A♭maj7(G#maj7)の押さえ方

A♭maj7の主なギターコードフォーム 3種類

パターン①

パターン②

パターン③

A♭maj7の主なコードフォームは上記3種類。

僕はパターン②しかほぼ使ってません。

アコギ弾き語りでは、パターン②以外を使うことはほとんどない気がしますね。

パターン②のフォームは6弦を親指で押さえる人と中指で押さえる人に分かれます。

A♭maj7のギターコードフォームにおける指使い

簡単かつ音がビビりにくいのは親指パターン。自由度が高いのは中指パターンって感じですかね。

どっちがいいって訳でもないので、弾きやすい方を選ぶといいでしょう。

プロアーティストをみると秦基博さんは親指、星野源さんは中指ですね。

ギターコード 一覧表に戻る

A♭maj7の構成音

A♭maj7の構成音とギターコードフォーム

A♭maj7はラ♭・ド・ミ・ソの音で構成される4和音コードです。

複雑で大人びた雰囲気がする響きです。

A♭maj7とG #maj7のどちらで表記するかについては、基本的にA♭maj7です。

ダイアトニックスケールの都合上、五線譜でG#maj7と記載すると余計な臨時記号が増えるためです。

ギタースコアで登場する場合もほとんどのケースがA♭maj7なので、A♭maj7で慣れるようにしましょう。

G#(A♭)ルートのコード解説記事一覧
A♭ G#7 A♭maj7 G#m
G#m7 G#mM7 G#m7-5 G#dim
A♭sus4 A♭add9 A♭aug  
maj7コードの解説記事一覧
Cmaj7 D♭maj7 Dmaj7 E♭maj7
Emaj7 Fmaj7 G♭maj7 Gmaj7
A♭maj7 Amaj7 B♭maj7 Bmaj7