A♭m6(G#m6)コードの押さえ方

A♭m6のギターコードフォーム 3種類

A♭m6の主なコードフォームは上図3種類。

筆者はほぼパターン①を使っています。

A♭m6のギターコードフォームを押さえている写真

また、筆者の場合はパターン①から1弦をミュートして、下図の指配置で押さえることが多いです。

A♭m6の省略コードフォーム

このへんはコードチェンジや音色選択の好みなので、色々試してみてください。

弾き語りでA♭m6を使う場合はサブドミナントマイナーとして出てくることが多いです。

演奏キー的にも登場頻度は少ないため、他のm6コードと関連付けて覚えましょう。

ギターコード表に戻る

この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、nana公認クリエイター、IPC VOICE STUDIO公認ボイストレーナーです。
プロフィール詳細お問い合わせ

A♭m6の構成音

A♭m6のギターコードフォームと構成音

A♭m6はA♭mに6thのファを加えた4和音コードです。

複雑で少し癖のある音になっています。

m6は多用できるコードではないですが、アクセントで入れるとエモい雰囲気になります。

コード選択のバリエーションとして覚えておくと良いでしょう。

G#(A♭)ルートのコード解説記事一覧
A♭ A♭6 G#7 A♭maj7
G#m G#m6 G#m7 G#mM7
G#m7-5 G#dim A♭sus4 G#7sus4
A♭add9 A♭aug G#9  
m6コード解説記事一覧
Cm6 D♭m6 Dm6 E♭m6
Em6 Fm6 F#m6 Gm6
A♭m6 Am6 B♭m6 Bm6

ギターコード表に戻る