コードの押さえ方。よく使うフォームを解説

F6のギターコードフォーム 3種類

F6の主なコードフォームは上図3パターン。

筆者はほとんど、パターン①ですね。

F6のギターコードフォームを押さえている写真

〇6はルート下降パターンで使うことが多く、前のコードがF#m7のケースが多いです。

また、秦基博さんは下図のF6を良く使っています。

F6のギターコードフォーム

このへんは響きの好みなので、好きなフォームを使いましょう。

ギターコード表に戻る

この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、nana公認クリエイター、IPC VOICE STUDIO公認ボイストレーナーです。
プロフィール詳細お問い合わせ

F6の構成音

F6のギターコードフォームと構成音

F6はFの構成音に6thであるレを加えた4和音コードです。

複雑でおしゃれな響きがします。

やはり、ルートが降りてくるコード進行で使うことが多いですね。

そのため、F#m7→F6→Em7という流れを練習しておくと良いです。

Fルートのコード解説記事一覧
F F6 F7 Fmaj7
Fm Fm7 FmM7 Fm7-5
Fdim Fsus4 Fadd9 Faug
6コード解説記事一覧
C6 D♭6 D6 E♭6
E6 F6 F#6 G6
A♭6 A6 B♭6 B6

ギターコード表に戻る